情報漏洩の危険性も! パソコン&タブレットの正しい処分方法を学ぼう

在宅勤務やテレワークが増えることによって、パソコンやタブレットを新調した方も多いのではないでしょうか。そんなとき、古いパソコンはどうしていますか? 意外なトラブルに巻き込まれないためにも、今まで大切に使ったパソコンやタブレット、ハードディスクなどの正しい処分や回収方法を知っておきましょう。

使わなくなったパソコン処分・回収前にやるべきことは?

パソコンは破損

古いパソコンやタブレット、「使わずに充電も切れてしまったし、そのまま処分や回収依頼をしてしまおう」と思うかもしれませんが、それはとても危険です。氏名などだけでなく、ネットショッピング記録やクレジットカードの情報、サービスのアカウントIDやパスワードなどの重要な個人情報も、パソコンやタブレットにはたくさん詰まっています。万が一のトラブルを避けるためにも、もう使用しないと決めたパソコンやタブレットのデータ消去は必須です。ハードディスクを取り出して、物理的に破壊してしまうという方法もありますが、回収処分の妨げになる場合もあります。

ハードディスクの初期化は完璧ではない!? データを完全に消去するには

パソコンのセキュリティー保護

パソコンやタブレットのデータを消去するために、まず行うべきなのはハードディスクの初期化。これは“基本のき”ですが、実は、初期化や出荷時の状態に戻しただけでは、特殊なソフトの利用で復元が可能なこともあるようです。そのため、しっかりとデータを消去したい場合はデータ消去ソフトの利用がおすすめ。また、データ消去の前に、今後必要なデータのバックアップもお忘れなく。

安心&安全な処分・回収方法を知っておこう

パソコン処分

データ消去が完了したら、処分や回収へ。実は、パソコンやタブレットの処分・回収方法は多種多様で、パソコンは一部の家電製品と同様に、回収が義務付けられている「資源有効利用促進法」が適用される製品に該当します。そのため、粗大ごみとして捨てるのはNG。ここでは、自分の住んでいる地域や価格に合わせて選びたい、4つの方法をご紹介します。

1. 自治体の用意している回収ボックスを利用

リサイクル回収ボックス

住んでいる自治体によっては回収ボックスが設置されていることも多いので、これを利用するのが最も手軽な処分方法です。タブレットに関しては、重さや「PCリサイクルマーク」の有無などによって、「パソコンとしてリサイクル可能か」、「スマホとして分類されるか」が分かれることもあるので注意が必要です。パソコンのほか、プリンターなどの小型家電も対象となっている場合も多く、処分費用や回収場所・方法は各自治体で大きく異なるため、問い合わせやウェブサイトなどで確認しましょう。データの消去は行われないことが多いので、自分でデータを消去してからの処分が必須です。

2. パソコン&タブレットのメーカーの回収サービスを利用

個人で利用しているパソコンや、リサイクルマークのついたタブレットは、メーカーが回収してリサイクルすることが義務付けられています。該当するかどうかのチェックポイントは「PCリサイクルマーク」のステッカーが貼られているかどうか。ついている場合はメーカーが無料で引き取ってくれます。万が一「剥がしてしまった」、「見当たらない」という場合や、該当しない場合でも、有償で回収してくれることもあるので、メーカーに連絡を入れて問い合わせをしてみましょう。回収依頼は各メーカーに連絡を入れ、自身で梱包を行って郵送するのが一般的。データ消去もメーカー側が対応してくれるところが多いですが、心配な場合は自身でしっかりデータ消去をします。

PCリサイクルマークについて :: PC3R

3. 自作パソコンやメーカーを問わない回収ならリユース企業を利用

パソコン回収

「PCリサイクルマーク」の付いていないパソコンや自作のパソコンなど、有償での回収になってしまうものも無料で回収してくれる場合が多いのが、パソコンリユース企業です。問い合わせを入れた後、郵送もしくは持ち込みが一般的。メーカー同様にデータ消去も行ってくれますが、信頼できる業者かどうかを判断する目利きも必要です。

4. 中古買取店や家電量販店の下取り&買取サービスを利用

比較的新しい機種や性能の高いパソコンなどを処分するなら、中古買取店や家電量販店を利用するのもおすすめです。中古買取店では人気のあるパソコンなどには高値がつく場合も。また、フリマアプリなどを利用して個人売買をする方法もありますが、その際はきちんと確実にデータ消去を行うように注意が必要です。家電量販店での下取りを利用すると、新たに購入するパソコンが値引きになる場合もあるので、買い替えを検討した時点で調べてみるのが良いでしょう。

買い替え検討時に処分方法も同時にチェックするのがおすすめ

パソコン

有償、無償での処分や買取によってお金が戻ってくる場合もあるなど、多種多様な方法があるパソコンやタブレットの処分・回収方法。新しいパソコンを購入後に調べるよりも、購入を検討した時点で処分の方法も頭に入れておくのが得策です。重要な情報が多く含まれているものですので、しっかりと注意を払ってデータの消去や回収方法を選びましょう。

▼こちらの記事もおすすめ


32bit版と64bit版は何が違うの?<パソコンの選び方> | らしく。

32bit版と64bit版は何が違うの?<パソコンの選び方> | らしく。

OS(パソコンを動かすためのソフトウェア)のひとつであるWindowsには、32bitと64bit版が販売されています。これらにはどういった点で違いがあるのでしょうか?この記事では、パソコンの買い替えや、OSのバージョンアップを検討されている方向けに、32bitと64bitの意味や違いについて解説します。…


4GBと8GBどちらがいい?<パソコンの選び方> | らしく。

4GBと8GBどちらがいい?<パソコンの選び方> | らしく。

Window7のサポート終了が目前に迫る中、Window10の導入を考えているひとも多いでしょう。買い替えを考えた時にまず気になるのはパソコンのスペックです。中でもメモリーは迷うところではないでしょうか。この記事では、メモリーがパソコンで果たす役割とメモリー容量の選び方についてご紹介します。…

※画像はイメージです。
※2021年6月現在の情報を掲載しています。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。