映像表現に優れた有機ELテレビって知ってる?その魅力を紹介します!

くつろぐ

次世代の薄型テレビと呼ばれる「有機ELテレビ」。

製品自体は10年以上前からありましたが、2017年に国内メーカー3社が次々と新機種を発売したことで話題になりました。 いったい有機ELテレビはなにがスゴイのか?

そんな疑問のこたえるべく、今回は注目度急上昇中の有機ELテレビについて解説していきます!

有機ELとは何のこと?

有機ELというのは、「有機エレクトロ・ルミネッセンス(Organic Electro-Luminescence)」の略称です。細かい原理は専門的な話になってしまうので省きますが、「有機化合物に電圧をかけると発光する現象」のことを指す言葉です。

本来は発光現象自体を指す言葉ですが、「有機ELテレビ」の場合は、この現象を利用して映像を映し出すテレビという意味で使われています。

なお、世界的には「OLED(オーレッド)」(Organic Light Emitting Diode)という呼称が一般的です。厳密にいうとそれぞれが意味するところは違うのですが、日本では「有機EL」、海外では「OLED」と呼んでいると考えてもらって問題ありません。

有機ELの魅力を紹介

有機ELテレビが、“次世代の薄型テレビ”と呼ばれるのは、現在主流の液晶テレビをさまざまな面で凌駕するからです。ここでは、液晶テレビと比較しながら、どこがスゴイのかを見ていきましょう。

まず、液晶テレビの仕組みと特徴を説明します。液晶テレビは、後ろから照らす“バックライト“の光を液晶で調整し、赤・青・緑のカラーフィルターを通すことで映像を表示しています。そのため、映像が明るく、画面サイズの制約がありません。

その反面、構造的に薄型化に限界があり、視野角が狭い、応答速度が遅く残像が出るといった問題があります。また、バックライトを完全に遮断することができないため、本来は真っ黒でなければいけない部分が薄明るく表示され、黒が正確に再現できないという大きな欠点も抱えています。

一方、有機ELテレビは、パネル自体が発光する“自発光方式”のため、こうした液晶テレビの欠点がほぼ解消されました。具体的に特徴を見ていきましょう。

・薄型化&軽量化

有機ELテレビは、パネル自体が発光する「自発光方式」のため、液晶テレビのようなバックライトがいりません。そのため、構造が単純で液晶テレビよりも薄くできるのが大きな特徴です。

その薄さは500円玉3枚分とほぼ同じ約6mmを実現しました。液晶テレビはだいたい5~6cmですから、約10分の1の薄さです。

また、パネルが薄くなったことで重量も軽くなっています。画面サイズによっても変わってきますが、約10~15Kgの軽量化が可能で、液晶テレビの3分の2程度の重さが実現しました。

・色再現性が高い

有機ELテレビは、画素ひとつひとつの明るさが調整可能で、完全に消灯させることもできるため、完全な黒をしっかりと表現できます。そのため、暗部の階調もしっかり表現でき、100万対1という超高コントラストを実現してます。一般的な液晶テレビは1000対1ですから、実に1000倍もの差があることになります。

また、液晶テレビよりも色再現性も発色も優れているので、より高精細な映像を楽しめます。さらに、視野角も非常に広く、ほぼ真横から見ても色もコントラストもほとんど変化しないという特徴もあるため、映像表現に関しては液晶テレビをはるかに凌駕します。

・応答速度が早い

有機ELテレビは、各画素の輝度を瞬時に変更できるため応答速度が速く、画面の動きが激しい映像でも残像が出ることはありません。

寿命の短さと価格の高さがデメリット

映像表現に関しては非の打ち所のない有機ELテレビですが、残念ながら欠点もあります。ひとつはパネルの寿命が短いことで、約30000時間となっています。仮に1日8時間視聴したとすると3750日となり、約10年は使える計算です。

1日8時間見るという方はそれほど多くないと思いますので、現実的には寿命よりも先に他の部分が故障したり、新しいテレビに買い替えるタイミングの方が先にくると考えられますが、液晶テレビに比べると寿命が短いのは事実です。

そして、もうひとつの欠点は価格です。まだまだ発展途上のため、液晶テレビにくらべて価格が高いのです。たとえば、同じ55V型で比較すると、有機ELモデルが約26~30万円もするのに対して、液晶テレビは約10~15万と半額以下となっています。

とはいえ、有機ELテレビは、昨年の登場当初は約50~60万円でしたので、価格はかなりこなれてきたといえるでしょう。

また、現在市販されている有機ELテレビは、白く発光する有機ELの前にRGBのフィルターを置くカラーフィルター方式と呼ばれるものとなっています。将来的には、より高精細な映像が実現できるRGBの有機ELがそれぞれ発光する“RGB3色塗り分け方式”が登場するのは確実で、映像にこだわる方にとっては気になる存在でしょう。

もし、買い替えや新生活用に新規購入を考えているのであれば、家電量販店などで液晶テレビと有機ELテレビの映像見比べてみてください。きっと、有機ELテレビの映像に驚くハズです。

価格も技術もこなれた液晶テレビか?

価格は高いものの圧倒的な映像表現の有機ELテレビか?

テレビに求めるものと予算で選択肢は変わってくると思いますので、じっくり考えて後悔のない選択をしてくださいね。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING