家の中もベタつきがち 湿気に負けない掃除のコツ

雨が多いと家事をするのがおっくうになることはありませんか? 体も床もなんだかベタベタしてやる気も半減…。しかし、湿度の高い時期こそ掃除に向いている場所があるのです! 梅雨は掃除のチャンスと思って、家中をピカピカにしてしまいましょう。

湿度の高い時期こそ、掃除したほうが良い場所がある

乾燥している時期と違い、湿度が多いからこそ掃除に向いているのには理由があります。「静電気が発生しないため埃が取れやすくなっている」、「カビなどの飛散が抑えられている」、「夏から秋に多く発生するダニの予防ができる」という3つがその理由です。では、どんな場所が梅雨の時期の掃除に向いているのでしょうか。

1.湿度の高い浴室&洗面所はカビ取りの大チャンス

普段からカビの生えやすい浴室。乾燥している時期はカビの胞子が飛びやすいので、胞子の飛びにくい多湿の時期はカビ取り&予防のチャンス。ウェットシートなどを使って拭き掃除をし、しっかりと換気をしてからカビ予防剤を使えば完璧です。

2.カーペットやソファは埃やダニ、繊維や砂塵を取り除いて

目に見えない微細な埃、外から入ってくる砂埃など、家の中や空気中にはゴミがたくさん! しかし、湿度が多ければそういった埃などが舞い上がらないので、家具をどかしての掃除にも向いているのです。はたきなどを使い上から下へ汚れを落としたら、しっかりと隅々まで掃除機をかけましょう。エアコンの上やテレビ周りなど、静電気の起こりやすい電化製品周辺も、溜まった埃を落としやすくなりますよ。

3.小雨の日は窓ガラスの堆積汚れを落とすベストデー

どうせ濡れてしまうから、雨が多い時には窓や網戸を掃除しても無駄だと思っていませんか? 乾燥していると埃などが付きやすいのは屋外も室内も同様です。大雨の日は避けるべきですが、曇りや小雨の日は蓄積された窓や網戸の汚れを取るのに向いています。新聞紙を当てながら掃除機で網戸の埃を吸い取ったり、専用のウエットシートなどを使ったりして汚れを落としましょう。

毎日の掃除にひと手間プラスしたい2エリア

雨が降っている、いないに限らず掃除の頻度が多いフローリングやキッチンは、この時期だからこそひと手間加えることで、毎日スッキリと安心して過ごすことができます。

フローリングのベタつきは昔ながらの雑巾掛けが効く

湿気と足の裏の皮脂などが原因でベタつきを感じやすいのが、フローリングやタイルの床。掃除機をかけるだけでは解消できない不快感を取るためには、拭き掃除が効果的です。ウェットシートでもサラサラになりますが、週に1度、時間がある時だけでもよいので、固く絞った雑巾でしっかりと床を拭くのがおすすめです。

水滴は残さず、徹底除菌で食中毒も防ごう

重曹やクエン酸をかけてシンクの中をピカピカに磨いたり、除菌シートで作業台を拭いたりするのが有効ですが、「掃除後の水分を残しておかないこと」が重要です。乾いたフキンで隅々まできちんと水分を取り、カビなどの増殖を防ぎましょう。

“気付いたらこまめに掃除”が快適な家をキープするコツ

家の中までくすんで見えてしまう雨や曇りの日こそ、少しだけ気合を入れて掃除すれば部屋の中も気持ちもスッキリしますよ。面倒に感じることを少なくするためには、すぐ使える場所に掃除道具を用意しておくだけで、こまめに掃除することができますし、綺麗な家をキープできます。

※画像はイメージです。
※2020年7月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING