きれい&映える紅葉写真をスマホで撮る3つのコツ

赤・黄・緑…と鮮やかに色づいた紅葉をきれいに写真に残すには、いくつかのコツがあります。一眼レフカメラを使った本格的な撮影を行わなくても、いつでもどこでも素敵な写真が残せたらうれしいですよね。今回は、スマホで紅葉写真を撮影する際のコツをご紹介します。

“背景の色味”で写真がぐっと良くなる

紅葉写真をきれいに撮るコツで、まず覚えておきたいのは、「晴れた日に撮影する」ということです。「そんなこと?」と思うからもしれませんが、見比べて見ると一目瞭然。赤や黄の葉の色は、青空のほうがより鮮やかに見えます。

くもりの日の紅葉はなんだかアンニュイな雰囲気。きれいですが、鮮やかさはあまり感じられません。

葉越しの空が青いだけで、色のコントラストも出るのでこんなに鮮やかに!

明るさが足りない日はどうする?

くもりの日や雨の日もシックな写真を撮ることはできますが、鮮やかな写真を撮りたいなら、カメラの露出を変えてみましょう。

iPhoneのカメラの場合、画面をタップすると黄色の枠と太陽マークが出るので、これで露出(明るさ)の調節をします。マークが表示されている状態で指を上下に動かすことで、被写体である紅葉を明るく(露出をプラス。上に動かす)、暗く(露出をマイナス。下に動かす)と調整することができます。

Androidの場合は機種により操作は変わりますが、Xperiaならカメラ起動後マニュアルモードにし、アイコンの調節バーの設定から露出調整にあたる「EV」ボタンをタップします。出てきたボタンを左右に動かすことで明るさ調節が可能です。

iPhone のカメラの機能について – Appleサポート
マニュアルモードの基本|撮影する|Xperia(エクスペリア)公式サイト

全体図はやめて“アングルアレンジ”を楽しむ

視界一面に広がる紅葉など、滅多に見ることのできない景色ならば、全体図を抑えるのがおすすめです。ただ、1本の紅葉の木以外はみんな緑…といったちょっと残念なシチュエーションの時は、撮るポイントを絞るのが素敵な写真にするコツです。歩きながら無意識で撮った写真は、後から見返してもイマイチだったという経験はありませんか? そんな時は、「ぐぐっと近づく」「上ではなくて下を見る」のがおすすめです。

葉にぐぐっと近づくだけで印象的な1枚に

画面いっぱいに紅葉だけが入るように木に近づいたら、「これぞ!」という葉っぱを探してみましょう。カメラを起動したら、その葉にフォーカスしマクロモード(接写)で撮影しましょう。露出を整えて、ピントを手前の葉に合わせるだけで背景がぼけて奥行きのある写真になります。

落ち葉を手に持ち、ピントを葉に合わせるのもおすすめ。

下を見たら、いつもと違う紅葉を発見できるかも

紅葉の写真を撮る時はついつい枝先を見つめてしまうものですが、ここは視点を変えて、足下にも目を向けてみましょう。この写真のように地面にぎっしりと落ち葉がなくても、いつもと違った紅葉写真を撮ることができます。この時は、葉っぱ1枚にピントを合わせるのではなく、全体がかっちりと映るようにするのが素敵な写真にするポイントです。カメラを起動し、落ち葉に向けたまま動き回って、良い場所を探してみましょう。

落ち葉と靴の組み合わせもおすすめ。常に同じアングルで撮影したものを並べるとそれだけでおしゃれな雰囲気になりますよ。

“フィルター&加工”は素敵写真の強い味方!

きれい&映える写真にするためには、撮りっぱなしではなくその後にアレンジを加えましょう。撮影時だけでなくカメラロール(iPhone)、アルバム(Android)の写真も露出、コントラスト、彩度、シャドウなどを変えられるほか、さまざまなフィルター機能も付いているので、より鮮やかに、よりシャープに、はたまた色のトーンを抑えてシックな雰囲気になどアレンジが可能です。ただし、やりすぎには要注意。加工しすぎるとあまりにも不自然になってしまうので気をつけましょう。

紅葉写真を撮るときのコツを押さえて、きれいな思い出を残しましょう

紅葉スポットに出向かなくても、近所の木々にもきれいな景色は見つかります。思い出だけでなく、素敵な写真に残しておくには、ちょっとしたコツを覚えておくと良いですね。

※画像はイメージです。
※2020年9月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND