現在普及している「スマート家電」の実態と今後

そなえる

家電製品などをインターネットに接続し、様々な便利機能や遠隔操作などを実現した“スマート家電”が、続々登場しています。

スマート家電は今までの家電とどこが違うのか?

スマート家電を使うとなにがどう便利になるのか?

いまいちピンとこないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スマート家電の現状から今後について紹介していきます!

スマート化するキッチン家電・生活家電

スマートとは、「賢い」「頭がいい」「気が利く」「かっこいい」「おしゃれな」といった意味を持つ英単語です。

「賢い」や「頭がいい」という意味が転じて、「コンピュータ化された」「情報化された」「高度な情報処理機能が加わった」などの意味で用いられるようになりました。

例えば、「スマートフォン」は「スマート=情報化された」「フォン=電話」という意味です。

似たようなものとして、数年前に「ネット家電」が話題になったことを覚えている方も多いのではないでしょうか?

ネット家電というのは、文字通りインターネットに接続できる家電製品で、レシピを検索して表示できる電子レンジやブラウザを搭載しWebサイトが見られるテレビなどが登場しました。

ところが、話題にはなったものの、実用性に乏しくほとんど普及しませんでした。

スマート家電も“ネットに接続できる”という部分では同じですが、スマートフォンとの連携機能が強化され、実用性は段違いです。

特にキッチン家電はスマート化の波が押し寄せています。

例えば、オーブンレンジは、スマホで検索したメニューの調理データをダウンロードしたり、音声認識を搭載し会話しながらメニューを決めるといったことができます。

さらに、データを蓄積して料理の嗜好を学習し、食材によって最適な料理を提案してくれる機能もあります。

その他、スマホへの音声操作やタッチ操作で、ご飯の固さなどの好みや銘柄に応じて最適な炊き方を設定できる炊飯器、外出先から小型カメラで庫内を確認できる冷蔵庫といったものが登場しています。

スマート化されているのはキッチン家電だけではありません。

生活家電では、エアコンであれば外出先からスマートフォンでオン・オフを操作したり、温度調整したりできるようになりました。

「消し忘れていないか気になる…」「帰宅前に部屋を涼しくしておきたい」といった場合、遠隔操作できるのはとても便利です。

また、照明もスマートフォンで遠隔操作できるものが登場しています。

消し忘れが気になった時確認したり、帰宅前に照明を入れたりするほか、旅行中に留守を悟られないよう、旅行先から照明のオン・オフをするといった活用法も!

その他、洗濯が終わるとスマートフォンに通知メールを送ったり、洗濯の残り時間や消費電力をスマートフォンで確認できたりする洗濯機も登場しています。

さらに、排水経路やフィルターが詰まるとアラートのメールを送り、掃除を促す機能を備えたものまであります。

今後のスマートハウス構想とは

こうしたスマート家電を統合管理するスマートハウス(スマートホーム)という構想も実現に向けて着々と進んでいます。

現在のスマートハウスは、消費電力のチェックと電気の効率的な利用がメインとなっていますが、やがてさまざまな家電の情報を集めて、連動して効率良く動かすスマートハウスが誕生するでしょう。

スマートハウスでは、エアコン、床暖房、空気清浄機、ロボット掃除機、電子錠、カーテンなど、あらゆる機器がインターネットに接続されることで、

「空気が汚れればアラートメールを送り、ロボット掃除機と空気清浄機を動かしたうえで窓を開け換気を行う」

「スマートフォンの位置情報を参照し最寄り駅に到着するとエアコンをオンにし風呂にお湯を張る」

「日差しや気温によって自動でカーテンを開け閉めしエアコンで最適な温度にする」

といったことができるようになるのです。

こうした技術はIoTと呼ばれています。

IoTとは「Internet of Things」の略称で、日本語では「モノのインターネット」となります。

カンタンに説明すると「あらゆるモノがインターネットに接続され、情報交換をしながら互いに制御する仕組み」です。

モノはコンピュータや電化製品以外も含まれます。

先ほど紹介した例にも含まれている電子錠やカーテンといったモノも、ネットに接続されればIoT機器となるのです。

すでに、ネットから情報を集めてゴミの収集日を教えてくれるゴミ箱、天気予報を教えてくれる傘立てといったものが登場しています。

あらゆるモノがインターネットにつながった世界で私たちの生活がどうか変わるのか?そう遠くない将来、その答えをきっと知ることになるでしょう。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING