脇汗・汗じみの不安解消! 楽しく夏を過ごすための対策ポイントとおすすめコーデ

暑くなってくると日焼けや紫外線だけでなく、汗によるしみや臭いへの対策も必要になってきます。汗対策を万全にして、夏らしいおしゃれを楽しむ方法とは。有名人のスタイリストを長年務める髙村純子さんに、汗じみを目立たなくする洋服選びのポイントやコーディネート術を伺いました。

脇汗の悩みを解消して清潔感アップ。夏の洋服選びの3つのポイント

汗かきさんにとって夏は悩み多き季節といっても過言ではないでしょう。特に気になる箇所が脇の下にかく汗で「脇汗」といわれる部分です。脇汗が目立たない洋服を選ぶときはこんなことに気を付けてみましょう。

汗じみが目立たない「白」のトップスを選んで見た目も爽やかに

シャツブラウス

脇汗対策の洋服選びで最も重要になるのが「色」です。汗を抑えることはなかなか難しいので、目立たないことを重点に白系のシャツやブラウスをチョイスしてみるのがいいでしょう。グレーなどの色物を着用する場合には、無地のシンプルなものではなく、プリント(柄)入りのものを選ぶのがおすすめです。目の錯覚効果で汗じみが目立たなくなります。

通気性の良いガーゼ、シアサッカーなどの肌に優しい素材を選んで快適に

ガーゼ

たくさん汗をかく赤ちゃんの肌着などで多く用いられる素材を選んでみることもポイントです。さらっと薄手で涼しい天竺(てんじく)や、ふんわりと柔らかくて肌なじみの良いガーゼやシアサッカーなどは風通しが良くておすすめの素材です。表面がさらっとしたものよりも凸凹した素材のほうが汗がしみにくいという特徴があります。

デザインを選ぶときのキーワードは「ゆったりワイド」

洋服選び

Tシャツを選ぶときには、体のラインに沿ってぴったりとしたものを選ぶよりも、肌の接触が少ない袖の部分が大きめに作られたビッグTシャツなどがおすすめです。カジュアルすぎずに上品な服装を楽しむなら、フリル袖のトップスやノースリーブのチュニックなど、袖部分に工夫を凝らしたデザインを選ぶようにしましょう。

話題の「吸汗速乾シャツ」はひと回り大きいものを選ぶことでより効果を実感できます

吸汗速乾シャツ

近年話題になっている「速乾Tシャツ(ドライTシャツ)」は、その名の通り速乾性に優れたTシャツで、汗をかいてもサラサラで軽い着心地が特徴です。伸縮性もあるのでウォーキングなどのアクティブな場面でも重宝され、比較的リーズナブルな価格帯で手に入れることができます。

そんないいこと尽くしの速乾Tシャツですが、主にポリエステル素材が用いられているため、静電気が溜まりやすく、天然素材と異なり汗の臭いが残りやすいというデメリットもあります。上記に紹介したデザインの選び方と重複しますが、肌の接触を抑えるためにひと回りまたはふた回り大きめのものを選ぶようにしましょう。

脇汗によるしみや臭い対策におすすめの洋服コーディネート

汗じみやそれに伴って生じる臭いを気にしておしゃれを楽しまないのはもったいない! スタイリストの髙村純子さんにテーマ別におすすめのコーディネート術を教えてもらいました。

「エレガント」をテーマにシャツワンピースを着こなす

ふんわりコットンワンピース

提供:Old SUmmer/ふんわりコットンワンピース(16,060円 ※税込)※ハット、パンツ、シューズはスタイリスト私物

2021年夏もマキシ丈のシャツワンピースがトレンドになっているので、一着は持っていると重宝します。フリーサイズのシャツワンピースなら、袖周りが大きめにデザインされているので脇の接触が少なく、汗じみも軽減され、臭いも気になりません。ボトムスはレギンスやぴったりとしたパンツよりも、少し太めのパンツを合わせるとエレガントな雰囲気になります。

「おとなカジュアル」をテーマにサロペットでこなれ感のあるおしゃれを

ストレッチデニムサロペット

提供:Old SUmmer/ストレッチデニムサロペット(22,220円~23,210円 ※税込)

昨シーズンに引き続き、アパレル業界が注目するファッションのひとつがサロペットです。ゆるっと着られるのに、トップスやシューズなど合わせるアイテムで雰囲気をがらりと変えられるのが魅力。シンプルになりがちな白のトップスですが、ゆったりめのシャツを合わせることで、こなれ感アップ。ウエスト部分にベルトを通して、肩からかけずに下ろして着用するのもおすすめです。

「ナチュラル」をテーマに飽きのこないシンプルなファッションを楽しむ

イメージ写真

白系のシャツはどんなボトムスとも相性がいいですが、ナチュラルをテーマにするなら麻のスカートと組み合わせるのが清潔感もあっておすすめです。トップスに柄物を持ってくる場合には、薄手のジーンズと合わせたり、プリーツスカートと合わせることで今風になります。

どんな洋服を選んでも、汗じみや臭いを防げる「抜け道」はきっとあります

汗じみが最も気になるパーツが脇ですが、脇汗は体温調整の重要な役割を果たすパーツでもあるので、決して悪いことではありません。洋服の選び方やコーディネートによって気になる箇所をカバーできる抜け道は必ずあります。ポイントは、“肌の接触を極力少なくする”ことです。ぴったりとした洋服を楽しみたいときには、制汗剤や気になる部分に直に貼るシートなども市販されているので検討してみるのも一案です。

取材協力/スタイリスト・髙村純子さん

スタイリストを目指し石川県金沢市より上京後、多くのタレント専属として才能を発揮。2014年度ベストジーニスト賞を受賞したアメカジ・ジーパンスタイルでおなじみの“さまぁ~ず”の専属スタイリストを長年にわたり担当。また同年にファッションブランド「Old SUmmer(オールドサマー)」を設立。
Twitter (@hyoukochan
Instagram (@junkosan.stylist

※画像はイメージです。
※価格変動の可能性と、在庫には限りがございます。予めご了承ください。
※2021年5月現在の情報を掲載しています。商品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供店舗へお問い合わせください。

おすすめの記事 RECOMMEND

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。

 

「らしく。」は、暮らしに役立つ情報をお届けする、ライフスタイルメディアです。