乾くのが早くなる! 洗濯物の干し方のコツ

洗濯物は干し方次第で乾くのが早くなる

皆さんは、洗濯物をどのように干していますか? 普段なんとなく干していて、洗濯物が乾くのが遅いと感じたことはありませんか? 洗濯物が乾くのが遅いと、シワができやすくなったり、イヤな臭いがしてくることがあります。

実は、洗濯物には乾くのが早くなる干し方があるのです。そこで今回は、洗濯物の干し方の基本と、洗濯物が早く乾く干し方のコツを紹介します。

洗濯物を干す前に

脱水が終わったらすぐに取り出す

まずは、洗濯物を洗濯機から出すところから。シワ無くきれいに乾かすためには、脱水が完了したらすぐに洗濯物を取り出し、干していくことが重要です。

洗濯表示を再確認

次に、洗濯表示を見て、日向か日陰のどちらで乾かすかを確認します。

シワをのばしながら干す

洗濯物を干す際は、まず振りさばいて全体的な粗ジワをのばします。それから、細かいところのシワを、軽く手で叩いたり引っ張ったりしてのばしながら洗濯物を干していきます。この早い段階でシワをのばし、形を整えることが衣類の形をきれいに保ち、なおかつ早く乾かすためのポイントです。

洗濯物が乾きやすい環境のポイント

天日干しはよくても、部屋干しだとなかなか乾かない印象がありませんか? でもコツさえつかめば大丈夫です。ここでは、洗濯物が乾きやすい部屋にするポイントを紹介します。

まず、エアコンや除湿機などを駆使し、温度を高く、湿度は低くしてください。そしてさらに、風通しをよくします。扇風機などがあると効果的です。風が直接衣類に届くように配置も工夫するとよいでしょう。洗濯物の下に丸めた新聞紙を置くのも除湿に効果があります。

この環境づくりにさえ慣れてしまえば、部屋干しはとても便利な方法です。天候を気にしなくてもよく、花粉などを避けることもできます。

洗濯物の干し方の基本

洗濯物を干す時に必ずおさえておきたい基本を紹介します。

洗濯物は密集させない

たくさん干したいからといってギュウギュウに詰めてしまうと、生乾きの部分ができかねません。必ず重ならないように離して干しましょう。

洗濯物はアーチ状に干すべし

どういうことかというと、外側にいくほど長い洗濯物を、内側にいくほど短い洗濯物を干すということです。こうすることで、中央に風の通り道ができて乾きやすくなります。

厚手の生地は裏返す

ジーパンなどの厚い生地のものは裏返して干すとより早く乾くと言われています。ぜひ試してみてください。

干し方をさらに工夫しよう

洗濯物の干し方の基本のところで、重ならないように離して干すとありました。これを実際にやってみようとすると、意外と難しいのが現実です。例えばタオルケットなどの大きなものは、どうしたら布同士が密集せずに干せるのでしょうか。

ここでは、洗濯物を乾きやすくするための更なるテクニックをいくつか紹介します。

じゃばら干し

じゃばら干しは、自宅の洗濯物を干すスペースが狭くて困っている方におすすめの方法。バスタオルやシーツなど長くて地面についてしまいそうな大きな洗濯物に効果的です。

角形ピンチハンガーを使って、洗濯物の片端を上にして、うねうねとじゃばらのようになるように干していきます。こうすることで大きい洗濯物でも重ならず乾きやすい上に、省スペースにもなるという干し方です。

M字干し

M字干しは、物干竿が2本あればぜひやっていただきたいテクニック。こちらもタオルケットや毛布などの大きくて特に乾きづらい洗濯物に効果的です。

文字通り、洗濯物がM字になるように2本の物干竿をまたいで干すやり方です。この干し方をすると、洗濯物にしっかりと風の通り道ができ、通気性が高くなり洗濯物を効率的に乾かすことができます。

三角干し

物干竿が1本しかない人にはこの方法がおすすめ。洗濯物の角が下を向くように、逆三角に干します。その際、2つの三角形の頂点はずらすようにしてください。下を向いた三角形の角に向かって水分が集中するので、全体が乾きやすくなります。

物干竿がなくても、ベランダの縁に掛けることで実践できそうですね。

筒状干し

ズボンやスカートなどの筒状になっている衣服はそのまま干すと布同士が密着して乾きづらくなります。この場合は筒状干しというテクニックを使いましょう。裏返してピンチハンガーで筒状になるように吊り干しにすると、中に空洞ができて通気性が高まります。

また、ズボンやスカートに付いているポケットは乾きにくいので、出しておくと乾きやすくなって効率的です。

肩掛け干し

バスタオルをハンガー1つで干す場合は、半分に折って干すのではなく、肩掛け干しという干し方がおすすめです。

その名の通り、ハンガーの肩の部分に羽織らせるようにバスタオルを掛けます。布同士が重なる部分が減り、中央がアーチ状になるため、風通しがよくなり、効率的に乾かすことができるのです。

洗濯物を干す際の少しの工夫で大きな時短に

湿気の高い季節には洗濯物が特に乾きづらくなります。乾きづらい時には、風通しなどの環境づくりや、干し方を工夫してみてください。早く乾くことでシワもできにくくなり、不快な臭いがしなくなります。洗濯物の乾き方が改善すれば、毎日がもっと快適になること間違いナシです!

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING