著作権を守るために知っておきたいこと

そなえる

著作権ってどんなものに発生するの?

「著作権」は、音楽、絵画、小説、映画、ゲームソフトなど、作品(=著作物)を創作した人(=著作権者)が持っている権利です。私的利用など一部の場合を除き、著作物の利用には著作権者の許可が必要とされ、著作権者は自分の著作物を利用しようとする人に対して、利用を認めたり禁止したりすることができます。

この「著作権」、子どもでも大人でも、プロでもアマチュアでも、作品を創作すればすべてのものに発生します。また、取得のための手続きなどは必要なく、著作物を創作した時点で自動的に権利が発生します。

たとえば、自分で創作したキャラクター入りの商品を販売したとします。キャラクターが受け入れられ、飛ぶように売れました。

そこに目をつけた第三者が、そのキャラクターをコピーしてオリジナルより安い値段をつけて売りはじめたらどうなるでしょう…。

著作者への収入は減ってしまうだけじゃなく、今後新たにすばらしい物を作り出そうとする意欲も、「どうせまた真似されてしまう…。もうヤメた…」といった具合にやる気がなくなるでしょう。

そうなってしまわないように、著作権法を定め著作者の権利を守ると共に、創作における文化の発展を損なわないように「著作権法」が制定されました。

「著作権法」では、「著作権」のほかに「著作隣接権」という権利も保護しています。これは、著作物の創作者でなくても、その著作物を世の中に伝達するのに重要な役割を担う、実演家(歌手、俳優、演出家など)、レコード製作者(レコード会社など)、放送事業者、有線放送事業者などに認められる権利です。

代表的な著作物の種類

ソフトウェアの著作物:コンピューター・プログラムなど

言語の著作物:エッセイ・コラム・論文・小説・俳句・脚本・詩など

音楽の著作物:コミック・絵画・彫刻・版画など

映画の著作物:劇場用映画・テレビ映画など

写真の著作物:写真・グラビアなど

ちなみに、よくある間違いのひとつに、「著作権」と「肖像権」の混同があります。「肖像権」は、作品の創作に関係なく誰もが持つ「プライバシー権」と、著名人がその活動に伴って持つ「パブリシティ権」の2種類があります。

プライバシー権(人格権)

承諾なしに自分の容姿を写真やビデオ、絵画、彫刻などに写しとられたり、それらを無断で公表、利用されたりしないよう主張できる権利。法律による明文の保護規定はありませんが、プライバシー権の一部として理解され、人格権の一つとして認められています。

最近では、SNSへの写真投稿などが、この権利に関する問題として注目されています。

パブリシティ権利(財産権)

アーティストやタレント、スポーツ選手などの著名人の肖像や氏名は、さまざまな商品や宣伝広告に利用されることで、肖像自体が経済的価値を生み出すことになります。

そうした著名人の経済的価値を保護する権利のことであり、財産権に則した権利です。

「著作権法」がどんな法律で、どこが変わったのかと聞かれると、なかなか答えられないものです。もしかすると、気づかない間に法律に触れるようなことをしてしまっているかもしれません。

ここでしっかりと理解を深めておきましょう。

ブログやWebを作るときの注意点

インターネットを使っていると、音楽が流れたり、いろいろな画像が載せられていたり、面白そうな動画が無料で楽しめたりなど、アイデアにとんだ楽しいブログやWebサイトをよく見ることがあります。

こうしたブログやWebサイトは、誰にでも簡単に作れる時代になってきました。しかし、だからこそ注意が必要です。音楽、画像、動画などが自分のオリジナルではない場合、それらを使うためのルールがあるのです。

他人のイラストや画像を許可無く勝手に使わない!

アニメのキャラクターはもちろん、個人の作成したイラストや画像なども著作物になるため、創作者に許可なく使用出来ません。例外として、著作権フリーを公表している「素材集」ページの素材は使えますが、必ずそのページの使用条件を守ってください。

他人の作った音楽を許可無く勝手に使わない!

楽曲及び楽曲に用いられる歌詞も、もちろん著作物になるので勝手に使うことはできません。市販されている音楽を無断で公開して逮捕されたケースもありますので、絶対にやめましょう。

他人が書いた文章を許可無く勝手に使わない!

文章も立派な著作物です。本の内容や新聞記事を写真やスキャナで取り込んで使用するのも著作権侵害になります。ただし文章丸写しはだめだけど、著作権法で定められた、以下の条件を満たせば「引用」になり、文章の一部を使用することができます。

【条件】

1.あくまでも引用部分は従で自分の文章が主になっていること

2.引用している部分が明示されていること

3.文章を引用するための明確な理由があること

他人の作ったアプリケーションソフトを勝手に配布しない!

市販のソフトはもちろん、たとえ無料で配布されているフリーソフトであっても、ソフトには制作者がいて著作物として扱われます。そのため、自分のブログやWebサイトからフリーソフトを配布することは、著作権違反になります。もしどうしても配布したい場合は、製作者に許可をとりましょう。

音楽や映像の違法ダウンロードも著作権法違反になる!

ブログやWebサイトの利用と同じくらい注意したいのが、違法ダウンロードの問題です。著作権者に無断でアップロードされた音楽や動画などを利用することは、著作権者の権利を侵害していることになります。

しかし、インターネット上にはそうした違法な音楽や動画が氾濫しています。そこで、「著作権法」の一部を改正した「私的違法ダウンロード刑罰化法案」が施行されました。主な改正内容は以下のとおりです。

【改正内容1】

(内容)

音楽や映像を著作権者に無断でインターネット配信する。

(刑罰)

2012年10月1日以前より刑罰の対象です。

【改正内容2】

(内容)

著作権者に無断で違法複製・配信された音楽や映像について、それが販売または有料配信されている音楽や映像であり、違法配信されたものであるということを知りながら、自分のパソコンなどに録音または録画(ダウンロード)する。

(刑罰)

個人的に利用する目的でも、2012年10月1日から刑罰の対象となっています。

【改正内容3】

(内容)

映画などのDVDなどについているコピー防止機能を解除して、自分のパソコンに取り込む。

(刑罰)

個人的に利用する目的でも、2012年10月1日から違法となっています。

【改正内容4】

(内容)

上記のようなコピー防止機能を解除するプログラムなどを、譲渡または貸与の目的を持って作ったり、実際に譲渡または貸与したりする。

(刑罰)

2012年10月1日から刑罰の対象となっています。

これにより、違法なインターネット配信から、それが違法であると知りながら、販売又は有料配信されている音楽や映像を「違法ダウンロード」(録音・録画)する行為が、刑罰の対象となりました。

具体的には、有償の著作物を違法ダウンロードする行為に対し、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、あるいはその双方が罰則として課されることになりました。

何気なく楽しんでいたものが、著作権法に違反していたということも十分考えられます。著作権についてしっかりと理解し、「気づかない間に法律に触れるようなことをしてしまった…」といったことのないようにしてください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING