いま災害が起きたらどうする? 自分の身は自分で守ろう ~そなえる:連絡手段 編~

災害発生! 家族の状況は?

災害は必ずしも家族全員が家にいる状況で起こるとは限りません。緊急時にどのような手段で家族と連絡を取るか、家に戻れない場合どこに集合するかなど、あらかじめ家族で話し合って決めておくとよいでしょう。

今回は、災害時の安否確認方法や、情報収集について紹介していきます。

安否確認の手段を知っておく

電話やメールは、連絡手段としてすぐに浮かぶと思いますが、災害発生時など多くの人が同時に使用する状況においては、回線がパンクしてつながりにくくなってしまいます。そんなときのために、通話以外の手段も知っておくと安心です。

災害用伝言ダイヤル(171)

災害用伝言ダイヤル(171)は、災害の発生により被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される「声の伝言板」。被災地の方の電話番号をキーにして、安否等の情報を音声で登録・確認できるサービスです。NTT東日本・NTT西日本の加入電話、INSネット、公衆電話、ひかり電話、特設公衆電話、および、NTTドコモの携帯電話から利用できます(その他の電話等からの利用については、契約中の通信事業者へお問い合わせください)。

災害用伝言ダイヤル(171) | 災害対策 | 企業情報 | NTT東日本

災害用伝言ダイヤル(171)|NTT西日本の災害の備え・対策サイト|NTT西日本

 

災害用伝言ダイヤル『171』ご利用方法 | JCOMサポート

災害用伝言板

日本国内で震度6弱以上の地震など大規模な災害が発生した場合に、メッセージの伝言板の役割を果たすシステムで、各電話会社が提供しています。災害用伝言ダイヤルは音声を登録しますが、災害用伝言板は文字によるメッセージを登録することができます。

災害用伝言板 | お知らせ | NTTドコモ

災害用伝言板サービス│災害時・緊急時対策│au

災害用伝言板 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

※災害用伝言ダイヤルと災害用伝言板は、災害発生に備えて体験利用することができます。詳しくは各ウェブサイトをご覧ください。

Google パーソンファインダー (安否情報)

Google パーソンファインダーは、個人が、災害の影響を受けた親類や友人の状況を掲示したり検索することができるウェブアプリケーションで、以下のことができます。

・自分の安否を伝える
・家族や友人の安否を確認する
・他の人の安否を伝える

パーソンファインダー (安否情報):日本

Facebook 災害時情報センター

災害時に、自分やFacebookでつながっている人の安否報告・確認ができるFacebookの機能で、以下のことができます。

・Facebook上でつながっている友達や家族に自分が無事であることを知らせる
・災害の影響を受けた地域にいる人の安否を確認する
・Facebook上でつながっている友達の無事を報告する

災害時情報センターのご案内 | Facebookニュースルーム

ガムテープが伝言に使えることも

電話が繋がらない状況で不安を抱えながらただひたすら「待つ」というのは、精神的に追い詰められてしまう場合も。連絡を取ることができない状況になった場合のための集合場所は、必ず家族で決めておきましょう。

集合場所を自宅にする、というのも一つの手ですが、全倒壊してしまった家などの場合は「●●学校にいます」などガムテープなどに伝言を残し、家族がわかる場所に貼っておくという方法もあります。

倒壊しても残るであろう場所を決めておくこと、プライバシーが守れる書き方をするなど注意は必要ですが、一番強いのがアナログの方法だったという過去事例も存在しますので、アナログ方式の伝言方法についてもしっかり話し合うようにしてください。

本当に守ってほしい「電話は控える」

まだまだ浸透していない「緊急時の電話問題」。本当に優先されるべき救急などの電話が回線混雑によって繋がらなくなる問題ですが、被災地に家族がいるなど、自分にとって「緊急」である以上、その判断は難しいかもしれません。しかし、公共の電話機は今でも固定電話が使われています。また今でも固定電話しか持っていない方は存在しますので、SNSのメッセージ交換や無料通話電話が使えるのであれば、そちらを優先して利用するようにしてください。

公衆電話の利用

最近めっきりお目にかかることが減っている『公衆電話』。現在の10代、10代未満の人は公衆電話の使い方を知らない人が少なくありません。昭和から平成を生きた大人たちにとっては信じられないことかもしれませんが、テレホンカードを触ったことがない子どもたちは多いのです。必ず子どもたちに公衆電話の使い方を教えてあげてください。

公衆電話は災害時に無料で通話ができる電話機ですが、通話終了時に硬貨が返却される仕組みのため、10円玉は必要です。

ひと昔前は学校の名札の裏や、ランドセルに10円玉を1枚持っている小学生も多くいました。学校のルールに従い、緊急時用の硬貨を持たせてあげることも検討してください。

状況に応じた情報が得られるようにする

自分が置かれている状況(環境)などで欲しい情報も異なります。いざ緊急事態に直面すると、どこで何を調べたらいいのか困ってしまうことも考えられますので、今のうちに整理しておくとよいでしょう。一例を紹介します。

防災関連アプリ

防災速報だけでなく、避難場所リスト・ハザードマップ・緊急連絡先や、防災コラムなど、日頃の備えについてもさまざまな情報が掲載されています。また、インターネット経由で民放ラジオの放送を受信できるサービスでは、避難時に最新情報を入手することができます。普段ラジオを聴かないという人も、いざという時のために入れておくと安心です。

NHK ニュース・防災アプリ|NHK NEWS WEB

防災速報(無料):地震、津波、ゲリラ豪雨などの速報がメールやスマートフォンアプリに通知 – Yahoo!防災速報

goo 防災アプリ

radiko(ラジコ) | ラジオがインターネット(アプリやパソコン)で無料で聴ける

また、ケーブルテレビ会社のJ:COMが提供している地域情報アプリ「ど・ろーかる」では、コミュニティチャンネルで放送している地域のニュースや、特別番組をライブ配信しています。災害発生時には緊急特別番組もライブ配信されるので、自分の住んでいる地域の情報を得たい場合はおすすめです(サービス提供エリア内に限ります)。

地域情報アプリ「ど・ろーかる」| MYJCOM

ライフライン

各電力会社・ガス会社・水道局のウェブサイトには、災害時に有効な情報が掲載されていますので、一度見ておくとよいでしょう。

電気:停電時の対処法や配電盤の確認方法など
ガス:ガスの供給停止後、再び使用するときに必要なガス機器の確認箇所など
水道:断水時の応急給水拠点など

交通機関

公式サイトへの掲載のほか、乗り換え案内サイトやTwitterで情報発信されている場合もあります。アクセス集中により公式のウェブサイトが閲覧しづらいときは、利用してみましょう。

運行情報(JR、私鉄、地下鉄、新幹線、フライト) – Yahoo!路線情報

運行情報|ジョルダン

運行状況 – NAVITIME

政府が提供している防災情報

内閣府が提供している防災情報のウェブサイトでは、災害状況、 被害状況の公表のほか、防災対策情報や内閣府の防災に関する政策等を公開しています。大きな災害が発生した場合には、被災者に向けて有益な情報を掲載したサイトが開設され、「生活支援」や「各種手続き」、「医療」、「教育」など、多岐にわたる情報が掲載されます。また、政府が情報発信をする災害関連Twitterもあります。

防災情報のページ – 内閣府

災害関連ツイッター | 首相官邸ホームページ

特設サイト参考:平成30年7月豪雨で被災された皆さまへ | 首相官邸ホームページ

緊急時対策カードを作成する

緊急時には「自分と家族の安全は自分が守ること(自助)」が重要となります。家族で話し合って緊急時対策カード(防災カード)を作成し、いざという時に慌てずに行動できるように携帯しておくことをおすすめします。

記入内容は、「安否確認ツール」の情報、自宅や学校、会社の近くの「避難場所」や、「家族で集合する場所」の共有などです。本人の基本情報や家族の連絡先の記入は任意ですが、携帯電話が使えない状況を想定して、記載しておくとよいでしょう。一から手作りするのは大変、という方は以下のサイトを参考にしてみてください。

災害・避難カード事例集 – 内閣府

【最短1分】防災カードで生き延びる!作り方とテンプレートをご紹介 | みんなのBCP

「防災手帳」を無料ダウンロード【災害時の家族のお守りに】| ブログ | フォトブック・フォトアルバム TOLOT

災害時に使えるツールを多く知っているほうがいい

災害時は連絡が取れないということがストレスになり、冷静な行動が取れないことも。特に電話番号は暗記するにも限りがありますので、財布や子どもたちの名札に連絡先のメモを入れておくなど、普段からできる対策をしっかり取るように心がけましょう。

 

※2019年10月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING