アボダート(デュタステリド0.5mg)

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタステリドのコラム(通販ボックス)

ザガーロと同じデュタステリド製品は海外から個人輸入することができ、アボダート・デュタボルブ・デュタスなどが人気です。アボダートは先発品のため値段が少し高めです。最安値でデュタステリドを使いたいならデュタボルブなどのジェネリックがおすすめです。オオサカ堂やアイドラッグストアーではデュタステリドのジェネリックを多数取り揃えており、送料無料で通販可能です。

ザガーロやアボダートの主成分であるデュタステリドは、テストステロン(男性ホルモン)をDHTに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用があります。デュタステリドは男性の前立腺肥大と男性型脱毛症の両方に有効ですが、1回の服用ですぐに効果が現れるわけではありません。少なくとも6ヶ月間、定期的に欠かさず承認する必要があります。6ヶ月間服用しても回復が見られない場合は、服用の停止を検討する必要があります。

ロイドラボラトリーズ社が開発した「デュタボルブ」は、AGA(男性型脱毛症)の原因となる5αリダクターゼを強力に阻害し、脱毛の進行を抑えながら発毛を促進するAGA治療薬「ザガーロ」のジェネリック医薬品です。AGAの治療は継続的に薬を服用する必要があるため、インド製のジェネリック医薬品の安さによって経済的に大きなメリットであり続けています。

AGAクリニックと一般の皮膚科で提供されているAGA治療を比較すると、診察料や診療費が会計にプログラムされているAGAクリニックは皮膚科よりも診察料は1回ごとに計算され、診察料はすべて無料なので、一般の皮膚科が割高になっているようです。AGAクリニックよりも安くデュタステリドを使いたい場合は、アボダートやデュタボルブなどの海外製品を通販で個人輸入する必要があります。

5αリダクターゼという酵素は抜け毛の最大の要因とされており、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。プロペシアの成分であるフィナステリドはⅡ型の酵素に作用しますが、アボダートの成分であるデュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の酵素に作用すると言われています。AGA治療薬は治療というより対症療法であり、加齢により代謝サイクルが冷え込んでもAGAは進行していきます。sのため、薄毛が改善しても治療を継続する必要があります。

プロペシアの場合、服用を始めてから人によっては3ヶ月ではなく6ヶ月で効果が現れますが、デュタステリドは効果が出るのが遅いことが多く、180日以上経ってから効果があらわれることもあります。フィナステリドを有効成分とする育毛剤としてはプロペシアが有名ですが、ザガーロはフィナステリドよりも効果が高いとされるデュタステリドを主成分としています。アボダートは主に、従来の薄毛治療で効果が得られない患者のAGA治療に使用されています。

ザガーロは2つの還元酵素それぞれに効果があり、プロペシアよりも効果が高いです。ザガーロの有効成分と同じものを含むデュタボルブは、薄毛対策の効果は同じで価格が安いのが特徴です。デュタボルブはAGA(男性型脱毛症)治療薬で、有効成分のデュタステリドがヘアサイクルを正常に保ち、健康な頭髪に変化するのをサポートします。

ザガーロの有効成分デュタステリドは、AGAの要因となる男性ホルモンの働きを抑え、髪の発育を阻害し、髪が成長する前に抜け落ちてしまうことを防ぎます。その結果、これまで短くて隙間のなかった髪が、長い絆で結ばれて生えてくるのです。男性型脱毛症では、デュタステリド0.5mgを1日1回服用した場合、プラセボを服用した場合と比較して、24週間後の頭頂部における1本の発毛率が、プラセボでは4.9に対して、デュタステリドでは89.6と明らかに増加したことが確認されています。また、男性の男性型脱毛症患者がデュタステリド0.5mgを1日1回24週間服用した場合、血清中のDHTの濃薄が90.9%緩和されることが確認されています。