買い過ぎ・ムダもゼロに! 日用品・ストック食材をスッキリ収納するスペース整理術

家にいる時間が長くなったこともあり、買い物に行くと、つい食材や日用品を少し多めに買うようになった方も多いと思いますが、「買い過ぎて収納がいっぱい!」なんてことになっていませんか? 掃除の時などに、なんだか物が多いなと感じたら、それは整理整頓のチャンスです。「スペースに合わせる」技で、使い勝手の良い“スッキリ収納”を目指してみましょう。

まずは収納に便利なアイテムを準備

使用頻度の高いキッチングッズや掃除アイテムなどは、それぞれのスペースを有効活用して、上手に組み合わせて入れることがポイントです。まずは身近に手に入る、収納スペースを管理するための便利アイテムを用意しましょう。購入する際に大切なのは、入れる場所のサイズをきちんと把握しておくこと。パントリーや冷蔵庫の中、キッチン収納や洗面所など、整理したい場所をいったん空っぽにして、スペースのサイズをチェックしてみてください。そのサイズ(高さも忘れずに!)と収納するものをメモしたら、そこに使うアイテムを買いに行きましょう。

・書類用ファイルボックス
・突っ張り棒
・収納ケース
・タッパーなどの保存容器
・紙袋

アイテムはあくまでも“スペースを有効に使うもの”と心得る

どれだけ使い勝手の良い家でも「収納スペースの細部まで思い通り!」とはいかないもの。そんな時に役立つのが、先ほどのアイテムです。“高さのあるスペースは突っ張り棒を使って2段にする”、“仕切りのない場所はファイルボックスや収納ケースで区分を作る”などの方法で、より管理もしやすく、見栄えも良い収納にすることができます。では、「スペースごと」「物ごと」に見ていきましょう。

食材の収納は期限を把握することが大切

野菜類や買い置き用の食材は、気付いたらしおれていたり、消費期限がギリギリになっていたりと収納要注意の物です。“鮮度がきちんと目に見える”整理を目指しましょう。

買い置き食材は消費期限が見えるように立てて収納を

キッチン下やパントリーなどに買い置き食材を補完する際は、高さのある書類用のファイルボックスや収納ケースなどで、食材をジャンルごとに分けて収納するのがおすすめです。安定性の低いレトルトパックなども、ある程度の高さの仕切りがあれば、スッキリ並べられます。その際、消費期限の短いものを手前にし、日付が見えるよう重ねずに立てて並べましょう。重ねてしまうと、下に置いたものを無駄にしてしまう要因になります。

また、食品は通気性も気になるところ。収納ケースは、メッシュタイプのものがあれば、そちらを選びましょう。

冷蔵庫の野菜室は紙袋を使って“育った姿勢”をキープ

野菜の鮮度を保つには、“育った時と同じ姿勢”をキープすることが大切。青菜やにんじん、大根など、日常使いする多くの野菜は、寝かせるよりも立てておくのが良いでしょう。また、冷気による水気がつかないようにするためには、吸水性の良い紙袋がぴったり。ビニールコーティングされていない紙袋などを仕切りとして使い、野菜ごとに仕分けをしてみてください。

お掃除グッズの収納は“取り出しやすさ”を優先

綺麗な家をキープするために、掃除や片付けはこまめにやりたいもの。そのためのグッズは、簡単に取り出せるとうれしいですよね。使う用途や場所別に、分かりやすく、出し入れしやすくしまっておけば“少しの汚れだから”と後回しにせず、ささっと掃除に取り掛かれます。

洗剤などのストックはサッと手に取れるように

洗濯やお風呂、トイレ掃除に使う洗剤を、洗面台の下などにまとめている方は、その収納場所が引き出し式か、扉タイプかで収納方法を変えてみましょう。引き出し式ならば、食材同様にファイルケースに入れて並べるのがスッキリさせるコツ。扉タイプの場合は、正面からストックを確認することになるので、低い収納ケースなどを活用し、ラベル等を見やすく並べるようにしましょう。

高さのある扉タイプ収納は、突っ張り棒が活躍

洗面台の下が扉タイプの収納の場合、水道管の手前に、縦に広い空間がぽっかり空いていませんか? こうしたデッドスペースも上手に活用しましょう。突っ張り棒2本を少し間隔を開けてセットすると、そこに物を載せたり、スプレータイプの洗剤なら引っ掛けたりすることができます。下に置いた物とぶつかったり、見えなくなったりしないように、高さや位置は調節してください。

ストックは高さ管理で“すべて見える化”しておきましょう

ついつい多めに買ってしまったストック食材&グッズも、見た目スッキリに使い逃すことなく収納しましょう。収納アイテムは入れる物に合わせて高さを工夫し、ラベルや日付を明確に取り出しやすくしておけば、今後の買い過ぎ防止にもつながりますよ。

※画像はイメージです。
※2020年12月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。