ウイルス感染の警告画面…そのほとんどは偽の警告「フェイクアラート」!対処法を知っておこう

そなえる

AndoridスマートフォンでWebサイトを閲覧中、突然「ウイルスに感染しました」という警告画面が表示される事例が増えています。警告画面には、「今すぐウイルスを駆除」といったボタンがあり、タップするとGoogle Playストアのウイルス対策ソフトなどダウンロードページに飛ぶようになっています。

「ウイルスに感染した」と表示されるため慌ててしまう方が多いようですが、実はこうした警告画面、ほとんどが「フェイクアラート」と呼ばれる偽の警告なのです。

そこで今回は、こうした「フェイクアラート」が表示された場合の対処法について解説していきます!

ウイルス感染警告とはどういうもの?

「ウイルスに感染しました」「ウイルスが検出されました」という警告画面の正体は、ほとんどが悪質な広告です。

なぜこんなことをするのかというと、ほとんどが報酬(アフィリエイト)目的です。広告経由でアプリのダウンロードが行われると報酬が支払われるため、「ウイルスに感染した」と脅かしてユーザーを騙し、ダウンロード数を稼ごうとしているのです。

そのため、警告画面に意味のないカウントダウンを表示したり、音を鳴らしたり、バイブが作動したりするようにして不安を煽ってきます。

ただし、すべてが広告というわけではありません。不正プログラムやマルウェアをインストールさせようとしているケースも少なからず確認されています。

いずれにせよ警告は偽物ですので、無視するのが一番。絶対に「ウイルスを駆除」といったボタンをタップしたり、促されるままよくわからないアプリをインストールしたりしないようにしてください!

偽物・本物の警告の見極め方

警告画面は偽物といわれても、「本当に感染してしまったかも……」と不安を覚える方も少なくないでしょう。そこで、ここでは本物と偽物の見分け方を覚えておきましょう。

偽物の警告画面には以下のような特徴があります。

・ブラウザ上に警告が出る

・ウイルス感染、システム破損、ファイル消失などの不安を煽る文言

・日本語がどこか不自然

・カウントダウンが進行している

・警告音や警告音声、バイブが作動する

・ウイルス駆除のためのアプリのインストールを促す

・メールや電話での連絡を求める

これらの特徴は、冷静に考えると不自然なものばかりです。

まず、ブラウザには「ウイルスに対して警告を発する機能」そのものがありませんので、ブラウザが警告を発すること事態が怪しいと考えてください。また、システムからの本物の警告が、ユーザーの不安を過度に煽る文言やカウントダウン表示することはなく、派手な警告音や警告音声を鳴らしたり、バイブなどを作動させたりすることもありません。

そもそも、総合セキュリティソフトをインストールしていない場合、基本的にウイルス感染警告が表示されることはありません。もし、総合セキュリティソフトをインストール済みの場合、ウイルスを検知したり、問題を発見したりすると、「駆除」「削除」「遮断」といった動作をします。つまり、新たなアプリのダウンロードやシステムの更新を促したり、メールや電話による連絡を求めたりといった解決方法が提示されることは、どんな状況でもありえないのです。

総合セキュリティソフトからの本物の警告の場合、Webサイトにアクセスした直後やアプリのインストール直後に危険なアプリの「削除」を求めてきます。総合セキュリティソフトからの警告であることが明示され、危険なアプリの名称も合わせて表示されますので、こうした警告は無視しないようにしてください。

手順を知り、慌てずに対処しよう

もし、偽物の警告画面が表示されてしまったら、落ち着いて下記の順番で対処していきましょう。ほとんどの場合、警告画面が表示されただけでは実害がありませんので、慌てないことが最大のポイントとなります。

1.ブラウザのタブを閉じる

警告画面が表示されているタブを閉じます。

2.タブが閉じられない場合はブラウザを終了する

タブを閉じることができない場合は、ホームボタンを押してホーム画面に戻り、履歴ボタンで起動中のアプリ一覧を開いて、ブラウザアプリを終了します。

3.ブラウザを終了できない場合は再起動

ブラウザを終了できない場合は、電源ボタンを長押ししてシステムを再起動します。

4.ブラウザを起動すると警告画面が表示される場合

1~3でブラウザを終了させたあと、ブラウザを起動すると引き続き警告画面が表示される場合は、履歴データを削除します。Andorid標準ブラウザのChromeの場合、画面右上の「…」→「設定」→「プライバシー」と進み、「閲覧履歴データを消去する」をタップします。「Cookieとサイトデータ」にチェックを入れ、「データを消去」をタップします。

※OSやChromeのバージョン、お使いの機種によって文言や画面遷移が異なる可能性があります。

アプリをインストールしてしまったら…そんなときの対処法

警告画面に驚いて指示されるままにアプリをインストールしてしまった場合は、アプリを起動せずにアンインストールします。報酬目的の広告だった場合は、害のないアプリである可能性もありますが、マルウェアなどが混入されている可能性もありますので、早急にアンインストールしてください。

アプリのアンインストールは「設定」→「アプリ」→「(インストールした)アプリ名」と進み「削除」をタップするとアンインストールできます。

※OSやChromeのバージョン、お使いの機種によって文言や画面遷移が異なる可能性があります。

もし、アプリをインストールしてしまった場合、マルウェアなども同時にインストールされてしまっている可能性もありますので、総合セキュリティソフトでシステム全体をスキャンすることを強く推奨します。

総合セキュリティソフトは、個人情報やアカウント情報、写真などのデータ保護、マルウェアなどの悪意のあるアプリの検知と駆除、フィッシングサイトや詐欺サイトへのアクセス予防といった機能を持ち、スマートフォンをしっかり守ってくれるものです。もし、未インストールであれば、いい機会ですのでインストールしておくことをおすすめします。

偽物の警告画面については、セキュリティ対策の会社からも警告が出されています。下記にリンクをまとめましたので参考にしてください。

ポイントは慌てず冷静に対処すること!くれぐれもだまされないようにしてください。

実例で学ぶネットの危険:スマホで突然の「ウイルスに感染」表示、開くとどうなる? (トレンドマイクロ セキュリティブログ)

その「セキュリティ警告」は本物?正しい見分け方と対処法(Norton Blog)

Androidがウイルスに感染?症状のチェック方法、被害例、8つの対策(マカフィー公式ブログ)

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING