ちょっとしたテクニックで高感度UPの“きちんと装い”

学校行事の主役は子どもたちですが、入学式などは一緒に出る親としてもきちんとした装いで行きたいですよね。そこで今回は、入園・入学式でおすすめの装い&アイテムをご紹介。ちょっとしたテクニックでグンと垢抜けた雰囲気を演出できるので、参考にしてみてください。

暗い色は避けてパステルやアイボリーで上品な明るさを

幼稚園や小学校などでの式に出る際に大切なことは、“きちんと感”がある装いをすることです。とはいえ、華美な装いは周囲からも浮いてしまうでしょうから、あくまでもシンプルにするのがおすすめです。定番はセレモニースーツですが、今はより自分らしさを出せる「パンツスタイル」や「ワンピース+ジャケット」の組み合わせも人気となっているようです。祝いの席に着ていくことが多いものだからこそ、色は明るめに、パステルカラーや淡いグレー、アイボリーなどで華やかさを出すのがおすすめです。紺や黒などの場合はアクセサリー、コサージュ、パンプスの色などで色をプラスしてみましょう。

ワンピースやパンツスタイルに自分らしさを取り入れる

持っておくと便利なセレモニースーツですが、使用頻度は低くなってしまいがちですよね。ちょっとおしゃれをして出かけたい時や、ビジネスシーンでも使いたい場合は、ワンピースとジャケットの組み合わせ、もしくはパンツスタイルはいかがでしょうか。

ワンピース選びのポイントは、スカート丈にあります。カクテルドレスのようなロング、座ると太ももが出てしまうようなミニは避けて膝丈のものを選びましょう。ジャージーシルクやレースなど、素材にもこだわることでおしゃれ度もアップしますよ。

パンツスタイルで気をつけたいことは、かっちりとしたビジネス仕様ではなく、どこかに女性らしいアクセントをプラスすることです。足首が見える丈のパンツを選ぶ、トップスはフリルやレースなど少し甘めのデザインを合わせるだけでフォーマル感が出ます。

持っていると便利なアクセサリーはやっぱり“パール”

手持ちのセレモニーファッションが少し地味かも……と感じたら、アクセサリーでひと味加えてみましょう。フォーマルな場なので、キラキラと輝きすぎる宝石類でなく、品のある光を放つパールがおすすめです。入園・入学式だけでなく、冠婚葬祭でも役立つパールのネックレスは、フォーマルの場に欠かせないアイテムのひとつ。ネックレスだとバランスが取りづらいという時には、一粒パールのイヤリングやピアスをつけ、髪型もハーフアップなどにアレンジするだけで普段よりも華やかさを演出することができるでしょう。

細かい持ち物も抜かりなくチェック

「着ていく服やアクセサリーが決まって一安心したものの、当日はついバタバタしてしまってうっかり忘れ物!」ということがないように、持ち物チェックも怠らないようにしましょう。

最低限用意するものは、子供用の体育館シューズ、自分用のスリッパ、筆記用具、(指示があれば)入学通知書などの書類、の4つです。筆記用具に関しては、スマートフォンでメモを取れば良いと思いがちですが、スマートフォンは撮影用と決めてしまった方が焦らずにすみます。

また、日によって寒くなる場合もあるため、ひざかけとして使用できるストールやカイロなども、事前に準備しておくと良いでしょう。当日は予想外に持ち帰る書類などが多いこともあるため、大きめの布製サブバッグを持って行けば安心です。

家族写真撮影も考慮してコーディネートしよう

忘れてはいけないのが、家族との写真撮影があること。自分だけの装いでなく、子どもや家族と並んだ時にチグハグでないかも、きちんとチェックしておきましょう。服装とアクセサリーは早めに決めておき、持ち物も事前に確認しておくことで、大荷物になりすぎず、シンプルな装いで参加することができますよ。

※2020年6月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING