時期や相場は? お歳暮を贈る&いただく際に知っておきたい基礎知識

これまで「お歳暮」というとどこか儀式的な意味合いが含まれていましたが、ここ数年は遠方に住む親や親しい人への贈り物として検討する人が増えているようです。そもそもお歳暮とはどういったものなのでしょうか。この記事では、お歳暮の意味や贈る時期、相場、いただいた場合のお礼状の文例などもご紹介します。

<基礎知識1>「年(歳)の暮れ」のご挨拶に贈る品

風呂敷包

お歳暮とは、「年(歳)の暮れ」を表す言葉で、その名の通り一年の締めくくりを意味しています。お歳暮の起源には諸説があって実ははっきりとしていないのですが、お世話になった方々に贈り物を持参して回ることが習わしとして浸透したのは、室町時代にまでさかのぼるといわれています。「今年一年お世話になりました、来年もどうぞよろしくお願いします」という感謝の気持ちをカタチにした贈り物です。

<基礎知識2>お歳暮を贈る時期は12月13日~20日

カレンダー

お歳暮を贈る時期はいつからいつまでが適切なのでしょうか。年の瀬のご挨拶を兼ねて贈る品なので、時期としては12月中旬くらいが最適といわれています。具体的には12月13日から20日の約1週間で、スタートが12月13日なのはその日が「正月事始めの日」とされているためです。この日は「鬼宿日(きしゅくにち)」ともいい、婚礼以外のすべてのことが吉とされています。この日から物事を始めるのが良いとされていることから、お正月の準備を始めるのに適した日、そしてお歳暮を贈るのにも適した日とされています。なお、お歳暮を贈る時期に厳密な決まりはなく、地域によって基準となる日程は異なります。

<基礎知識3>お歳暮の相場は3,000~5,000円

お歳暮

お歳暮の品を選ぶときには3,000~5,000円が一般的な相場といわれています。予算は贈る相手の立場や年齢、関係性によって異なってきます。職場の上司や取引先のお得意様は5,000円程度が目安です。実家や義理の親、親せきなどに贈る場合は3,000円程度が目安ですが、遠方にお住まいの場合には少し高めの5,000円程度で検討するといいでしょう。

<基礎知識4>お歳暮のかけ紙は「蝶結びののし紙」を選ぼう

かけ紙

お歳暮は、包装紙にのし(熨斗)をかけた状態で贈ります。のし紙にはいくつか種類がありますが、お歳暮には紅白の蝶結びを用いるのが一般的です。蝶結びは、結び目を何度でも結びなおせる様子から「何度でも繰り返したいお祝いごとやお礼」という願いが込められています。のしは、水引の上部中央に「御歳暮」または「お歳暮」と記し、下部は贈り主の名前を記します。個人で贈る場合はフルネームを、家族を代表して贈る場合は名字だけを記載するようにしましょう。

お歳暮をいただいたときのお返しのマナー

お礼状

お歳暮を贈っていない方からいただいた場合にはどうすればいいのでしょうか。お返しの有無や気を付けるべき点などを知っておきましょう。

1.まずはお礼状を送ります

お歳暮のお返しを贈る、贈らないにかかわらず、受け取った時点で早めにお礼の連絡をします。お礼は最初に電話で伝え、不在の場合にはメールなどで伝えます。そのあとに感謝の気持ちが伝わるようにお礼状を送付するのがマナーです。

<お礼状の文例>個人の方に出すお礼状の場合

拝啓

本年も残りあとわずかとなりましたが、○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
さて、このたびは大変素敵なお歳暮の品をいただき、厚くお礼申し上げます。
いつもお心にかけていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

寒さが募る一方ですが、ご自愛ご健勝のほどお祈り申し上げます。

まずは書中にてお礼かたがたご挨拶まで。

敬具

2.お返しの品は基本的には不要

お歳暮をお贈りしていない方からいただいた場合は、お礼状をお贈りすることは必須ですが、お返しの品を用意するかどうかについては、マナーとしては必要ありません。とても高価なものをいただいた場合などで気が引けるときにはお返しの品を用意するのもいいでしょう。お返しの品の相場は、いただく品物と同額程度または少し安めのものを贈ります。いただいた額以上を贈るのは「来年以降はいりません」という意味にとられてしまうので注意しましょう。のしは12月13日から20日の間に贈る場合は「お歳暮」または「御歳暮」、それ以降の場合は「御年賀」として1月15日までを目安に贈ります。

贈る相手が喜んでくださることを第一に選びましょう

お歳暮を贈るのは古くからの習わし、文化の要素が強いですが、一年の感謝の気持ちと健康を願って贈るものですので喜んでもらえることが一番です。新しい年を気持ちよく迎えるためにも心を込めて選ぶようにしましょう。

※画像はイメージです。
※2021年9月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。