おしゃれ上手は収納上手! 衣類のしまい方のコツを紹介

着たいときに着たい服を取り出せていますか?

お出かけ前の身支度で洋服を選ぶとき、「あの服どこだったかな」「たくさんの洋服を持っているはずなのに、いつも同じコーディネートで出掛けてしまう・・・」と思った経験はありませんか?

衣類の収納にちょっとしたコツを取り入れることで、そんな悩みを解決することができるかもしれません。今回は、誰でも取り入れられる衣類の収納のコツを紹介します。

衣類をしまう前の準備

衣類を収納スペースにしまう前に、ちょっとした準備をすることが今回紹介するコツの一番のポイントです。その準備とは、自宅の収納スペースの状況の分析。具体的には、「衣類を収納できるスペースの大きさ」と「そこにしまえる衣類の量を把握する」ことです。

この2つをおさえることで、自分に合った無理のない収納をかなえることができます。さっそく見ていきましょう。

衣類の収納スペースを分析しよう

まずは、衣類の収納スペースを計測しましょう。このデータをしっかり取っておくことで、自宅にぴったりの収納グッズを選ぶことができます。

逆に、収納スペースの大きさを測らずに店頭で収納グッズを購入してしまうと、大きさが合わずに失敗ということにもなりかねないのでこのステップは外せません。押し入れやクローゼットのサイズだけでなく、ハンガーを掛けるポールの長さも忘れずに測っておきましょう。

シーズンごとに収納できる衣類の量を把握しよう

収納スペースを計測したら、次は自分の持っている衣類の量を把握しましょう。持っている衣類を全て出します。衣類は基本的にシーズンごとに分けてしまうことになるので、自分が持っている服がシーズンごとにどれくらいあるのか、分けて数えてみてください。

その段階で、計測したスペースに対して服の量が多すぎる場合、いる服といらない服の選別もしておきましょう。今後服が増えることも考えて2割ほどスペースに隙間ができるように量を調整しておくのがベストです。

分析したスペースに効率的に収納しよう

自宅の衣類収納の状況を分析したら、いよいよコツを取り入れながら収納していきましょう。

「吊り下げ収納」のコツ、「衣装ケース」を選ぶときのコツ、「服の畳み方」のコツの3つに分けて紹介します。大掛かりなことをしなくてもいつもの収納に簡単に取り入れられるコツばかりなので、早速実践してみてください。

吊り下げ収納のコツ

衣類の吊り下げ収納は、ハンガーが大きなポイントです。まず、ハンガーは同じ種類や近い形状のもので統一するのがおすすめ。さまざまな形のハンガーを使用すると、かさばりやすくなってしまうためです。

特にハンガーの高さがバラバラだと、衣服の重なり方も煩雑になり出し入れしづらくなってしまいます。また、ハンガーがそろっていることで見た目もスッキリして見える効果があります。

ハンガーもいろいろなタイプがありますが、収納力を重視するなら、できるだけスリムでかさばらないものを選びましょう。大人は肩幅の大きさも決まっているので、一度自分にぴったりのサイズのものをまとめ買いするのもいいかもしれません。

衣装ケースを選ぶときのコツ

衣装ケースを選ぶときは、そこにしまう服がどれだけかさばるかを考えるのがコツです。単に大きければいいというわけでもありません。例えば、大きすぎる衣装ケースに靴下など小さめのものを入れてしまうと、探すスペースが広く、目当てのモノを探し出すのに苦労してしまいます。

衣装ケースは高さに色々なサイズがあり、大きく分けて18cm前後のもの、23cm前後のもの、30cm前後のものとありますが、売り場に行くと迷ってしまいますよね。そこで、最初の分析で自分の服を把握しておいたのが、ここで役に立つのです。

このように、自分の持っている衣服に合わせて選ぶことで、より探し出しやすくなります。

服の畳み方のコツ

服の畳み方にも実はコツがあります。多くの人が左右の袖を折るところから畳みはじめますが、その畳んだ際の横幅を衣装ケースなどの収納スペースに合わせるようにします。通常どおり折ったら、スペースに合わせて2つ折りか3つ折りにします。

横幅をスペースに合わせて畳んだ衣服は、立てて収納しやすくなります。立てる収納は見た目に美しいだけでなく、ぱっと見で衣類が探しやすくてとても便利です。

シャツやトレーナーなどの大物だけでなく、スペースによってネクタイやショーツなどの小物にも応用できる優れワザです。

衣類収納を工夫しておしゃれ上手に

今回紹介した収納の一番のコツは自宅の分析です。収納スペースと衣類の量を把握し、適切な大きさの衣装ケースに収納することで、「着たいときに着たい服を取り出せる」クローゼットになり、おしゃれの幅も広がるはず。

誰でもすぐにできる簡単なものばかりですので、ぜひトライしてみてください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING