賢く引っ越ししよう! 相場よりも費用を抑えるテクニック

新入学に就職、転勤と、新生活をスタートさせる人が多い春。そのため3月~4月は引っ越しも多く、業者も最繁忙期のため、費用も年間で最も高くなります。ただ、そんな中でも、見積もりの取り方などで費用を少しでも抑えることができるかもしれません。引っ越しにかかる初期費用や気になる相場、そして値引き交渉のテクニックなど、知っておきたいポイントをご紹介します。

相場の高い春。まずは“引っ越し日”を調整してみよう

引越し

例年3月~4月は引っ越しのトップシーズンです。5月〜2月のいわゆる“オフシーズン”といわれる時期より、相場もかなり高くなる傾向があります。とはいえ、お仕事の都合などで引っ越しせざるを得ないのであれば、土日や祝日よりも平日を狙ったり、また長距離引っ越しではない場合は、人気のある「午前中からの引っ越し」を避けて午後から、もしくは時間帯を設定しないプランがおすすめです。

引っ越し費用の大体の目安ですが、3人家族でトップシーズンに引っ越しをする場合は、同市区町村内程度の距離で10万円・同県内程度で15万円・同一地方で20万円程度が引っ越し料金の相場といわれています。これも目安ですが、オフシーズンの場合、同じ3人家族で同市区町村内は7万円・同県内で10万円・同一地方で10万円程度。最大で10万円程度も費用が変わることになります。

見積もりの取り方にもテクニックが。ココを押さえて料金交渉にもトライ

引越し見積もり

大まかな目安はあるものの、引っ越す距離や運ぶ荷物の量、戸建てかマンションか、またエレベーターの有無などによっても当然費用は変わります。まずは見積もりを取ることが引っ越しの第一歩。この時、引っ越し業者が決まっていないなら、ネットなどで「一括見積もり」をしてみてください。多数の引っ越し業者から電話がかかってきますが、業者によって見積もりで提示される金額には差があります。一括見積もりを活用しなくても、ピックアップした数社(3~5社程度)の引っ越し業者に電話やネットで見積もり依頼をしましょう。ここでは料金交渉のコツを3つご紹介します。

コツ1. 気になる引っ越し業者は最後に訪問見積もりに来てもらう

訪問見積もり

ネットや電話などで出された見積もりで、どこか1社に絞り込むのはなかなか難しいもの。次のステップでは絞り込んだいくつかの引っ越し業者に、訪問見積もりを依頼してみてください。この時、来てもらう順番として「一番気になる業者は最後に」来てもらうのがおすすめです。先に来てもらったところの条件を把握しておくことで、料金交渉も行いやすくなります。

コツ2. 即決を迫られても断ってみる

訪問見積もり

「即決してくれたら、いくらか安くしますよ」と、訪問見積もりで言われることも少なくありません。ただ、本当にその金額と内容に納得できるのなら良いですが、もっと良い条件の業者がその後に現れたら? ここはグッと堪えて「即決」はお断りしてください。もし食い下がられてしまった場合は「家族で相談して決めることにしているので」などと告げて、即答は控えたほうが良いでしょう。

コツ3. 見積もりはオープンに難しければサービス追加をする

エアコン,引越し

引っ越しの料金値引きや交渉をする際は、“着地点”を決めておくことが大切です。いくらまでなら納得の金額か、料金値引きが難しい場合はどんなサービスをつけてほしいかなどを、事前にリストアップしておきます。また、最も気になる引っ越し業者には、他社の見積もりを見せて料金交渉してみるのもいいでしょう。もちろん、他社より必ず安くしてくれるという保証はありませんが、「他社の方が安いので迷っています」と言って交渉してみるのもテクニックのひとつです。
料金以外のサービスとしては、通常有料となるテレビなどの配線や、無料でもらえる段ボールを増やしてもらうなどの交渉をしてみましょう。引っ越し業者も、無駄に長い交渉は避けたいものです。「御社に決めたいのだけど…」という態度を見せるのもお忘れなく。

引っ越し費用が確定。そのほかにかかる費用ややるべきことは?

チェックリスト,住宅

新しい住居に移るための費用は、引っ越し費用だけではありません。賃貸の場合は敷金や礼金、仲介手数料なども必要になりますし、引っ越し時に出る粗大ゴミの処理などに料金がかかる場合もあります。引っ越しの見積もりだけに囚われず、そうした“プラスα”の出費もきちんと頭に入れておきましょう。
また、家の掃除や荷物の片付けに夢中になり意外と忘れがちなのが水道やガス、電気などの手配。新居の契約の手配はもちろん、退去の際の段取りもあります。チェックリストなどを作っておくと便利です。

まとまったお金が必要になるからこそ、上手に節約をしよう

新居への引っ越しと新しい生活。ワクワク感ももちろんありますが、それ以上に大変なことがたくさんあります。新しいものを買いそろえるなど、転居や新生活には思わぬお金が必要になります。「春は繁忙期だから…」とあきらめずに、出来るだけ出費を抑えるためにも、さまざまなやり方で“賢い引っ越し”を目指してみてください。

※画像はイメージです。
※2021年2月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。