顔も体もしっかりと対策を! 意外と強い初夏の紫外線に要注意

一年中対策は必要になる紫外線ですが、特に初夏は注意が必要です。急激に紫外線が増える上、寒さや乾燥が続いた冬が終わり、暖かくなる春先から初夏にかけては肌の状態も乱れがちに。正しいケアで紫外線によるダメージを防ぎましょう。

紫外線がシミ・シワ・くすみの原因に!

紫外線は1種類だけ、と思っていませんか? 実は紫外線には皮膚の表面(表皮)に届く「紫外線B波」と深く(真皮)まで届く「紫外線A波」の2種類があります。この時期に急増する「紫外線B波」はシミやそばかす、くすみなどの原因に。真皮まで届く「紫外線A波」は地上に届く紫外線の90%を占め、シワやたるみを引き起こす原因になります。1年中日焼け止めを塗っている人も、これからの時期は肌の状態を見ながらさまざまな角度から紫外線ケアを行うことが大切です。

冬をこえた肌へのスキンケアが紫外線対策の第一歩

冬の寒さや空気の乾燥、そして春先の三寒四温や花粉まで、さまざまな外的要因によって肌にはたくさんのストレスがかかり、肌荒れを起こしやすくなっています。ただでさえ弱っている肌に、強い紫外線を浴びると大きなダメージをうけることに。まずは肌の調子を整えることが紫外線ケアの第一歩。出来るだけ肌に刺激を与えないように洗顔を行い、化粧水はたっぷりと。水分を多く含んだ肌は肌荒れや外的ストレスにも強くなります。

また、気温が上がると汗をかいたり肌のベタつきを感じがちになることから、冬のスキンケアから軽めの春夏スキンケアに変える方も多いのでは? 油分がしっかりあるスキンケアを避けるのは良いですが、化粧水だけでスキンケアを終わらせるのはNG。乳液や軽めのクリームなども使い、水分を含んだ肌を乳液やクリームの油分で蓋をするイメージで保湿しましょう。

日焼け止めクリーム、顔に“だけ”塗っていませんか?

忙しい朝のルーティン。食事の支度や子どもの準備の手伝いに、掃除洗濯、そして自分の身支度とついバタバタしがちな朝。日焼け止めはざっと顔に塗るだけで終わらせていませんか? 塗らないよりは塗ったほうがマシですが、家の中にいるからといって油断は大敵です。日焼け止めは、日に当たる場所全てに塗るのが鉄則。首やデコルテまできちんと塗りましょう。また、意外と忘れてしまうのが、体の横から後ろの部分。首のうしろはもちろんのこと、耳や耳の裏まできちんと塗って、紫外線をブロックしましょう。髪の毛用の日焼け止めスプレーもひと吹きすればパーフェクト!特に外出の予定がない日でも、お化粧はさぼっても日焼け止めは忘れずに。

持ち物にも気を配って外出時もUVケアを

日焼け止めだけでなく、さらにアイテムを追加しましょう。外出時の紫外線ブロックとして定番な日傘は雨傘と共有できるものが便利ですよね。見落としがちなのが、目から入ってくる紫外線。シミを作る原因になるといわれているので、お出かけ時にサングラスを使用するようにしましょう。この時期、昼・夜や室内・屋外の温度差にも対応できるのがストール。大判のものなら首回りだけでなく腕までカバーできます。UVカット機能のあるストールがおすすめです。

「今日は忘れちゃった!」は紫外線には通用しないと心得て

日焼けや紫外線によるダメージは蓄積されていくもの。今日はうっかり忘れちゃったけれど、きっと大丈夫。そう思っていたら1日が1週間に、それが1シーズンに……となってしまうかもしれません。数年後にシミやしわ、たるみと驚きの出会いをしないためにも、紫外線量の増えるこの時期にケアを見直してみてください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND

ランキング RANKING