自分へのご褒美♪ 手作り石鹸やアロマの香りでリラックス

季節の変わり目や天気が悪い時は気分も肌もゆらぎがち。何だか気持ちが暗くなったり、疲れを感じたりしている人も多いのでは。そんな時は、自分にも環境にも優しい石鹸を手作りしてみたり、生活に香りを取り入れてみたりして、自分に“癒しのご褒美”をあげてみませんか。

アロマテラピーで気になる不調を和らげよう

気分の落ち込みや不眠などに効果があるとされ、人気を集めているアロマテラピー。100%天然由来の芳香植物を使った自然療法で、香りを使ってさまざまな症状を緩和するといわれています。懐かしい香りをかぐとその記憶がよみがえってきたり、気持ちがリフレッシュしたりすることはありませんか? その“香り”のパワーを味方にして、不調とサヨナラしちゃいましょう。

気になるお悩み別、おすすめの香り

アロマテラピーを日常で取り入れるなら、エッセンシャルオイル(精油)がおすすめです。1種類だけの香りのものもあれば、いくつもの香りを組み合わせたものもありますが、今回はその中でも女性に多い悩みにおすすめの香りをご紹介します。エッセンシャルオイルを買う際の参考にしてみてくださいね。

くせの少ないラベンダーは万能選手!

フローラルな中に草の要素も感じられる穏やかな香りで、ポプリにされるなどクセも少なく、万人受けする香りのひとつです。鎮静作用とリラックス効果が高いとされているので、気分が落ち込んでいる時や不眠症対策をしたいとき、PMSのイライラや月経痛の改善をしたいときなどにおすすめです。

集中力を高めたいならさっぱりした香りをチョイス

眠気がおそってきたり、集中力が切れたと感じたりした時は、さっぱりした香りでリフレッシュを。おすすめはユーカリやペパーミントの香りです。ユーカリは殺菌作用も期待されているので風邪気味の時に、ペパーミントはすっきりとした香りが特徴的なので、鼻づまりを解消したい時などに取り入れてみましょう。

甘い香りで女性らしさがアップ

ローズやゼラニウムの華やかな香りは、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を増やすとされています。ホルモンバランスを整えてくれるので、肌の調子が悪い時や、気持ちが不安定な時に効果的。月経痛の改善にも役立ちます。

簡単にできる香りの活用方法

日常にアロマテラピーを簡単に取り入れたいなら、お湯を入れたカップにエッセンシャルオイルを数滴たらす方法がおすすめ。身近に置いておくだけで効果を感じられるはずです。

安心材料で自分だけの石鹸を手作りしてみよう

意外と簡単な材料で作ることができる「石鹸」。使うオイルの種類で泡立ちや肌触りを変えられたり、エッセンシャルオイルをプラスして好みの香りの石鹸を作ったりすることもできるので、挑戦してみてください。

■ 材料(75gの石鹸約10個分)

  • オイル 517ml
  • 苛性ソーダ 76g
  • 精製水 200ml

■ 必要な道具

  • 温度計
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • ボウル
  • 石鹸を成形する容器(牛乳パックやシリコンの容器などでもOK)
  • ラップ
  • 保温バッグ

■ 身につける物

  • ゴム手袋
  • マスク

■ 作り方

  1. 分量の精製水の中に苛性ソーダを少しずつ入れて完全に溶かす(※刺激臭が発生するため、しっかりと換気を行ってください)。
  2. ボウルにオイルを入れて湯煎にかけ、40〜50度まで温める。苛性ソーダは混ぜた直後は60〜80度になり、その後温度が下がるので、40〜50度になるタイミングをオイルと揃えるのがポイント。
  3. 温度が同じくらいになったら、オイルの入ったボウルに少量ずつ苛性ソーダ水を加え、泡立て器で素早くかき混ぜる。温度を40度前後にキープするため、湯煎などを使いながら、生地がもったりして全体的に白っぽくなるまで混ぜる。
  4. ゴムベラを使い成形容器に流し入れたら空気を抜き、上からラップで軽くふたをする。
  5. 保温バッグに入れて1日寝かせる。
  6. きれいに固まったら型からはずして包丁で石鹸をカットし、約1カ月間風通しの良いところで乾燥させたら完成!

作る上で注意すべきこと

アロマテラピーのエッセンシャルオイルの原液は、肌荒れなどを引き起こす可能性があるため肌に付かないようにする、飲用しないなどの注意点のほか、ホルモンに作用するものもあるため、妊娠中や授乳中の場合も、種類によっては使用を控える方がベターです。また、格安のアロマオイルは人工の合成香料の場合もあるので、天然のエッセンシャルオイルを選ぶようにしましょう。前述のとおり、特に苛性ソーダの取り扱いには注意が必要です。換気をしっかり行い、吸い込まないようにしてくださいね。

香りや色で好みの石鹸にアレンジしてみよう

オリーブオイルはしっとり、ココナッツオイルは泡立ちを良くし、ホホバオイルは保湿力アップなど、オイルによって効果もさまざまなので、ぜひこだわってみましょう。エッセンシャルオイルをプラスすることで好みの香りになりますが、濃度を上げすぎると分離してしまったり、肌への刺激が強くなってしまったりするので注意してください(500g前後のオイルには、5mlのエッセンシャルオイル1本が量の目安)。

また、香りだけでなく、食紅を混ぜればカラフル石鹸になりますので、好きな色にしてみるのもよいでしょう。自分だけの、自分好みの石鹸でぜひリラックスを。

※画像はイメージです。
※2020年7月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND