個人情報は自分の手で守ろう!しっかり管理して、公開は慎重に

そなえる

個人情報とはどのような情報を指す?

個人情報とは、住所、氏名、生年月日、電話番号、写真、メールアドレス、職業、生年月日、クレジットカード番号、会員専用サイトなどのユーザーID、パスワードなど、「特定の個人を識別できる情報」のことをいいます。

ユーザーIDとは、ネットワークの利用者を識別するための符号です。ネットワーク内でのあなたの名前のようなものですが、数字・英字・記号などの組み合わせでつくったIDは、それだけでは誰のものがわからないので個人情報ではありません。しかし、IDと顧客名簿を組み合わせれば個人の特定ができるので、その場合は個人情報になります。

インターネット上での個人情報公開に注意!

特定多数の人が見るインターネットの掲示板、コメント欄などに、自分の名前や住所、電話番号といった個人情報を書き込むことは絶対にやめましょう。悪用され、イタズラや詐欺に利用される可能性があります。

自分のブログやWebサイトであっても、個人情報を掲載するのは厳禁です。たとえば、メールアドレスを掲載すると、悪意のある人が使う自動収集ソフトに記録され、迷惑メール、マルウェア入りのメールが送られてくる可能性が高まります。

また、インターネット上の懸賞サイトも注意が必要です。というのは、懸賞サイトなどには、個人情報を収集し売買することを目的とした業者も紛れているからです。懸賞に応募する場合、当選したプレゼントを受け取るために、氏名や住所、電話番号を入力せざるを得ません。それを利用して、懸賞やアンケートを装って個人情報を集め、名簿を売買したり、宣伝のメールを送りつける悪質な業者が存在するのです。

懸賞サイトに限った話ではありませんが、個人情報を入力しなければいけないときは、信頼できるサイト(相手)であるかどうかを必ず確認してください。

信頼できるサイトかどうかを確認しよう!

・懸賞サイトの運営者の名前、住所などの連絡先が、実在するものかを確かめる

・懸賞サイトの口コミ、評判などを調べる

・個人情報の取り扱いを明記しているかを確認する

・懸賞やアンケートを実施している相手が信頼できるかを確認する

・個人情報を送信する際は、SSL(データ暗号化による盗聴防止)などのセキュリティ対策を施しているかを確認する

そして、写真の公開も注意が必要です。安易にインターネット上に顔写真や自宅の写真を公開するのは、正直おすすめできません。女性であれば、出会い系サイトやアダルトサイトで勝手に写真を使われる可能性があります。特に住んでいる地域がわかる状態で公開されていると、簡単に個人を特定されてしまいます。ストーカーなど無用なトラブルに巻き込まれる可能性があるので、注意してください。

また、病気や悩み事など、人に知られたくない情報も、個人情報といえるでしょう。インターネット上にはこうしたことを相談できるサイトがありますが、利用する場合は名前や住所などは絶対に明かさず、匿名で利用してください。逆にこうした相談をする際、名前や住所が必要なサイトは、個人情報収集を狙う悪質なサイトを疑うべきです。

そのほか、インターネット上で仲良くなった人に個人情報を知らせるのも危険です。というのは、インターネット上では相手がどんな人物かがわからないからです。悪意のある人が、親近感をもたれやすい年齢、性別、人物像を作り上げて、近づいてくるのは珍しいことではありません。特に若い女性が狙われやすいので、十分注意してください。

個人情報の公開の危険性(総務省)

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING