キッチンがスッキリ便利になる! 簡単収納アイデアを紹介

いえしごと

使いづらいキッチンはもしかして収納のせいかも?

お家の中でも、キッチンは毎日使うだけあって特に散らかりやすい場所ですよね。使った後に片付けても、またすぐにゴチャゴチャしてしまう方が多いのではないでしょうか。

もしかしたら、モノを取り出しにくい収納になってしまっていることが散らかりやすい原因かもしれません。本記事では、既存の収納スペースに詰め込むのではなく、使いやすさを考えた収納を取り入れる方法を提案します。

キッチンを使いやすくする収納アイデア6選

キッチン収納のポイントはたった1つ。それは、モノを使いやすくすることを意識して収納することです。

空いているスペースに闇雲に詰め込む収納ではなく、モノを使う時の見つけやすさ、取り出しやすさを意識した収納方法を取り入れることで、キッチンは格段に使いやすくなります。ここでは、そんな便利なキッチン収納のアイデアを6つ紹介します。

コの字ラックで扉タイプのシンク下の空間を無駄無く使う

シンク下のスペースはキッチンの中でも大きな割合を占めるスペースですが、意外と使いこなせず、デッドスペースが生まれやすい場所でもあります。

特に扉タイプのシンク下スペースは高さがあるので、そのままでは空間の上の部分がデッドスペースになってしまいます。排水管があるので、それを避けて収納しなければならず、煩雑になりがちです。

コの字ラックを使うことで、シンク下の空間を縦に分割することができ、ただ積み重ねただけでは取り出しにくくなる鍋やフライパンもスマートに収納できます。また、排水管を避けて設置できる棚など、空間を有効活用するための商品も多くあるので、取り入れるだけで一気に使いやすいシンク下になります。

引き出しをファイルボックスで区切る

キッチンの食器棚やシンク下に、大きな引き出し収納がある家庭も多いでしょう。深い引き出しは高さのあるボトルなどを立てて収納するのに便利なスペースですよね。

しかし、モノを引き出しから出し入れするたびにボトルが倒れたり煩雑になったりするという欠点もあります。そこでファイルボックスが便利です。

引き出し内の大きさを採寸し、合った大きさのファイルボックスを購入して設置します。そうすることで、高さのあるモノを整然と収納することができるのです。瓶だけでなく、パスタや、鍋の蓋など様々なモノの収納に便利な仕切りになります。

調味料などの汚れが、引き出し内に直接つくことも防いでくれます。汚れても、洗剤をつけて丸洗いができるので、常に清潔に保つことが可能です。

突っ張り棒を使って吊り下げスペースを作る

キッチンツールでも特に使用頻度の高いおたま、へら、さいばし、トングなどはどこに収納していますか? 引き出しの中に入れてしまうとわざわざ取り出すのが手間なので、立てて収納する方が多いですが、ボックスの中に埃がたまったり倒れたりとトラブルも起こります。そこで、突っ張り棒を使った見せる収納をおすすめします。

調理スペース付近に突っ張り棒を設置しフックをかけ、キッチンツールを吊り下げ収納します。こうすることでどこに何があるのかも一目瞭然。調理中にサッと必要な道具を取って使うことができるので、毎日の料理の効率アップにもつながりますよ。

冷蔵庫にマグネットで取り付ける収納グッズを使う

最近、冷蔵庫にマグネットで取り付ける収納グッズがさまざまに販売されています。流行中のマグネットタイプのスパイス容器の缶は、スパイスだけではなく、輪ゴムを入れるなどしても便利に使うことができます。

また、マグネットで取り付けるタイプの収納グッズには様々な大きさや形の棚があります。特に、ラップやアルミホイルを立てて収納できるグッズが人気を集めています。

便利なのでなんとなく購入してしまいがちですが、だからこそ用途を決めてから大きさを考えて購入することでより便利なキッチンになります。

冷蔵庫の上を収納スペースとして活用する

忘れられがちな冷蔵庫の上も有効活用できます。減災の観点から、重たいモノは避けましょう。

例えば、集めているレジ袋などの収納ボックスを載せてみてはいかがでしょうか。その場合、収納ボックスには紙製などの軽い素材のボックスをおすすめします。

何が入っているか分かるようにラベルを貼る

料理は手際が命と言います。瓶やボックスの中に何の食品や調味料が入っているかをパッと見て分かるようにすると、作業が格段に捗ります。これは冷蔵庫の中や、棚の上、引き出しの中などすべての収納に共通して言えることです。

100円ショップにもオシャレなラベルが並んでいますので、コスパ重視の方にもおすすめ。ぜひ手持ちのモノにラベリングして、一目で中身が分かるように工夫してみてください。

ひと工夫で使いやすいキッチンへ

キッチンは毎日使う場所。工夫して使いやすくすることで料理も楽しくなるでしょう。

便利な収納グッズはたくさんありますが、用途を決めてから大きさを考えて購入することもポイントです。日頃キッチンを使う中で「不便だな」と感じることを、自分に合ったグッズやアイデアで一つずつ解決しながら取り入れていきましょう。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING