「七五三」いつ何をするの? 知っておきたい基礎知識

神社やお寺に参拝に行くと晴れ着の子どもたちの姿を多く見かけるようになります。初冬の風物詩のひとつである七五三です。七五三は子どもにとって大切なお祝い事ですが、そもそもどのような意味があるのでしょうか。なぜ11月に行われるようになったのかなど、知っているようで知らない七五三の基本知識。この記事では、七五三の由来やお祝いする歳、当日の流れなどもご紹介します。

七五三は子どもの健康と幸福を祈願する人生の節目

七五三の男の子

七五三の始まりには諸説がありますが、起源は武家時代にまで遡るといわれています。現代と違ってその当時は衛生や医療においても発達していない面が多かったため、特に免疫力の低い3歳から7歳までの子どもは病気にかかりやすく、亡くなることも少なくありませんでした。子どもが健やかに育つことは、親にとっては大きな喜びです。そのため、無事に成長したことを神様に感謝し、これからも元気に育ちますようにという願いを込めて、3歳、5歳、7歳を節目としてお祝いしたことが七五三の由来とされています。

男の子と女の子で違う、七五三の祝い歳

姉弟仲良く七五三

七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いすることが多いです。この年齢には、平安時代において男の子も女の子も髪を伸ばし始める時期の「髪置(かみおき)の儀」(3歳)と男の子が初めて袴を着ける「袴着(はかまぎ)の儀」(5歳)、女の子が着物帯を着け始める「帯解(おびとき)の儀」(7歳)の意味があります。

七五三は11月15日にお祝いするのが一般的

七五三の女の子

七五三をお祝いする日が11月15日とされているのにはさまざまな説があります。旧暦の15日は「鬼宿日(きしゅくにち)」と呼ばれ、鬼は宿にいて外を出歩かないことから、鬼に邪魔をされることなく安心して過ごせる吉日として選ばれたという説。また11月は、収穫を無事に終えたことを神様に感謝するのとあわせて行われるようになったという説もあります。さらに11月は出雲大社に神様の集まる「神在月(かみありづき)」という重要な月で、日にちは7歳、5歳、3歳を足すと15になることから11月15日になったという説もあります。

現代では家族や子どもの都合に合わせて、11月15日に限らずお祝いするケースも増えています。

七五三の日はお詣り後に記念撮影するのがポピュラー

七五三家族

七五三は、神様に子どもの成長を感謝して、これからも健康に幸せになりますようにと祈願する行事です。神様とは地元の神社の氏神様をさしますが、神社によっては七五三詣を受け付けていないところもあるので、必ずしも氏神様にこだわる必要はありません。神社ではなく、お寺で祈祷してもらうこともできます。

お詣りをした後は家族で記念撮影や食事会を行うのが近年の主流です。なお、衣装は写真館やフォトスタジオでレンタルできるプランを用意しているところが増えていて、写真館で着付けやヘアセットを行い、神社やお寺でお詣りした後、写真館に戻って記念撮影をするという流れが人気を集めています。

お詣りプランやレンタル衣装が充実したフォトスタジオ3選

数あるフォトスタジオの中から、七五三向けの衣装が豊富で貸し出しプランを用意しているところを厳選してご紹介します。

フォトスタジオで記念撮影後はそのままの衣装でおでかけOK

スタジオアリス

出典:スタジオアリス/撮影+おでかけ 七五三1Dayプラン(62,480円〜 ※税込)

和装と洋装合わせて500着以上の衣装から選べることで人気の「スタジオアリス」。七五三プランをいくつか用意していますが、記念撮影と神社へのお詣りも1日でできる「撮影+おでかけ 七五三1Dayプラン」はおすすめです。別途パパママ用の着物貸し出しも行っているので、家族全員でおめかしをしてより印象的な思い出を残すことができます。

着物は古典柄から最新柄までおしゃれなデザインが充実

スタジオアーク

出典:スタジオアーク/おでかけ七五三プラン(8,000円〜 ※税込/2021年10月平日利用の最低料金)

衣装センスの良さで定評のある「スタジオアーク」のおでかけ七五三プランは、着物や小物一式、髪飾りや着付け・ヘアメイクもフルセットになっているので安心して七五三詣りやお出かけができます。平日と週末、また月ごとに価格が異なってくるので事前に確認しましょう。

七五三撮影を申し込むと、撮影日とお詣りで別々の衣装を着用できる

スタジオマリオ

出典:スタジオマリオ/七五三お参り用着物レンタル(12,100円〜 ※税込/2021年10月平日利用の最低料金/七五三撮影申込者対象)

「カメラのキタムラ」が運営する写真スタジオの「スタジオマリオ」で人気なのは、七五三撮影日に着用する衣装とは別で、お出かけ用に着物がレンタルできるプランです。撮影日とお出かけ(お詣り)日は同じ日でもOK。オプションのアルバムはバリエーション豊富です。

家族全員にとって思い出に残る七五三にしましょう

七五三は、主役であるお子さんはもちろんのこと、成長を見守ってきた家族全員にとっても大イベントです。11月にお詣りや写真撮影を検討している人は人気シーズンで希望日の予約が取れない可能性が高いので、早めに計画を立てて安心して七五三をお祝いできるように準備を進めましょう。

※画像はイメージです。
※2021年9月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。