SNS炎上や通販トラブルに備えよう! ネットトラブルはプロにおまかせ

SNSの“炎上”や、クリック詐欺といった「ネット上のトラブル」。ニュースなどで報じられることも多いですが、「私は大丈夫!」「自分にとっては遠い話」と思っていませんか? 「実は、知らないうちにトラブルに巻き込まれていた」ということもあるほど、身近にリスクが潜んでいることがあります。いざという時にどうすれば良いか、ネットトラブルの注意点とその解決方法を知っておきましょう。

ネットトラブル、どんなものがあるの?

誰もがスマホやPCを介してインターネットを利用している現在。それに伴う犯罪やトラブルも、さまざまなものが発生しています。不正決済や詐欺といった大きなトラブルから、SNSを発端とした諍いや子ども同士のトラブルまで、その事例は多種多様。まずは具体的な事例を「トラブル巻き込まれチェックリスト」と併せてご紹介します。チェック項目が自分に当てはまるようなら要注意!

知らぬ間に情報が盗まれることも! 「SNSトラブル」

情報発信系のSNS(FacebookやInstagram、Twitterなど)を利用したことがある人なら、友人や知人のアカウントが乗っ取られているような投稿を目にしたことがあるのでは? また、自分がアップした画像が無断で使用されていた、などということもよく聞きますよね。これらもネットトラブルのひとつです。

当てはまるようなら要注意 「SNSの使い方」チェック!

□IDやパスワードはほとんど同じものを使用
□アカウントは持っているが頻繁には更新しないこともあり、プライバシー設定を見たことがない
□子どもがどんなSNSを利用しているか把握していない

ちょっとした一言で巻き起こる「炎上トラブル」

SNSでのトラブルとしては、自分の発言や投稿による“炎上”や名誉毀損のトラブルも身近なリスクとして挙げられます。匿名性が高いこともあり、つい思ったことをそのまま発してしまいがちですが、あまり深く考えることなくつぶやいた一言が、後々大きな問題になってしまったという例は少なくありません。また、読んだ人が間違った捉え方をしたことで大きな騒動に発展したり、配慮なくアップした写真が、誰かの人権や著作権を侵害していた、といったケースも。

当てはまるようなら要注意 「ネットリテラシー」チェック!

□裏アカウントを持っている
□知らない人が写っている写真をSNSにアップしたことがある
□公共の場所でもよく写真を撮っている
□匿名の掲示板などに書き込みをすることがある

おいしい話や気軽な登録による「個人情報トラブル」

突然送られてきた「おめでとうございます! 当選しました」といったメッセージや、身に覚えのない架空請求メールには“開かない・連絡しない・無視する”という対応が鉄則ですよね。このような“明らかに怪しい連絡”への対処法は、今やほとんどの人が実践していますが、友人経由で来たメッセージや、信頼できると思っていたアプリにトラブルの種が潜んでいることも! 名前や居住エリア、電話番号や誕生日などの情報をネット上で登録する際などは、そうした認識を持って、細心の注意を払ってください。そこからクレジットカードのデータまで盗まれてしまう可能性もあるのです。

当てはまるようなら要注意 「クリック興味度」チェック!

□占いやマッチングなど、自分のことを知りたくて情報を登録したことがある
□友人も利用していると聞いたら、安心してしまう
□興味を持ったリンクは、ついついクリックする癖がついている

届いてみたら、何か違う! 「ネットショッピングトラブル」

クリックひとつで欲しいものが自宅に届く。ネットショッピングはとても便利ですが、通販サイトやフリマアプリにまつわるトラブルも増えています。「購入商品が届かない」「商品写真と実物が大きく異なる」「知らない間に定期購入になっていた」などが、その主な例。また、よく利用するサイトのアドレスに似せたアカウントからのメールで、クレジット情報を入力したことで詐欺に遭った、というような事例も報告されています。

当てはまるようなら要注意 「ネットショッピング」チェック!

□ネットだと他より安く売っている理由を考えたことがない
□本物そっくりの偽サイトがあったら見分けられない
□よく使っているWebサイトでクレジット情報を要求されたら、迷わず入力
□有名な企業からのメールリンクはクリックしても大丈夫だと思う
□登録していないアドレスでも、名前に見覚えがあれば返信する

トラブルに巻き込まれたら、自分だけで解決するのはまず不可能!

チェックリストの項目、当てはまるものはありましたか? 「言われてみれば、私もそうしているかも」という事項はありませんでしたか? ちょっとした“気の緩み”により、知らず知らずに巻き込まれてしまうのがネットトラブルの怖いところ。上述のように、インターネット上は匿名性が高い場所でもあります。トラブルに巻き込まれ不利益を被っても、相手や加害者の顔は追いづらく、個人で対応するには限度があります。高額請求やショッピングのトラブルなどで、カード会社や通販サイトが対応してくれるケースも多少はありますが、極めて稀。SNSでのトラブルなどでは、アカウントを削除しても問題が解決しない事も多々あります。

自分や家族を守るための“保険”。トラブルはプロにお任せ

トラブルに巻き込まれないためには、そしてもし巻き込まれた場合はどうすればいいでしょうか。現時点では、“弁護士などのプロに相談すること”が最良かもしれません。ただ、プロに相談となると、費用なども心配ですよね。

そんな人たちのために、最近増えているのが、ネットトラブル専門の保険です。主に、大手の通信会社などからスタートしたこの保険は、手軽な月額利用料金ながら、ネット上の多岐にわたるトラブルに対応しています。弁護士への相談費用、特定の書き込みやサイト管理者への削除依頼や情報開示要求、警察への被害届提出など、トラブルから派生するさまざまな補償や特典が付いています。

また、“水をかけてしまい動かなくなったパソコンからデータを取り出したい”などのお困りごとにも対応してくれることも。まずは、どんな補償が受けられるのか、チェックしてみることをおすすめします。

ネットトラブル安心サポート(NTTドコモ)

ネットあんしん保険(J:COM)

自分から動かなくても、トラブルはやってくると思っておこう

インターネットが身近になるにつれ、トラブルもどんどん身近な存在になってきています。まったく何の意図も持たず、日常的に行っていたことが、実はトラブルのきっかけになってしまうこともあります。まずは、プライバシー管理やSNSにまつわるリテラシーを見直してみてください。トラブル対策として有効な、保険の活用も意識してみるといいかもしれません。

▼こちらの記事もおすすめ

※画像はイメージです。
※2020年12月現在の情報を掲載しています。商品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。