意外と知らない、祝日&記念日豆知識「こどもの日&母の日編」

5月の祝日といえば、5月5日の「こどもの日」。そしてもうひとつ有名な5月の記念日といえば、第2日曜の「母の日」ですよね。
定番の祝日&記念日として知られていますが、どのような由来があるのでしょうか? そして、世界ではどのように祝っているのかを見てみましょう。

「こどもの日」=端午の節句?

1948年に法律として制定された、国民の祝日である「こどもの日」ですが、「端午の節句」と呼ばれ、男の子の健やかな成長を祝う記念日として広く知られていますよね。もとは中国から伝わったとされる端午の節句の起源ですが、日本では奈良時代から続く古い行事です。月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味で5月に限っていませんでしたが、牛(ご)と五の音が同じなので毎月5日を指すようになったのち、5月5日のことになったとも伝えられています。当時の日本では、この日に厄除の菖蒲を飾り、菖蒲を浸した酒を飲むなどの風習で、薬草を摘んで邪気を払うという行事でした。

五月人形を飾り、鯉のぼりを立てて男の子の前途を祝うようになったのは、徳川時代からのこと。武士文化が長く続く中で、「菖蒲」と「尚武」をかけて端午の節句は徐々に男の子の誕生の祝いへと結びついていきました。「端午の節句」では関東では柏餅、関西では、ちまきを食べるのが主流のようで、地域によって食べるものが異なります。柏の葉は、枯葉になっても木から落ちないため、子孫繁栄の象徴だそう。また、ちまきは中国から伝わり、子どもの無病息災を願ったもので、もとは5色(赤・青・黄・白・黒)の糸を使い、この色は鯉のぼりの吹き流しの色としても反映されています。

こう聞いていると、こどもの日=端午の節句のことで、男の子のお祝いの日と思ってしまいがちですが、3月3日の桃の節句が祝日ではないように、節句というのはそれぞれ行事をして特別な食べ物を食べる風習がある日のことなのです。

子どもの幸福を祈るだけでなく、母にも感謝をしよう

国民の祝日として制定されている、5月5日「こどもの日」の由来の元は「児童愛護デー」。それが1948年に祝日化され、「こどもの日」となったのです。主旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」なので、男女区別なくお祝いしたいものですね。

日本だけでなく、世界各国で制定されている「こどもの日」ですが、実は国際的に定められている「こどもの日」もあります。1925年にジュネーブの「子供の福祉世界会議」によって、6月1日と定められ、現在でも世界の約2割でこの日が「こどもの日」として制定されています。

アメリカに倣って日付が決定した日本の「母の日」

お母さんの日頃の苦労を敬い、感謝の気持ちを表す「母の日」は祝日ではありませんが、日本でも最もよく知られる記念日のひとつでしょう。

母の日は日にちも由来も世界各国さまざまですが、日本の母の日はアメリカ・ウエストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスが亡き母を追悼するために教会で赤いカーネーションを配ったのが始まりとされています。「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」という働きかけからアメリカ全土に広まり、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されたそうです。

現在でも、カーネーションを贈る日として定着しているほか、アメリカの「母の日」は、朝ごはんからお母さんは何もしない! という家庭も多いそうです。

日本やアメリカ、韓国などはカーネーションを送るのが定番ですが、世界ではさまざまな花やギフトを贈ります。

例えばオーストラリアでは、白い菊「クリサンセマム」が一般的。さらにその名の語尾から取った“マム”は、“お母さん”の意味があります。またオーストラリアでは5月の第2日曜は秋のため、菊が花を咲かせる時期なのです。

5月の最終日曜日に「フェト・デ・メール(母親の祭日)」を迎えるフランスでは定番のプレゼントというものはなく、お母さんが喜ぶものを贈るのが一般的。同じ5月の第2日曜ですが、トルコでは日本でよくあるように「お母さんありがとう」と伝えるのではなく、すべての女性に「母の日おめでとう」と伝えるのだそうです。なんだか素敵な風習ですね。

いつもは照れくさくて言えないことも、祝日や記念日に素直に伝えてみましょう。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING