カーテンは自宅で簡単に洗濯できる! 洗う手順と注意点を紹介

買ってから一度もカーテンを洗ったことがない人も!?

カーテンは自宅で洗濯できるものが多いのですが、カーテンを購入して吊るしてから一度も洗ったことがない人もいるようです。カーテンはニオイやホコリが付いて案外汚れているもの。窓の結露でカーテンが濡れてカビが発生することもあります。洗濯して汚れを落とすと、スッキリと部屋が明るく空気も爽やかになりますよ。

カーテンにカビを発見? 実はカーテンはこんなに汚れている

気密性の高い住宅では、寒い時期や梅雨などで窓に結露することが多くなります。カーテンも湿ったり窓に張り付いたりして水分を含むため、いつの間にかカビが生えていることがあります。カビを発見したら、広がる前に早めに退治することが肝心です。アレルギー体質の家族がいるならアレルギー症状が起きる可能性大。特にアレルギーがなくても健康を害することにもなりかねません。

万一、カーテンにカビを発見したら、早いうちに洗濯をしてカビを落としましょう。早ければ早いほど効果があります。

洗濯表示や素材は要チェック! 洗濯可能なカーテンか確認

市販のカーテンは洗濯できるものが多いですが、素材にこだわったオーダーカーテンなどは自宅の洗濯ができずドライクリーニングが必要なものもあります。洗濯前には必ずカーテンの素材と洗濯表示を確認しましょう。

洗濯表示のタグはカーテンの端の方に付いています。「洗濯機洗い可」「手洗い可」などの表示があれば自分で洗うことができます。水が入った洗い桶の絵にバツ印があるものは、自分では洗えません。旧洗濯表示では「ドライ」と表示してあればクリーニング店でドライクリーニングができます。

しかし、「ドライにバツ印」があるものは、ドライクリーニングもできません。新洗濯表示では、PやFに丸で囲んであればドライクリーニングができます。ただし、丸印に大きくバツ印があるものは、ドライクリーニングができません。

洗う前に大まかに汚れを落とすのがコツ! カビの処理もこのときに

自宅で洗えるカーテンをいきなり洗濯機に投入するのはNG。水洗いする前に、カーテンに付いているホコリを落とすのが先です。

掃除機の布団専用ヘッドか布製品やカーテン用のヘッドやノズルがあれば、カーテンを吊るしたまま掃除機がかけられます。もしくは、布を吸い込まないように普通のヘッドに目の細かいネットなどを被せて固定させる方法もあります。吸引力を弱めにしてヘッドを上から下に滑らせてある程度のホコリを取っておきましょう。

カーテンレールに近い、上側と折り目の内側などにもホコリが溜まりやすいので、手でひだを開きながらヘッドを動かしてください。また、カーテンを吸い込まないように細いノズルのブラシで優しく吸い取るのでも構いません。掃除機を使わずにホコリを叩き落としたり洋服用ブラシなどで払ったりする方法もあります。

カビは、タオルの先に熱湯を軽く浸して拭き取ります。ドラッグストアなどで市販されているエタノールやアルコールスプレーなどを使っても構いません。古歯ブラシに付けて、カーテンの裾の折り返し部分の裏など目立たない箇所で、変色したり色落ちしたりしないかを試します。大丈夫ならカビの上からしみ抜きの要領で下のタオルにポンポンと叩き移すようにエタノールを染み込ませます。

カーテンの洗濯方法、ポイントを押さえて失敗知らず

カーテンを外したらカーテンフックやカーテンクリップを外し、なくさないようにまとめておいてください。付けたまま洗うとカーテンの生地に引っかかり裂けたり破れたりしてしまいます。レースのカーテンは特に窓際で紫外線を浴びて生地が劣化しやすく弱くなりがちです。どうしても経年劣化は避けられないものと理解しましょう。なるべく長持ちさせるためには、大きなネットに入れて弱水流で洗うのがおすすめです。汚れがひどくならないうちに洗えば、弱水流でも十分に汚れが落とせます。

仕上げに差がつく! 洗濯機に投入する前の下準備

カーテンは縦に汚れている面を表にして、蛇腹に互い違いに屏風畳みにします。カーテン上部のギャザーや裾は汚れが付きやすい部分です。黒ずみや目立つ汚れがあれば、部分洗い用の洗剤や洗剤の原液を染み込ませておくと良いでしょう。

レースのカーテンやデリケートな素材のカーテンは、大きい洗濯ネットの利用が安心です。洗濯コースも弱水流がおすすめ。洗濯表示が「手洗い」マークのものは、洗濯機の手洗いコースやドライコースなどを選びましょう。洗濯槽のかくはん羽根に汚れた面を向けて入れます。レースのカーテンと厚地のカーテンは同時には洗わず別々に洗います。

カーテン洗いの洗剤は? 漂白剤はOK?

洗濯表示のタグに「中性」と指定があれば中性洗剤を使用します。何の表示もないときは特に気にする必要はなく、普段使っている一般的な洗濯用洗剤が使えます。ひどく汚れているからと通常の規定量よりも多く洗剤を入れる必要はありません。1度目の洗濯の水が黒く濁る場合は、2度洗いしましょう。

洗剤の指定がない場合でも、漂白剤の使用には気をつけてください。レースの純白のカーテンなどには塩素系漂白剤の使用が可能なものがあります。洗濯表示が三角のものや、三角フラスコの形の中に「エンソサラシ」のマークが付いていれば安心して使うことができます。ただし、必ず規定量を守ってください。それ以外の三角に大きくバツ印が付いているものや、エンソサラシがバツになっているものには塩素系漂白剤は使えません。

洗濯の仕上げには柔軟剤を使うのがおすすめです。柔軟剤には繊維の表面をコーティングするため静電気防止効果があります。ホコリや窓から侵入する花粉などが付着するのを防いでくれます。布の風合いも良くなり脱水によるシワも付きにくくなるでしょう。

簡単なカーテンの干し方。シワを防いでアイロンいらず

レースのカーテンは脱水は30秒程度で終わらせましょう。厚地のカーテンでもしつこいシワが付かないようになるべく短時間にします。脱水が終わったらそのまま放置せずにすぐに取り出してください。手で形を整え縫い目をやさしく引っ張って伸ばします。

レースのカーテンは湿ったまま元の通りにフックやクリップを付け、そのままカーテンレールやポールに吊るして乾かします。厚地のカーテンは水を含んで重くなっているものです。そのままカーテンレールに吊るすと重みでカーテンレールに負担がかかり固定ネジが緩んだりネジ穴が広がったりしてしまいます。カーテンレールも下側に角度が付き、カーテンの裾が床に付き、汚れる原因になります。

丈夫なカーテンポールや軽いカーテンなら、そのまま吊るせば自重でシワが伸び乾燥時間も短く済みます。重いカーテンは2本の物干し竿に広げてM字に干すと良いでしょう。直射日光が当たらないように裏側にして干すのがおすすめです。完全に乾ききる前に、ある程度乾いたらカーテンレールに吊るしても大丈夫です。

部屋の空気が変わる!?カーテンをきれいに洗濯して快適に

カーテンは部屋の中でも大きな面積を占めるファブリックです。レースのカーテンは常に使う人も多いですし、厚地のカーテンも一日のうち多くの時間使っているでしょう。住んでいる人はなかなか気づかないものですが、布製品ですので食事のさまざまなニオイが染み付いている場合もあるものです。洗濯をしてさっぱりときれいになったら、今までの部屋の空気も変わり爽やかな気分になりますよ。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING