Windows VISTA サポート終了に伴う問題点や危険性

Windows Vistaのマイクロソフト延長サポートが、2017年4月11日に終了しました。

マイクロソフト延長サポートが終了しても、パソコンは使い続けられますが、セキュリティ上大変危険な状態になってしまいます。どういった問題が発生し、なにが危険なのかを解説しますので、大至急対策をとってください。

サイバー攻撃やアカウント乗っ取りによる悪用の危険性

マイクロソフト延長サポートが終了すると、「セキュリティ更新プログラム」の提供が終了するため、万が一脆弱性が発見されても修正されません。例えるなら、家の玄関の鍵が壊れている状態で外出するようなものです。

すると、そこを狙ってサイバー犯罪者が攻撃をしかけてきます。玄関に鍵がかかっていなければ泥棒が入ってくるのと同じことです。マルウェアやボットに感染してしまうと、個人情報の漏洩やアカウントの乗っ取り、他のパソコンへの攻撃などに悪用される非常に危険な状態になります。

こうしたOSの脆弱性を狙う攻撃は、仮にセキュリティソフトを使っていても防げない危険性が高くあります。2017年4月11日以降、Windows Vista搭載パソコンをインターネットにつなぐのは非常に危険ですので、絶対にやめてください。

利用不可能なサービスも…パソコンの買い替えがおすすめ

また、Webサービスもセキュリティの観点からWindows Vistaのサポートを終了していきます。銀行や証券会社などのインターネットサービスを使っている場合、Windows Vistaのサポート終了と同時に利用できなくなる可能性もあります。

すでにWindows Vistaでは使えないアプリもあります。例えば、GoogleのWebブラウザー「Google Chrome」は、すでにWindows Vistaには対応していません。

以上のような理由から、現在、Windows Vistaをまだ使っている方は、お早めに新しいパソコンに買い替えることをおすすめします。

なお現在、お使いのパソコンのまま、最新のWindows 10などのOSを入れ直すことは避けてください。

Windows Vista販売当時のパソコン性能で、最新のWindows 10を使うには能力が足りない可能性が高いです。

Windows 10を購入してインストールできても、動作が遅い、起動しないなど正常に使えない危険性も考えられます。

パソコン自体を買い替えたほうが結果的に安全といえるでしょう。

自分のパソコンがWindows Vistaかどうかの確認を!

お使いのパソコンがWindows Vistaかどうかは、下記の手順で確認できます。

1.Windows キーを押しながら、Rキーを押します。

2.または、「スタート」 メニューから 「ファイル名を指定して実行」 をクリックします。

3. winver と入力し 「OK」 をクリックします。

Windows OSのバージョンの確認方法は?(Windows Vista) | JCOMサポート

また、Windows Vista以外のOS、例えばいまだにユーザーの多い Windows 7(Service Pack1)のメインストリームサポートは2015年1月13日に終了しています。また、マイクロソフト延長サポートは、2020年1月14日までとなっていますので、すでに残り1年をきっていることも覚えておいてください。その他のOSのサポート期間は、以下のサイトで確認できます。安全にパソコンを使うためにも、一度バージョンの確認とサポート終了日時を確認しておいてください。

Windows ライフサイクルのファクト シート(Microsoft)

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING