布団を洗おう! 夏こそ大物洗いに挑戦

毎日使う敷布団や掛け布団。最後に洗ったのはいつだか覚えていますか? シーツ類は洗うけれど、布団は洗った記憶があまりないという方も多いのではないでしょうか。実はたくさんの汗を吸っている寝具は定期的に綺麗にすることがとても大切です。自宅でできる布団ケアの方法を知っておいて損はありませんよ。

布団や枕が汚れているかどうかは体調でもチェックできる

 
最近布団に入るとくしゃみが出たり、規則正しい生活を送っていて、スキンケアにも気を使っているのに肌荒れが治らないという場合は、布団に雑菌が繁殖している可能性があります。寝ている間にかく汗や皮脂を餌としてダニや雑菌が体に悪影響を与えているかもしれません。

カバーの洗濯は週に1〜2回が必須

 
布団そのものを洗うのが難しい場合でも、枕カバーや掛け布団カバー、シーツなどは最低でも週に1〜2回は洗濯することをおすすめします。汗や皮脂などが最も付着しているので、こまめに洗うことで大半の汚れは落とすことができます。また、天気が良くカラっと晴れた日には寝具を天日干しするよう心がけましょう。

掃除機や布団乾燥機もフル活用

 
ダニの死骸や寝具に付いた汚れは、掃除機や布団専用掃除機などで吸い取ることでも効果があります。また、ダニは50度以上で死滅するといわれているので、布団乾燥機を使ってから掃除機をかけるとより効果的です。

洗濯表示と洗濯機のサイズを確認しよう

 
自宅やコインランドリーなどで布団を洗う前に、まずチェックしたいのは洗濯表示部分です。手洗いマークや洗濯機マークにバツ印がついている場合は自宅での洗濯は不可なので、プロにお任せしましょう。洗ってしまうと布団が傷むだけでなく、使えなくなる可能性もあるので注意が必要です。また、洗濯OKの印でも“キルティング加工されていない”敷布団は型崩れしてしまうので自分での洗濯は控えましょう。

次に洗濯機のサイズ確認も重要です。5kgサイズの洗濯機ならシングルサイズまで、7〜8kgはセミダブルサイズまでが洗濯できる目安になります。

自宅洗いは大きなネットを用意してすすぎまで洗濯機にお任せ

 
布団の傷みを最小限に抑えるために、布団用の洗濯ネットを使用しましょう。敷布団の中綿の偏りを極力避けることができます。洗濯ネットが見つからない場合は、布団をぐるりとまるめて麻紐で何カ所か縛って固定します。

洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を使い、毛布コースや手洗いコース、おしゃれ着コースですすぎまで行います。脱水は洗濯工程で布団が最も傷む時なので、一気にではなく、1分ごとにチェックしながらゆっくりと行いましょう。干す時には段差のある物干し竿を使ってできるだけ広い面が空気に触れるようにしてください。

夏場は極力朝のうちに洗濯を済ませ、できるだけ長い時間太陽に当てるようにします。

しっかり除菌したいなら乾燥だけでもコインランドリーへ

 
厚みのある布団類は中までしっかりと乾いているのか、少し心配になりますよね。その場合は、乾燥だけでもコインランドリーに持っていくのがおすすめです。高温で乾燥することにより除菌効果も高まります。水気を吸った布団は持ち運ぶのも大変なので、ある程度外干しで乾燥させてからのほうが、コインランドリーの使用時間も短くてすむため節約にもつながります。

大きいサイズや重い布団は初めからコインランドリーが便利

まとめて一気に布団を洗濯したい時やサイズの大きいものの場合は、コインランドリーを活用するほうが負担も少なくてすむでしょう。敷布団1枚、掛け布団1枚のセットなら、洗濯からすすぎまでで500〜900円。乾燥まで入れても合計2,000円程度で洗濯することができます。かかる時間は2時間弱なので、その間に買い物をすませるなどして時間を上手に使いましょう。

布団の洗濯頻度は年に2回を心がけよう

日々のこまめなケアだけでなく、洗濯&乾燥も年に2回は行って布団を清潔に保つのが健康のためにもおすすめです。春夏、秋冬で敷布団も掛け布団も替えているなら、プロのクリーニングに頼み、そのまま次のシーズンまで保管してもらう方法もあります。布団1枚で1万円弱かかりますが、その分購入したてのようなふかふかの仕上がりが手に入りますので検討してみてはいかがでしょうか。

※画像はイメージです。
※2020年8月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND