ガスコンロをピカピカに! 手軽な掃除方法やコツを紹介

いえしごと

ガスコンロには頑固な汚れが溜まりがち

ガスコンロには油汚れや、ふきこぼれた料理の跡やそれらの焦げ付いた跡などの、頑固な汚れがたまりがちです。年に一度の大掃除やキッチンの掃除の際に、“一番の難所”となる場所と言っても過言ではありません。この記事では、それらの汚れを台所用の中性洗剤やスポンジ、メラミンスポンジなど身近なものを使って掃除する方法やコツを紹介します。

※スポンジや洗剤を使う際は、必ず製品の注意書きを確認の上、ご使用ください。

ガスコンロの掃除方法

五徳を外す

ガスコンロの火の出る部分の上に、ヤカンや鍋などを乗せるための台があります。これを五徳(ごとく)と言います。五徳の形はメーカーや製品によってさまざまです。

五徳はガスコンロの部品の中でも特に汚れや焦げの付きやすい部品の一つです。料理の後すぐに掃除をする場合は、ガスコンロの火を切り、時間が十分に経って、五徳や本体が冷めてから外しましょう。多くの場合、この五徳は上にそっと持ち上げるだけで簡単に外せます。外せる部品は外して、本体と別々に掃除した方が効率的です。

グリル皿やグリル用の焼き網を取り出す

ガスコンロに魚焼きグリルなどが付いている場合は、グリル皿やグリル用の焼き網などの部品を取り出しましょう。グリル皿は、取っ手の部分と皿の部分を外し、分けて洗った方が細部まで洗えます。簡単に外せる場合もありますので、製品の取扱説明書などを見て、外せる場合は全て外しておきましょう。

五徳やグリル皿などの部品を洗う

五徳やグリル皿、グリル用焼き網など、外した部品をそれぞれ洗っていきます。

中性洗剤とスポンジで洗う

硬い金属タワシなどでこすると部品に傷がついてしまうので、傷がつかないように柔らかいスポンジを使い、優しく汚れを落とすことが大切です。軽い汚れなら、これだけで簡単に落とせます。洗い終わったらぬるま湯ですすぎ、ふきんで乾拭きしましょう。

メラミンスポンジを使う

100円ショップやホームセンターなどで売っているメラミンスポンジをお湯で濡らし、中性洗剤をつけてこするのもおすすめです。五徳やグリルの油汚れもより落としやすくなります。

食器洗浄機で洗う

食器洗浄機がある家庭なら、小さな部品は食器洗浄機にかけると、簡単に汚れが落とせて便利です。

部品の汚れがひどいときは、つけ置き洗いや煮洗いも

部品の汚れがしっかりこびりついていて、食器洗浄機や手洗いで落とせない場合は、つけ置き洗いや煮洗いも試してみましょう。

つけ置き洗い

お湯を入れた鍋やシンクに、五徳やグリル皿、グリル網などをつけておきます。冷ましてから部品を柔らかいスポンジや、メラミンスポンジなどでこすって汚れを落としましょう。

煮洗い

つけ置き洗いで汚れを落とせない場合は、煮洗いという方法もあります。大きな鍋に部品を入れ、汚れの度合いに応じて煮洗いする時間を調整し、その後火を止めて冷ましてから、スポンジやメラミンスポンジでこすって洗いましょう。普通のつけ置き洗いより、更に汚れが落としやすくなりおすすめです。

どちらも熱いお湯を使うので、十分に注意してください。

ガスコンロ本体の汚れを落とし、部品を元に戻す

最後に、ガスコンロ本体の汚れを落としていきます。

トッププレート

トッププレートの汚れは、中性洗剤を付けた柔らかいスポンジ、またはメラミンスポンジで優しくこすり、その後、お湯で濡らしてよく絞ったふきんで拭きます。

グリル庫内

グリル庫内についた汚れは、柔らかいスポンジやふきんで拭きとり、お湯で濡らしてよく絞ったふきん、乾いたふきんの順で拭きます。汚れが落ちたら、五徳やグリル皿などキレイにしておいた部品を、元通りに取付けたら完了です。

新しい部品に交換してしまうのも1つの方法

あまりにも汚れがひどく、掃除で汚れを落としきれないときや、掃除の手間を時短したいときなどは、思い切って新しい部品を購入して交換してしまうのも一つの方法です。

ガスコンロメーカーでは、
・五徳
・しる受け皿
・バーナーキャップ
・バーナーリング
・グリル皿
・グリル網
・グリル排気口カバー
などの部品を販売していることもあります。

インターネットで簡単に注文できる場合もありますので、使用しているガスコンロの型番を確認し、メーカーのホームページをチェックしてみましょう。

IHクッキングヒーターの場合

IHクッキングヒーターの場合、掃除は一気に簡単になります。IHクッキングヒーターのトッププレートは、ほとんどの場合平面で、外す必要のある部品が無いことが多いためです。

トッププレートに汚れが付着した場合は、ヒーターが冷めていることをよく確認します。そして、中性洗剤をつけたスポンジや、メラミンスポンジで優しくこすり、汚れをとりましょう。汚れが取れたらお湯で濡らして固く絞ったふきんで、洗剤を拭きとります。

ガスコンロをピカピカにして、コンロも長持ち

ガスコンロはキレイに使うことで、寿命を延ばすことができます。また、余分な焦げ付きが無いと燃費が良くなることも期待できます。キレイなキッチンは、自分自身や家族も使っていて気持ちがいいものです。ガスコンロをキレイに保ち、楽しく美味しい料理を作りましょう。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND