100円ショップの材料で「鬼のお面」を簡単手作り! 今年は家族で節分を目いっぱい楽しもう

2月の行事としておなじみの「節分」。窓を開けて元気に声を出し、「豆まき」をするのが伝統行事になっています。今年はその豆まきの際に使う「鬼のお面」を親子で手作りしてみませんか? なぜ節分には豆まきをするのかなどを話してあげながら一緒に作業をすれば、家族の良い思い出にもなりますし、おうち時間をより楽しむことができます。材料を100円ショップで買い揃えてリーズナブルに、そして簡単にできる作り方をご紹介します。

「節分」はそもそもどんな日? 今年は何日が節分?

今では節分というと、立春の前日である2月3日を思い浮かべます(年によっては2月2日の場合も)が、節分とは本来は文字通り「季節の分かれ目」を指します。つまり立春・立夏・立秋・立冬の日のそれぞれ前日がその日にあたります。
なぜ、立春の前の節分だけが「節分」として強く意識されるようになったかというと、立春は旧暦のお正月にあたり、1年の区切りとなることから。1年の締めくくりに災厄を払うため、立春の前日に邪気を払う儀式が行われるようになったそうです。

2021年は例年より立春が1日ずれるため、節分も2月2日になります。

「鬼」は、病気などの災難全般…目に見えない“邪気”を表します

節分の日には「鬼は外、福は内!」という掛け声とともに鬼に向かって豆をまきますが、そもそもなぜ節分に「鬼」を追い払うのでしょうか。実は日本では古来より災害や疫病などの災難はすべて「鬼」による仕業と考えられていました。鬼とは、「隠(おぬ)」「陰(おん)」に由来するところが大きく、目には見えない邪気という意味があるそうです。季節の変わり目、特に新しい年を迎える変わり目の日は邪気が集まりやすいとされ、その邪気が鬼に例えられるようになりました。

邪気を追い払うのに、なんで「豆」をまくの?

節分に行われる豆まきですが、その始まりは飛鳥時代にまでさかのぼり、「追儺(おにやらい)」と呼ばれる宮中行事が発祥といわれています。「追儺」は、鬼を祓う役人が武装をして、そのあとに貴族がついて鬼を追いかけまわす行事のこと。平安時代に入り、現在の節分のような鬼に豆をまいて追い払うというスタイルに変化しました。
ちなみに鬼を追い払うのに豆が用いられるのには、もともと日本には穀物に魔除けや生命力にかかわる霊力が宿っていると考えられていたためです。また、魔物(鬼)の目(=魔目<まめ>)をめがけて投げ、魔を滅する(=魔滅<まめ>)という語呂合わせから「豆」を使うようになったという説もあります。

20分で完成! 子どもと一緒に鬼のお面を手作りしてみよう

節分用の豆を買うと鬼のお面がおまけでついてくることもありますが、家族で過ごすおうち時間をより楽しむためにも、今年は鬼のお面を手作りしてみませんか。

鬼のお面の作り方(1)紙皿を使った鬼のお面

■用意するもの

・紙皿1枚
・輪ゴム2本
・毛糸1玉
・折り紙
・色画用紙(角用)
・ハサミ
・ボンド
・糊
・サインペン
・穴あけパンチ

■作り方

1.紙皿に鬼の顔の下絵を描きます。

2.鬼の顔の部分に折り紙を貼ります。1枚で足りない場合は必要な枚数を使ってください。

3.色画用紙を三角に切り、角を作ります。

4.3で切った色画用紙(角)を紙皿の裏側から貼ります。

5.ハサミまたはカッターなどで目の部分に切り込みを入れます。

6.目の部分を丁寧に切り取ります。

7.下絵に沿って折り紙で鼻や牙を切って貼ります。口の部分はサインペンで描きます。

8.角に横線を描きます。

9.お面を耳にかける輪ゴムを通す穴をパンチであけます。

10.毛糸を丸めてボンドで貼りつけます。

11.パンチであけた穴に輪ゴムを通して完成です。

鬼のお面の作り方(2)牛乳パックを使う鬼のカチューシャ

■用意するもの

・牛乳パック1つ
・ゴム(マスク用ゴム)
・毛糸1玉
・色画用紙(角用)
・ハサミ
・ボンド
・サインペン
・ガムテープ
・穴あけパンチ

■作り方

1.牛乳パックを開いてカチューシャの土台となる部分を切り取ります。

2.両端に、穴あけパンチでゴムを通す穴をあけます。

3.穴の部分にアゴに掛けるためのゴムを通します。

4.A4サイズの色画用紙いっぱいの円を描いて切り取り、サインペンで2つの円を描きます。

5.2分割してさらに上記右のように切ります(大きい方を使う)。

6.扇形の部分を用いて上記のように円錐をつくってテープなどで固定します。

7.ガムテープの円に沿って毛糸を巻いていきます。

8.巻いた毛糸の中央部をくくり、ガムテープから外します。

9.上記のように中央よりやや上部分で、さらに毛糸でくくります。

10.同じものをもう1つ作ります。

11.先に用意しておいた土台にボンドを塗ります。

12.土台の上に毛糸の玉を接着していきます。

13.毛糸でくくった上の部分に角をかぶせて完成です。

おうちにある素材をリサイクルして使ってもOK

今回用いた材料はほぼ100円ショップで揃えたものですが、毛糸などは、元々おうちにあるものでももちろんOKです。土台部分などのベースは大人が担当して、切る部分や貼る部分などを子どもに任せてみてください。自分で作った鬼のお面なら、きっと例年以上に元気よく「鬼は外、福は内」と、節分を楽しんでくれるはず。ぜひ挑戦してみてください。

※画像はイメージです。
※2021年1月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。