18歳以上でも使える! 青春18きっぷを使って旅をしよう

お得な「青春18きっぷ」とは?

JRが発売している「青春18きっぷ」をご存知でしょうか。JRの列車などが1日乗り放題で、うまく使えばお得に電車を乗り継ぐことができるきっぷです。

今回は青春18きっぷでできることや、利用する上での注意点などを紹介していきます。

青春18きっぷでできること

青春18きっぷは、「JR線の普通・快速列車(普通車自由席)」と、「JRのバス高速輸送システム(BRT)」、「JP西日本宮島フェリー」が1日乗り放題になるフリーパスチケットで、1枚のきっぷで5回分利用することができます。

このきっぷは“シェア”も可能で、「5人で1回」などの使い方ができるので、友達や夫婦、家族での旅などにはとてもお得で便利です。

利用上の注意点

青春18きっぷはとても便利ですが、すべての列車で使用できるわけではありません。別途乗車券が必要だったり、区間によって条件が異なったりしますので注意が必要です。

① 特急(新幹線を含む)・急行列車・グリーン車など

特急券・急行券・グリーン券等のほか、普通乗車券が別に必要です。

② 普通・快速列車のグリーン車指定席

「青春18きっぷ」とは別に、グリーン券のほか、普通乗車券が必要です。

③ 普通・快速列車のグリーン車自由席

別にグリーン券を購入すれば「青春18きっぷ」とあわせて利用できます。

このほかにも、普通・快速列車の普通車指定席を利用する場合は座席指定券を、乗車整理料金やホームライナー料金が必要な列車を利用する場合は、別に料金を支払うと「青春18きっぷ」とあわせて利用することができます。

どこで買えるの? 価格は?

青春18きっぷの発売額は12,050円(おとな・こども同額)です。5枚綴りなので1回分で計算すると2,410円。つまり普通にきっぷを買って乗車する運賃が2,410円以上かかる場所まで行くなら、青春18きっぷを使うほうがお得ということになります。

青春18きっぷはJR各駅にあるみどりの窓口や、おもな旅行会社などでも購入することができます。ただし列車内で購入することはできないのであらかじめ購入しておかなければいけません。

青春18きっぷの使い方

それでは使い方についてもチェックしておきましょう。まず、1人1回あたりの有効期間は乗車日当日限りとなっていますが、電車に乗っている間に0時を過ぎてしまった場合、次の停車駅までならば有効となります。しかし、東京近郊と大阪近郊に限っては、深夜0時を過ぎても終電までならば使うことができます。

使用する日、最初に改札できっぷに日付スタンプを押してもらい乗車します。そして下車するときは、きっぷを駅員に見せて改札を通ります。ですから、自動改札は使えず、駅員のいるところを通らなければいけません。

乗り始める駅が無人駅の場合は、列車の車掌さんに日付を入れてもらってスタートします。きっぷが有効な時間も考えて1日券を使う乗車時間やプランも考えておきましょう。朝早くから使い始める方がよりお得ということになります。

発売期間と利用期間が決まっているので注意

青春18きっぷは発売期間と利用期間があります。基本的に、春、夏、冬の3シーズンのみの発売で、利用できる期間は購入後から1ヶ月半ぐらいの間です。2019年の冬シーズン分は、発売期間が12月1日(日)から12月31日(火)まで、利用期間が12月10日(火)~2020年1月10日(金)までとなっています。

ご紹介した以外にも、特典や払い戻しについてなどの詳しい情報が記載されていますので、公式のウェブサイトを確認の上、ご利用ください。

青春18きっぷ|お得なきっぷ詳細情報|JR東海

※2019年10月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING