自分にぴったりのモバイルバッテリーを正しく選ぼう

モバイルバッテリーは携帯電子機器の予備電源

スマートフォンやタブレット、加熱式タバコなど、携帯する電子機器の緊急電源になってくれるのがモバイルバッテリーです。どの製品も似たように見えますが、蓄電容量や対応可能な電流出力には違いがあります。

膨大な製品の中からどのように自分のベストを選んだらいいのか、種類の違いについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

バッテリー容量はスマホなら10,000mAh、タブレット以上は20,000mAh

蓄電できる電力量、すなわちバッテリー容量は、モバイルバッテリーのもっとも重要な要素です。パッケージなどには「mAh(ミリアンペアアワー)」の単位で表されています。

蓄電した電力は充電時に発生する熱によってロスが生じるので、実際に使用できる電力量は、示された値の6~7割程度になってしまうことを覚えておきましょう。

ちなみに、iPhone XSのバッテリー容量は2,658mAh、iPhone 7が1,960mAh。AndroidのXperia XZ3が3,200mAh、HUAWEI P20が3,400mAhです。

また、タブレットではiPad Pro(第3世代12.9インチ)が9,764mAh、HUAWEI MediaPad M5が5,100mAhなので、スマートフォンに使うのなら2回ほど充電可能な10,000mAh程度を、タブレットには20,000mAh程度の製品を選ぶと良いでしょう。

大きな機器を充電するなら電流出力2A以上を選ぼう

「A(アンペア)」で示される電流出力は、モバイルバッテリーから機器へ充電するときの早さや、大きな機器を充電できるかといった要素と関係しています。大きなスマートフォンやタブレットは、電流出力が2A以上なければ充電できません

出力用に複数のUSBポートが用意されているタイプは、個々のポートの出力量まで確認しましょう。例えば、「2ポート合計で合計3.6Aの出力に対応」と示されている製品では、2ポートを同時使用するとどちらも2A以上の出力が出ない場合もあるので、注意が必要です。

急速充電機能にも規格の違いがある

「W(ワット)」で示される急速充電機能にも、製品によって色々な違いがあります。WはV(ボルト・電圧)とA(アンペア・電流出力)のかけ算によって求められるので、この2つの値に着目してモバイルバッテリーを選びましょう。

(1)USB PDとUSB BC 1.2

USB PD

USB PDとは、最大100Wの電力を送れる、USBを使った電源供給の規格のこと。「PD」は、電源供給を意味する「Power Delivery」を略したものです。

USB PDは「USB 3.1 Type-C」、「USB 2.0 Type-C」に対応しており、iPhoneの8以降や、USB Type-CポートがあるAndroidスマートフォンのほか、iPad Proの10.5インチモデル以降や、LGのLG gramなどのタブレットやノートパソコンにも対応できる製品もあり、汎用性があるのが魅力です。4.5Wまで電力を送れる「USB 3.0」の約22倍の電力供給が可能で、ハードディスクやディスプレイなど大きな電力を使うパソコン周辺機器にも、USB経由で電力を供給することができます。ちなみに、バッテリー量がゼロのiPhone 8の場合、30分で50%程度まで充電することができます。

USB BC

USB BCとは、「BC」とは、「Battery Charge」のこと。スマートフォンなど、電力の供給を受ける機器は、接続された際に、USB BCのポートかどうかを判別して充電を行うことができます。iPhoneの7以前や、バッテリーが小さめのAndroidスマホなどでしたら、以前からあるUSB BC 1.2規格(5V/1.5A(7.5W))のものが対応しているので、そちらを利用しましょう。

(2)Quick Charge

Quick Chargeとは、スマートフォンやタブレットなどを高速に充電する規格のこと。Android端末を中心に普及が進んでおり、通常のUSB充電に比べて高速に充電することができます。たとえば、「Quick Charge 3.0」充電規格であれば、USB充電の約4倍も速くスマートフォンのフル充電ができます。通常のUSB充電では5V電圧を使用しますが、Quick Chargeは通常の5Vよりも大きい電圧を使って充電できるので、急速充電が可能となっています。また、使用する電圧は、充電器が自動で対応・非対応の判別をするため、Quick Chargeに対応していないスマートフォン・タブレットを充電器に接続された場合は、通常通り5V電圧を使用してUSB充電を行います。

Quick Charge 3.0の後継規格として、「Quick Charge 4」「Quick Charge 4+」という規格がありますが、「Quick Charge 4」を除いて、Quick Chargeは後方互換性を備えているため、たとえば3.0に対応していれば2.0のACアダプタもそのまま使うことができます(その場合は2.0の性能になります)。

また、「Quick Charge 4」「Quick Charge 4+」の特徴はUSB PDと互換性があること。4と4+の ACアダプタは、先ほど紹介した「USB PD端末」も充電することができます。逆に、USB PDのACアダプタでも、4と4+の端末を充電することができます。

おすすめのモバイルバッテリー

Anker(アンカー)

Ankerの「PowerCore 10000 Redux A1234011」は、手のひらにすっぽり収まるほどのコンパクトサイズながら、10000mAhの大容量モバイルバッテリー。人間工学に基づいた曲線デザインと滑りにくいストライプメッシュ加工を採用することで、女性や子どもでもしっかりとしたグリップ感を実感できる「究極の持ちやすさ」を実現。本体サイズは幅 104×高さ 25×奥行 52mm、重量は約184g。出力が5V=2.4A。micro USBケーブル、トラベルポーチなどが付属しています。

Anker PowerCore 10000 Redux |モバイルバッテリー・充電器の製品情報 | Anker(アンカー)公式オンラインストア

BLUEDOT(ブルードット)

BLUEDOTの「BMB-PD101」は、USB PD・Quick Charge 3.0対応で、10,000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。また、USB出力端子が2つあるのでスマートフォンやタブレットを2台同時に充電することができます。2つの出力ポートのうち、1つがUSB Type-Cポートになっており、最新のiPhoneやiPad、Androidスマートフォンの急速充電にも対応しています。

BMB-PD101 | BLUEDOT株式会社

ADATA(エイデータ)

台湾に本社を置く本拠を置くメモリー製品のメーカー、ADATA。USBフラッシュメモリーやmicroSDカードなどで見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ADATAの「Power Bank P20000D」は、タブレットなら 1.8 回、平均的なスマートフォンなら約 6.4 回の満充電が可能な20,000mAhの大容量バッテリー。こちらも2つのUSBポートがあり、2台同時充電が可能です。また、大容量を備えているだけでなく、実際の電力残量を最大 100 で具体的に表示するデジタルディスプレイを搭載しているため、正確な残量が一目で把握できます。

そしてもう一つの特徴が、高輝度の LED 懐中電灯機能を装備していること。アウトドアや旅行のお供にもぴったりです。

P20000D パワーバンク | 説明 | ADATA コンシューマー

モバイルバッテリーは、上記以外にもさまざまなメーカーが販売しています。

自分ではどのタイプのバッテリーが合うのか正直よくわからない……という方は、携帯ショップや家電量販店の店員に相談するのが安心です。お持ちの端末で最適なパフォーマンスが得られるモバイルバッテリーを見つけてくださいね。

※「充電可能な回数」は、端末の状態と使用状況によって異なる場合があります。

※2019年11月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING