水周りが臭い? それ排水口を掃除していないのが原因かも

悪臭の元! キッチン・浴室・洗面所の排水口の掃除方法を紹介

キッチンや浴室、洗面所などの水周りは毎日使う場所。常に水やお湯を使うため、汚れも洗い流せていると錯覚しがちです。

しかし、排水口は意外と汚れが溜まっているのです。放っておくと排水の流れが悪くなり、悪臭の原因になることも。そこで、悪臭の元を断ち水周りを清潔に使うために、排水口の効果的な掃除方法を紹介します。

排水の流れが悪いときは、詰まる前に早めの掃除が肝心

水を出しっぱなしにしていると、排水が追いつかず徐々に水位が上がってくることがありませんか? そんなときは、排水口が詰まっていることが考えられます。表面上キレイになっていると、ついつい排水口の中まで洗う頻度が少なくなりがちです。

しかし、そのまま放置しておいても自然に詰まりが解消されるわけではありません。詰まりがひどくなる前に掃除しておかないと、雑菌が増え悪臭がしてきます。換気扇を回さずに締め切った浴室が何となく下水臭いというときは、排水口に溜まった汚れの臭いが原因であることが多いです。

キッチンの排水口は「ぬめり」を徹底退治

キッチンのシンクの排水口は、野菜を洗った際の泥汚れや、野菜くず、油、食べ物のカスなどさまざまな汚れが付着しやすい場所です。排水の流れが悪いのに放置しておくと、生ゴミや下水臭などの不快な臭いが発生してしまいます。

ゴミ受けの網状のストレーナーに溜まったゴミを捨てるだけでは、悪臭を防ぐことはできません。排水カバーやストレーナー、排水管やトラップなどの「ぬめり」を根こそぎ落とさないと、悪臭の元である雑菌が増えてしまいます。ぬめりに油などが付着し固まり、しつこい汚れとなってこびりつき、排水の流れを悪くしてしまうのです。

シンクの排水口の掃除方法

排水カバーを外し、ストレーナーのゴミを捨てます。排水カバーとストレーナーは、スポンジや古歯ブラシなどを使って食器用洗剤ですみずみまで洗いましょう。徹底的に雑菌を退治したいときは、漂白剤や除菌泡スプレーなどを使うのも良いでしょう。ただし、ゴムやステンレスなどは、漂白剤が使えないものもあるため、まず、事前に確認してから使用しましょう。

排水管の中もぬめりが付きやすい場所です。奥に見える排水トラップのフタを回して持ち上げると外れます。フタの表と裏側、排水管の周囲の汚れを歯ブラシでこすり、水を流します。その後、食器用洗剤を付けたスポンジで全体を洗いましょう。外した部品を元の位置に戻して終わりです。

浴室の排水詰まりの最大の原因は「髪の毛」

浴室の排水口は人の皮脂やアカ、整髪料や石鹸カスなどさまざまな汚れが溜まりやすい場所です。その中でも、排水詰まりの大きな原因となるのが髪の毛です。家族に髪の毛の長い人がいれば、シャンプーの際の抜け毛が大量に複雑に絡まりあってヘアキャッチャーに溜まるでしょう。こまめに捨てて掃除をしないと、すぐに排水の流れが悪くなり汚水が溢れてきます。

水はけが悪いとカビの原因になったり、湿地を好むチョウバエが発生したりすることもあります。手遅れになる前に掃除をしましょう。

浴室の排水口の掃除方法

排水カバーとヘアキャッチャーを外します。溜まった髪の毛やゴミを取り除き、古歯ブラシと浴室用洗剤で洗浄します。キッチンと同様に排水トラップや排水管の汚れもスポンジなどで洗い流しましょう。

洗面所は家族で協力して汚れを溜めない

洗面所の排水口も髪の毛が詰まったり、化粧品や整髪料などの汚れが付着したりしやすい場所です。髪の毛を乾かすときや梳かすときに洗面ボウルに落ちた髪の毛は、水で流すのではなく、取り除いてすぐに捨てるようにしましょう。これを家族で徹底することにより詰まりの予防になります。手近なところに小さなゴミ箱を置いておくのがおすすめです。

また、洗面所の排水管はキッチンや浴室と違い、口径が小さくパイプも細い作りになっています。そのため、アクセサリーや大きめのゴミなどをうっかり流してしまうとパイプ内に詰まってしまうことがありますので注意しましょう。

洗面所の排水口の掃除方法

洗面ボウルの排水口の形状にもよりますが、ヘアキャッチャーのあるものは外して髪の毛やゴミを取り除き、古歯ブラシで網目をこすり洗いします。ぬめりも発生しやすいため洗剤を使ってさっぱりと洗い流しましょう。洗面ボウルもスポンジと洗剤を使って洗います。

定期的な掃除が排水口の詰まり解消のコツ! 汚れ予防も有効

排水の流れが悪くなってからでは、既にしつこい汚れが溜まっているため掃除も大変ですし、専用の洗浄剤などを使えば費用もかかってしまいます。大ごとになる前に、こまめに定期的に排水口の掃除をするのがポイントです。そうすればイヤなぬめりを見ずに済み、臭いも発生しません。

また、ストレーナーがあるからと、何でも安心して流すのではなく、固形物は取り除き、油汚れはなるべく拭き取ってから洗うことをおすすめします。ストレーナーに不織布やネットをかぶせて使う家庭も多いですが、ゴミをめいっぱい溜めてから交換するのでなく、毎日こまめに交換するように心がけましょう。それがぬめりを防ぐコツです。

詰まりがひどいときは便利グッズを試してみよう

上記の排水口の掃除をしたのに思ったように詰まりが解消されないという場合は、排水管に汚れが付着している可能性があります。その場合は、パイプ専用の洗浄剤を使ってみましょう。粘度が高いものは、ドロッとした薬剤がパイプに密着してヌメリや髪の毛などを溶かしてくれます。

ストレーナーに吊るすタイプのぬめり取りは、そのまま吊るしているだけでぬめりを防いでくれる優れものです。ただし、シンクの素材によっては使えないものがあるため、事前に確認してから購入しましょう。

どうしても流れが悪いときは水周りの専門業者に依頼

ホームセンターなどで排水管清掃用のワイヤーブラシやドレンクリーナーという道具があります。家庭用の安価なものは、業務用のものよりも安価で扱いやすく、一時的に詰まりが解消されることもありますが、長さが足りなかったり柔らかすぎたりして、残念ながら、排水管内全体をきれいにするのに向いておらず、固形の汚れが取り切れないこともあります。

また、築年数の古い戸建住宅などでは、排水管内の汚れが固くこびりついている場合もあります。排水管が古くもろくなっている場合は、力任せに排水管をこすってしまうと破損してしまうことも考えられます。

そのようなときは、専門の業者に診断してもらうのがおすすめです。どの部分にどんな汚れが付着しているのか、排水管内に小型カメラを通して確認することもできます。それによって業者の高圧洗浄や業務用ワイヤーブラシなどで詰まりが解消されるのか、排水管自体を交換したほうが良いのか判断できるでしょう。

清潔にしておきたい水周り。定期的な掃除で快適に

料理をするキッチンや一日の疲れを癒やす浴室が臭うのは避けたいですよね。少しずつでも流れているからと安心せずに、排水の流れが悪いと感じたらすぐに掃除をすることをおすすめします。専門業者も上手に利用して、水周りを清潔に保ちましょう。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING