Windowsアップデートとは? 必要な理由と実行方法

Windowsアップデートについて知って、コンピューターをより快適に

現代、多くの人が会社や自宅でネットワークに接続したコンピューターを利用しています。私たちの生活をより便利にしてくれるコンピューターですが、セキュリティー対策を怠ったために大きな被害を受けてしまうということも、珍しい話ではありませんよね。

そんな危険を回避するために実施されているのが、実はOSのアップデートです。今回は、代表的なOSのひとつであるWindowsのアップデートについてご紹介します。

Windowsアップデートとは?

Microsoft社が提供している、コンピューターを動かすためのOS(オペレーションシステム)であるWindowsは、現在、世界中で広く利用されている代表的なOSのうちのひとつです。

そのWindowsを快適に利用するために、OSの様々なプログラムを更新する仕組みが、Windowsアップデートなのです。プログラムのアップデートは、ネットワークに接続した状態であれば、通常自動的に配信され、更新が実行されます。

更新プログラムには、セキュリティー対策向上のためのセキュリティー対策プログラムや、コンピューターの信頼性を向上させるプログラムなどがあります。いずれも、お使いのコンピューターを安全で快適に利用するために更新するためのプログラムです。

Windowsアップデートをしないとどうなる?

コンピューターのOSには、セキュリティー上の問題が見つかったり、新しい機能が更新されたりと、日々情報が更新されています。

OSはコンピューターを動かすための中心となる機能を持つプログラムです。そのため、OSの機能に問題がある場合には、コンピューターを利用するときに正常に動作しないなどの問題が発生することがあります。

コンピューターをインターネットなどのネットワークに接続して利用する場合、セキュリティー対策に問題があるままの状態でコンピューターを利用すると、さらに危険性が高くなります。セキュリティーレベルが下がると大切な情報が外部に漏れてしまう可能性も出てくるでしょう。

Windowsアップデートで実施されることとは?

Windowsアップデートでは、発見された様々な問題を改善するための更新プログラムが配信されます。ネットワークを介してその更新プログラムを実施することで、利用しているコンピューターを最新の情報に保つことができるということなのです。

特にOSにセキュリティー上の問題が見つかった場合には、配信されるセキュリティ更新プログラムを速やかに実行することが重要です。セキュリティー問題をクリアにするということは、つまりユーザーの大切な情報を様々な敵から守ることになるからです。

現代では、OSのセキュリティーの隙を突いて攻撃する、ユーザーの脅威となるウイルスなどが、めまぐるしいスピードで誕生しています。その対応のために新しいセキュリティ更新プログラムが頻繁に配信されているのです。

脆弱性の修正

脆弱性(ぜいじゃくせい)とは、プログラムの設計段階でのミスや、それによって引き起こされる不具合が、結果的にセキュリティー上の問題などを引き起こすことをいいます。セキュリティーホールとも呼ばれ、ネットワークを介してコンピューターを利用する場合には特に、発見されたらすぐに対応が必要な問題といえます。

Windowsアップデートでは、この脆弱性を修正するための、セキュリティ更新プログラムが頻繁に配信されます。

近年、企業の保有する顧客データなどが流出したというニュースなどを頻繁に見かけますよね。その原因のひとつとして、コンピューターの脆弱性を狙って、第三者が悪意ある攻撃を仕掛けた場合が考えられます。

日々更新されるセキュリティ更新プログラムを実行することは、このようなトラブルを事前に防ぐために有効な手段なのです。

システムの不具合の改善

OSの発売後に見つかった、システムの不具合の修正の目的でも、アップデートが実施されることがあります。

システムの不具合を修正した内容の更新プログラムを実行することで、各ユーザーのコンピューターを最新の状態にすることができるというわけです。コンピューターをより快適に利用するためにも、配信された修正プログラムは、ぜひ実行するとよいでしょう。

新機能の追加、機能の廃止も

新しいOSの発売後、要望が多い機能などが追加されることがあります。その場合も、アップデート機能を利用してネットワーク経由で、ユーザーに新機能追加の更新プログラムが配信されることが一般的です。

また、なかには不要と見なされた機能が削除される更新プログラムが配信されることもあります。これまで頻繁に利用していた機能が突然消えてしまったときには、機能削除の更新プログラムが実行された可能性もあります。

アップデートの方法

アップデートの自動更新が有効になっている場合には、ユーザーが実行ボタンを押すなどの対応をすることはありません。

ネットワークに接続していなかったなどの理由で、配信されたが実行されていない更新プログラムがある場合には、「スタート」「設定」「更新とセキュリティ」「更新プログラムのチェック」の順にクリックしてみましょう。未実行の更新プログラムのダウンロードとインストールが実行され、コンピューターを最新の状態にすることができますよ。

Windowsアップデートを実行して、快適にWindowsを利用しよう

Windowsアップデートは、各ユーザーが利用しているコンピューターを最新の状態にし、セキュリティーの問題を解決するために配信されている更新プログラムです。

安全かつ快適にコンピューターを利用するために、配信された更新プログラムは、早めに実行しましょう。Windowsアップデートを確実に実行して、コンピューターを安心して利用できる環境に保ちたいですね。

※2019年12月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND