見た目も映える「手まり寿司」に挑戦! ひな祭りは家族一緒に&時短で楽しく

3月3日は桃の節句の「ひな祭り」。女の子の健やかな成長を願うお祝いの日です。このひな祭りの“行事食”として、伝統的にご家庭などでも“ちらし寿司”がよく作られてきましたが、今年は見た目も丸〜くかわいい「手まり寿司」を、子どもと一緒に作ってみるのはいかがでしょうか。ちらし寿司よりも簡単かつ時短でできますよ。小さい子どもでもかわいく楽しく作れるコツと、ひな祭りのちょっとした豆知識をご紹介。

女の子の節句にぴったり! 「手まり寿司」の由来とは

ひな祭り

手まり寿司は京都発祥のひと口サイズのお寿司。芸妓さんや舞妓さんが、口紅が落ちたりお化粧が崩れたりすることなく、上品にひと口で食べやすいように工夫されて作られたお寿司です。
食材として、マグロやエビ、イクラのような、ちらし寿司で使われてきた縁起担ぎの意味(※主に「厄除け」といわれています)もある、赤い色のネタだけでなく、生ハムやローストビーフ、野菜や漬物などいろいろアレンジができます。見た目もきれいなので、ひな祭りやホームパーティーなどに最適です。

誰でも簡単! 「手まり寿司」の作り方

手まり寿司

■ 材料(2人分)

・ ご飯 1合分
・ お刺身 4〜5種類を各2、3切れ ※マグロ、エビ、イカ、サーモン、イクラなどお好きなものを
・ 酢 大さじ1と1/3
・ 砂糖 大さじ1と1/3
・ 塩 小さじ1/ ※砂糖と酢を同量にするとやや甘めの味に。好みに応じて加減してください

■ 作り方

1. 寿司酢の材料を全て混ぜる。※砂糖が溶けなくても、温かいご飯と合わせた際に溶けます
2. ご飯に寿司酢を入れて、切るように混ぜ、寿司酢が全体に馴染んだら冷ます。※ご飯が柔らかいとベチャッとなりやすいので、炊飯器の設定は寿司飯専用で炊いておきます

手まり寿司

3. 2の酢飯がしっかり冷めたら、ラップを広げ、薄く切ったお刺身を置いて、ご飯を乗せる。

手まり寿司

4. ラップを絞って形を整える。強く握るとラップが破れてしまうので注意すること。

手まり寿司

5. 丸くきれいに形が整ったら完成。

黄色や緑など、春らしい彩りを添えてみてください

手まり寿司

薄く焼いた玉子などで黄色を加えたり、菜の花や木の芽などのグリーンを合わせると、ひな祭りのお祝いにふさわしい彩りになります。イカだったら大葉、エビにはきゅうりなどをあしらうのもおすすめ。また、魚介だけでなく洋風の味わいを加えたい場合は、写真のようにローストビーフをはじめ、スモークサーモンやチーズなどもおすすめです。

ちらし寿司

もちろん、酢飯の上に好きなネタを加えた「ちらし寿司」も、簡単に手作りすることができます。その際も、菜の花などの旬の食材と彩りを加えるのがおすすめです。酢飯を切る際に桜でんぶや鮭フレークを加えて混ぜ込んだり、きぬさやや錦糸玉子をトッピングして、緑、桃色、黄色をバランス良く見せることで、よりひな祭り感を演出することができます。

「手まり寿司」に合わせたい、ひな祭りのテーブルのお供とは?

ひな祭りのお食事のメインを手まり寿司にした場合、そのお供として一緒にテーブルに並べるものは何にしますか? 実は、定番といわれる「ハマグリのお吸いもの」や、おやつとしてひな飾りに添えられることも多い「ひなあられ」などには、この日に用意されるだけの意味があります。

「手まり寿司」に合わせたい、ひな祭りのテーブルのお供とは?

ハマグリのお吸い物

ハマグリは、1対2枚の貝殻を持つ2枚貝です。対となっている貝殻は、ぴったりと合いますが、それ以外の貝とは合うことがないため、“仲の良い夫婦”を表すとされ、幸せを象徴するものとしてひな祭りの食卓に載るようになりました。

カラフルでかわいい「ひなあられ」や「菱餅」にも意味がある

ひなあられ

ひな祭りのお菓子として、この季節になると店頭に並ぶ「ひなあられ」や「菱餅」。カラフルでかわいらしく、甘くておいしいですが、これらにも、ひな祭りに食される意味があります。
ともに桃色、白、緑色の3色(もしくはそれに黄色を足す場合もあり)で作られることが多く、女性の幸せを願う意味が込められています。桃色は「魔除け、厄除け」、白は「清浄」、緑は「健康」を表し、1年を通じて、女の子の健やかな成長を祈る意味合いがあるのです(黄色が入る際は「四季」を表します)。

菱餅

折り紙などで和の華やかさを演出して、食卓の盛り上げにもうひと工夫

ひな祭り

ひな祭り気分をアップさせるのに、食卓にもうひとアイデア。和柄の折り紙や緑や白、黄色、桃色の折り紙で夫婦鶴を作って箸置きとして使ったり、お皿に見立ててお菓子を出すと、グッと和の雰囲気を醸し出すことができます。「鶴は千年、亀は万年」というように、長寿の象徴とされていますし、鶴は夫婦仲が良く一生連れ添うことから、夫婦鶴(めおとづる)は夫婦円満の縁起物ともいわれています。

桃の節句の食卓は、華やかな色合いで。家族で楽しみましょう

ころんと丸い手まり寿司や華やかなちらし寿司が食卓に並べば、かわいらしいひな祭りのお祝いになります。ラップを使って作る手まり寿司は子どもでも危険がありませんし、折り紙を使った箸置きやお菓子を置く折り紙皿のコーディネートを子どもに任せるのも、おうち時間を楽しく過ごす一つの方法です。桃の花を飾って、春の訪れを祝うイベントを家族一緒に楽しみましょう。

※画像はイメージです。
※2021年2月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。