スマホのバッテリーの効果的な節約術!少しの工夫でバッテリーの持ちを良くしよう

そなえる

電話はもちろん、LINEにメール、ネットで情報検索、地図アプリのナビ機能に乗換案内など、一台であらあらゆることができるスマホ。本当に便利で手放せないものですが、唯一の弱点と言えるのが、バッテリーの減りが早いことです。

最新機種はだいぶ改善されてきていますが、ヘビーに使うのでバッテリーが1日持たない…そんな人も多いはず。そこで、今回は、スマホのバッテリーを節約する使い方を詳しく解説していきます。

使わない機能は「オフ」にするクセをつけよう

スマホにはディスプレイとスピーカー、通話機能、データ通信機能などのベースとなる機能に、Wi-FiやBluetooth、GPSといった様々な追加機能が搭載されています。そして、これらの機能すべてが少しずつバッテリーを使っています。

そのためこうした機能をオンにしたままにしておくと、「チリも積もれば山となる」のことわざ通り、どんどんバッテリーが減ってしまいます。ですので、バッテリー節約の基本は、使わない機能は「オフ」にしておき、使いたいときだけ「オン」にすることです。

さて、それではスマホで一番バッテリーを消費するのは、なにかご存知でしょうか?

その答えは「通信機能」と「画面表示」。基本中の基本の機能が、一番バッテリーを消費しているのです。つまり、このふたつの設定を見直すだけで、バッテリーの持ちが格段によくなるのです!

Wi-FiやBluetoothも使わない時にはオフ!

通信機能のなかで、一番節約効果が高いのは、Wi-Fiの設定の見直しです。Wi-Fiは使用量が気になるLTEのデータ通信を使わずにネットに接続できる便利な機能ですが、常にオンにしておくのは考えものです。

というのも、Wi-Fiをオンにしている場合、データ通信に接続したままWi-Fiの接続をオン・オフしている状態になります。また、移動中にWi-Fiをオンにしていると、接続できるWi-Fiを探しつづけるため、どんどんバッテリーを消費することも覚えておいてください。

LINEやメールの受信程度ならデータ量もたいしたことがないので、LTEのデータ通信だけで十分。わざわざ、Wi-Fiに接続しておく必要はありません。

データ通信量の多いアプリのダウンロードや更新、音楽や動画などのコンテンツを楽しむときだけ、Wi-Fiをオンにするようにしましょう。

そして、Bluetoothも基本オフで問題ありません。スマホを買ってから一度もBluetoothを使ったことがない、という人も少なくないでしょう。

Bluetoothは、対応のイヤホンやヘッドフォン、ハンズフリー通話用のヘッドセットなどをワイヤレスでつなぐための機能です。これらの機器を使わない人は、常にオフにしておきましょう。

また、会議中や授業中など、スマホが使えないときは「機内モード」にしておくのも節約になります。機内モードは通話やデータ通信を含めたすべての通信機能をオフにするので、劇的にバッテリー消費が減ります。

使えないときに通信しているのはムダですよね? うっかりマナーモードにし忘れて、会議中や授業中にメール着信音が鳴り響くといったミスも避けられます。機内モードにした後、Wi-Fiだけオンにするといったこともできるので、状況に応じて個別に通信機能のオン・オフを使い分けるとよいでしょう。

そのほか、電波が届きにくい場所も接続先を探し続けるためにバッテリーの消費が増えます。こうした場所にいるときも、「機内モード」をオンにすれば節約できます。ぜひ、積極的に機内モードを使ってください。

また、地図アプリなどの位置情報サービスに使うGPSもバッテリーを消費します。オフにすると便利な機能が使えなくなることもあるため悩みどころですが、ずっと会社や学校など同じ場所にいる場合、位置情報は必要ないので、オフにしておくことをオススメします。

ディスプレイの表示時間や明るさの設定を変更

最近のスマホのディスプレイは、大型で高精細というのが当たり前です。大きくてキレイな画面は魅力的ですが、反面、バッテリーを消費する大きな原因にもなっています。表示している時間が長く、明るくしているほど消費が増えるので、まずは、この設定を見直しましょう!

まず、表示している時間ですが、スマホを使っていないときにバックライトが自動で消灯するまでの時間を数十秒~数分単位で設定できます。設定が長くなっている場合は、短く設定し直しましょう。

ただし、あまり短くし過ぎると、すぐに消灯するので使いにくく、何度も画面のオン・オフを繰り返すとかえってバッテリーを消費してしまうので逆効果です。自分が使いやすい設定時間を探しましょう。

また、スマホを使い終わったら電源ボタンを押して、すぐにスリープさせるクセをつけましょう。ちょっとしたことですが、これだけでだいぶバッテリーの持ちが変わります!

次に画面の明るさです。これは、ほとんどのスマホに周囲の明るさを検知して、自動で明るさを設定してくれる機能があるのでこの機能をオンにすればよいでしょう。手動で変更することもできますが、状況に合わせていちいち設定するのは面倒です。

一番暗い設定と一番明るい設定では、バッテリーの消費に倍以上の差がある機種もあります。たかが明るさと思わずに、一度、画面の明るさの設定を確認してみてください。

そのほか、タッチ時の音やバイブをオフにする、ライブ壁紙などは使わないといったこともバッテリー節約につながります。

アプリのバグに注意!更新はWi-Fi環境で行おう

ここまではスマホ本体のバッテリー消費を抑える方法をお伝えしてきましたが、実はアプリのバッテリー消費もバカにできません。スマホを使っていると、たくさんのアプリを立ち上げたままにしてしまいがちですよね?

こうしたアプリはずっと起動したままになり、定期的にデータ通信を行ったりして

どんどんバッテリーを消費します。ですので、使い終わったアプリは必ず終了させましょう。それでも、トラブルやバグが原因で、終了させたはずのアプリが、見えないところでずっと動き続けていることがあり、バッテリー消費が激増することがあります。

そんなに使った覚えがないのに、バッテリーが減っているなと思ったら、「再起動」してみてください。再起動するとすべてリセットされるので、トラブルやバグも解決することがほとんどです。

「なにかおかしいな?」と思ったら再起動! これはスマホの基本です!

アプリの更新はバッテリー切れの心配のない自宅でWi-Fi通信を使って行うのがベストです。これなら、データ通信の容量も使いません。さらにデータの自動同期もオフにしておくとバッテリー消費を抑えることができます。

自動同期はアドレス帳やカレンダー、写真などを自動で他のスマホやパソコンと同期する便利な機能ですが、常に最新の状態に保とうと定期的に通信しています。そのため、バッテリーを消費するので、他の端末との同期がそれほど必要ないなら、1日に一度オンにして同期しておけば問題ないでしょう。

最後になりましたが、スマホの省電力機能がある場合、必ずオンにしておきましょう。最新の機種にはほとんど搭載されていて、バッテリー残量に合わせて、機能を自動で制限してくれます。制限するアプリや機能を自分で設定できる機種もあるので、上手に活用してください!

スマホのバッテリーで悩んでいる方は、一度、設定を見直してみてください!

※他社製品・サービスについては、当サイトではお答えできません。各販売・提供会社へお問い合わせ下さい

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING