インフルエンザの予防接種 いつ受けるのがおすすめ?

今回は、インフルエンザの予防接種を受けるのにおすすめの時期などをご紹介します。

予約開始時期、接種時期

予約開始時期は?

大人も含め9月ごろから受付を始める病院が多いです。
季節性インフルエンザは12月頃から流行する*ため、2回の接種が必要な乳児~13歳未満の場合、10月~11月には1回目の接種をする必要があるためです。

*2019年は9月頃から流行し始めました

受けるのにおすすめの時期は?

遅くても11月下旬~12月上旬には予防接種を受けておくのが望ましいです。
日本では季節性インフルエンザが流行るのは12月下旬~3月頃です。インフルエンザは予防接種後に抗体ができるまで、個人差はありますが通常約2週間程度かかります。その後、抗体の働きは約5カ月間ほど持続するといわれています。

インフルエンザが流行る前に、余裕を持って、予防接種を受けるようにしましょう。乳児~13歳未満の方は、1回の接種では抗体がつかない場合があるため、2回の接種が必要です。1回目の後、2~4週間をあけて、2回目の予防接種を受けることが出来ます。

いつまでに予防接種を受ければよいか?

予防接種を受けず、新年が明けてもインフルエンザにかかっていない場合は、1月中~2月中旬までに予防接種を受けることをおすすめします。季節性インフルエンザは、毎年3月下旬頃まで、感染する危険性があると考えられているためです。

なお、先述の通り、インフルエンザワクチン抗体の働きが持続するのは約5カ月間のため、残念ながら次の年の冬には、ワクチンを打った分の抗体はもう働きません。また、季節性インフルエンザは毎年変化するため、毎年ワクチンを受け予防する必要があります。また、摂取時期が遅いとワクチンが足りなくなることもありますので注意が必要です。

妊娠中のインフルエンザワクチン接種について

妊婦の方は予防接種を受けることをおすすめします

インフルエンザワクチンは、妊娠初期から後期までいつでも接種可能です。これは、不活化ワクチン(ウイルスや細菌の感染する能力を失わせたものが原材料)という、妊娠中に接種しても胎児には影響がないとされているワクチンです。

妊娠していると免疫機能が低下しているので、インフルエンザに感染すると重症化する危険が高くなり、高熱の影響で、流産や早産となるおそれがあります。
インフルエンザの予防接種を受け、妊娠初期から後期まで、胎児の流産や先天異常の発生リスクが上がったという報告は現在のところありません。
赤ちゃんを守るためにも、インフルエンザの流行する時期に妊娠している方は、ぜひインフルエンザの予防接種を受けましょう。

インフルエンザQ&A|厚生労働省

妊娠・基礎疾患等をお持ちの方々へ|厚生労働省

※2019年10月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING