連絡手段アプリとして大人気のLINEの使いこなし方を紹介!

そなえる

使っていない人を探すのが難しいほど、連絡手段として定着した「LINE」。手軽に連絡が取り合えるので、本当に便利ですよね?

大人気のLINEですが、実はメッセージのやりとり以外にも、いろいろな機能があって、もっと楽しく使えたり、便利で役立つ使い方があったりするのです!

そこで今回は、知っているようで知らない「LINEの使いこなし方」について、詳しく解説していきます!

既読がつかない「通知機能」が便利

メッセージを確認するために、いちいちLINEを立ち上げるのが面倒だけど、立ち上げっぱなしにするとバッテリーが心配…。そんな人におすすめなのが、新着メッセージの「通知」を使って、メッセージを確認するワザです。

設定はとてもカンタン! Androidの場合は、LINEの「設定」にある「通知」をオンにしましょう。そして、「メッセージ内容表示」もオンにします。こうしておくと、メールと同じ様に新しいメッセージが届くと、通知されるようになります。メッセージの内容は、通知ポップアップで読むことができるので、LINEを起動する必要がありません!

iPhoneの場合はちょっと複雑です。まず、iPhoneの「設定」から「通知」→「LINE」と進みます。そして、「通知のスタイル」を「バナー」か「通知」にしてください。そして、同じ画面にある「通知センターに表示」と「ロック画面に表示」も、それぞれオンにします。

さらに、LINEを起動して、「設定」にある「通知」をオンにして、「新規メッセージ」と「メッセージ内容表示」もオンにします。これで、通知センターやロック画面でメッセージの内容を読むことができるようになりますが、iPhoneの場合、長いメッセージは省略され、スタンプも表示されません。また、ロック中の画面に表示すると、メッセージを見られてしまう可能性があるので、表示したくない人は、上の手順で「ロック画面に表示」は「オン」にしないでください。

通知でメッセージを確認するこのワザには、もうひとつ大きなメリットがあります。それは…「既読」がつかないことです。LINEは便利で楽しい反面、「既読スルー」がトラブルの原因になることも…。とはいえ、仕事だったり用事があったりで、返信できないことってありますよね?

そんなとき、通知で確認すれば、既読がつかないので便利です。急ぎの用事でなければスルーして、後でゆっくり返信しましょう。

また、Android限定ですが、「ちらみ」という無料アプリでも、既読をつけずにメッセージを確認できます。

☆ダウンロード
ちらみ~既読をつけないでメッセージやメールが読めるアプリ

トークや画像の保存は大切

LINEを使っていると、「あのおもしろい画像どこだっけ」「大事な内容のトークが見つからない…」といったことがありませんか? メッセージがたくさんあると、探し出すのも一苦労ですよね?

そこで、大事なメッセージや画像・動画は、保存しておきましょう。やり方はとてもカンタン! 受け取ったメッセージや画像を長押しして、「keep」をタップしましょう。これでストレージに保存されるので、自分のプロフィール画面の「keep」、または「その他」→「LINE App」を使って、いつでも確認できるようになります。

また、機種変更する場合も、同じアカウントをそのまま利用できるので、友だちやグループ、購入したスタンプを新しいスマホに移すことができます。機種変更でアカウントを引き継ぐには、まずLINEに登録したメールアドレスとパスワードが必要になります。これらが、きちんと使えるか、最初に確認しておきましょう。

また、機種変更で電話番号が変わる場合、「Facebookログイン」を利用中でスマホが変わる場合は、事前に引き継ぎの許可が必要になります。許可するには、LINEを起動して、「設定」から「2段階認証」へ進み、「アカウントを引き継ぐ」をオンにしてください。これで、引き継ぐことができるようになりますが、オンにしてから24時間以内に引き継ぎを行わなければなりません。

準備ができたら、新しいスマホでLINEを起動します。最初の画面で「ログイン」をタップして、登録してあるメールアドレスとパスワードを入力し、続いて電話番号を入力します。4桁の認証番号がSMSで届きますので、認証番号を入力し、「次へ」をタップすれば引き継ぎ完了です。

ただし、これで引き継がれるのは、友だちリストやグループ、プロフィール情報、スタンプ・着せかえ情報などで、トーク内容は引き継がれません。トーク内容も引き継ぎたい場合は、機種変更前にトーク内容をバックアップしておく必要があります。

Androidの場合は、まず、引き継ぎたいトーク画面上部の「V」から「トーク設定」を開き、「トーク履歴をバックアップ」→「すべてバックアップ」を選択してください。バックアップが完了すると、トーク設定画面に「トーク履歴をインポート」と表示されます。

バックアップしたトーク内容は、新しいスマホで「トーク履歴をインポート」をタップすることで読み込まれます。

iPhoneの場合は、パソコンのiTunesを起動して、「バックアップ」タブにある、「自動的にバックアップ」の「iCloud」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。この設定をしておけば、新しいiPhoneでLINEを起動すると、アカウントとトーク内容が引き継がれます。

アカウントの引き継ぎを失敗すると、今までのデータが全部消えてしまうので、詳しい手順は、LINE公式ブログで必ず確認してください。

みんなの予定が一目瞭然の「LINEスケジュール」

友だちとの飲み会や遊びの予定を立てるとき、いちいち、みんなの都合を聞いて調整するのは、けっこう面倒ですよね? そんなとき、ぜひ使って欲しいのが、「LINEスケジュール」です。

これは、イベントの日程と予定を確認したい友だちやグループに、参加できる日を○×で選ぶだけの入力フォームを送ることができる機能です。みんなの都合のよい日が一目でわかるので、カンタンにスケジュール調整ができます。

この機能を使うには、「その他」から「LINE App」→「LINEスケジュール」を選択して、イベントを追加します。タイトルや概要を入力したら、誘いたい友だちやグループを選択しましょう。これで、入力フォームが自動で送られます。あとは、みんなの返答を待って、スケジュールを決めるだけ。

春は花見や新人の歓迎コンパなど、イベントが盛り沢山なので、このアプリを使って、サクッとスケジュールを決めちゃいましょう。

今回紹介した以外にも、LINEにはいろいろな便利な機能、楽しい機能があるので、興味があれば調べてみてください。

※他社製品・サービスについては、当サイトではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING