給湯器が壊れたら…寿命・交換時期や費用、もしものための基礎知識

「最近、給湯器の調子が悪いな」と感じたら、それは交換時期を示すサインかもしれません。給湯器が故障して機能しなくなるその前にしかるべき対応ができるように、この記事では給湯器の寿命や交換時期に起きるトラブルの症状、また買い替えるときにチェックしておくべきポイントもご紹介します。

給湯器の寿命は「10年」が目安

給湯器1

給湯器を扱うメーカーでは「設計標準使用期間」というものを設定していて、それによると給湯器の寿命は10年とされています。設置している場所や使用頻度にもよりますが、だいたいの給湯器は10~15年で寿命を迎えます。なお、10年を経過した給湯器が故障した場合は、パーツ製造が終了しているなどの理由から修理対応ができないケースもあります。また、対応できても修理代がかさみ、買い替えたほうが経済的な場合もあります。

給湯器の寿命・交換時期を告げる4つのサイン

給湯器2

給湯器の交換を検討する時期は寿命を迎える前、約7~8年目を目安にするといいでしょう。給湯器は高額なお買い物になるので、お財布にダメージを与えないように、計画的に交換する時期をプランニングしましょう。

1.異音がする

お湯を出す際に、「ボンッ」と小さく爆発するような着火音が聞こえたら寿命による故障の可能性が高いです。

2.温度調整がうまくできない

シャワーや蛇口から出るお湯の温度が安定しない、自動でお湯を張れる浴槽の場合は設定した温度よりぬるいなどの症状が現れたときが寿命による交換のサインです。

3.異臭がする

ガス給湯器の場合、配管の劣化によるガス漏れが疑われます。危険なので専門業者に点検をお願いしましょう。

4.サビが出る・水漏れしている

給湯器本体に水漏れが確認できる場合は、内部パーツの劣化によるものかもしれません。使用年数によっては寿命の可能性もあるので交換を検討しましょう。また、給湯器本体にサビを発見した場合には、内部にもサビが広がっている可能性があります。サビは劣化の一部です。交換時期のサインと捉えていいでしょう。

賃貸型と分譲型で異なる、給湯器交換時の注意ポイント

給湯器交換

給湯器を交換するときの流れは、賃貸物件と分譲物件で少し変わってきます。

賃貸物件の場合は貸主が交換の段取りを決めてくれる

賃貸物件の場合は、給湯器などの設備は貸主の所有物になるので、寿命による交換の場合は貸主が費用を負担します。業者の手配や交換も貸主が行ってくれる場合がほとんどなので、貸主に連絡をして対応してもらいましょう。

分譲物件の場合は自己手配・自己負担で交換

分譲物件の場合は、一棟でインフラを共有している場合もあるので管理会社に連絡を入れた後に指示に従って交換の準備を進めます。一戸建て住宅の場合は新調する給湯器の選定からすべてが自己手配になります。費用負担が大きいですが、自由に選べるなどの利点もあります。

ガス給湯器と電気給湯器の違いとメリット・デメリット

シャワー

自己手配で給湯器を購入するときには、どのメーカーのどの商品を購入するかを検討するところから始まります。給湯器は大きく分けるとガスで沸かすタイプと電気で沸かすタイプの2種類があります。

ガスで沸かす給湯器は「エコジョーズ」が主流に

これからガス給湯器を検討するなら、従来のガス給湯器よりも効率の良さで定評のある「エコジョーズ」という給湯システムがおすすめです。

「エコジョーズ」は、「潜熱回収型ガス給湯器」とも呼ばれていて排気熱を利用して水を温め、ガス使用量を抑えて効率良くお湯を沸かすことができるのが特徴です。瞬間湯沸かし器のような特性があり、必要なときに必要な分だけのお湯をたっぷりと使えます。また、給湯器本体はコンパクトなものが多く、給湯効率が良い点もメリットとして挙げられます。

デメリットは、設置場所が限られる点です。なお、導入時の初期費用の目安は給湯器本体と工事費でおよそ25万~40万円程度です。

エコジョーズ(省エネ高効率給湯器) | 日本ガス協会

年間コストがお得。電力を使ってお湯を作る「エコキュート」

「エコキュート」とは、電気代が安くなる深夜帯の電力を使用してお湯を作り、貯めておくシステムです。正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といい、ファンを回転させて外気をヒートポンプに取り込み、温めた二酸化炭素を圧縮機に入れて圧縮することで高温のお湯が作られます。

「エコキュート」は、火を使わないので安心な点、断水があったときに貯蓄した水を非常用水として利用できる点、太陽光発電システムと組み合わせることで光熱費を抑えられる点などがメリットとして挙げられます。

デメリットは水圧が弱い点と同時使用に適していない点、また貯蔵するタンクスペースが必要になる点など。初期費用は本体と工事費用を含めて約45万~75万円です。

エコキュート- 公益社団法人全関東電気工事協会

初期費用だけで考えずに、年間コストなども検討材料に

給湯器の交換は、ガス主体の製品でも電気主体の製品の場合でも、高額な初期費用が必要になります。まず初期費用を見て安いほうで検討したくなりますが、月々にかかってくる光熱費でどれくらい節約できるのかを最優先に考えて検討することをおすすめします。使用頻度やスペースの問題などそれぞれに条件やニーズが違ってくるので、目的に合ったものを選びましょう。

※画像はイメージです。
※2021年9月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。