ひじやひざが露出される時期。黒ずみ、ザラつきケアは必須

Tシャツやミニ丈のボトムスなど、肌の露出が増えるシーズンの到来です。服に隠れて見えなかったひじやひざ、二の腕のケアは万全でしょうか。気になるパーツのケアを万全にするために、簡単にできるお手入れ方法や手作りスクラブなどをご紹介します!

服や下着による摩擦でひじやひざに黒ずみが発生

鏡で自分のひじを見てみたら、なんだかそこだけ色が黒くなっていてびっくりしたことはありませんか? 黒ずみができやすいひじ、ひざ、そしてヒップ下のラインや鼠蹊部は衣類による摩擦が多い部分。特にひじは机などにふれることも多いため摩擦によって皮膚が厚くなり、乾燥も進んでしまいます。日々のケアで黒ずみやくすみを薄くする努力をしていきましょう。

まずは全身を鏡でチェック!

下着や衣服による摩擦は体のあらゆる部位に起こるもの。入浴前など、服を着ない状態で全身をくまなくチェックしてみましょう。ひじやひざだけでなく、ブラジャーによる摩擦、自分では見ることの少ないヒップ下なども明るい場所で確認を。入浴前など、体が乾いた状態で全身をさわると、肌がザラついている場所も分かるはず。くすみやザラつきは肌が乾燥しているサインです。

乾燥対策&美白ケアで黒ずみを除去しよう

摩擦で黒ずみが出ている部分はメラニンが活発になっている可能性も大。放っておくとさらに黒ずみが進んでしまいます。さらにこれからは紫外線が強くなり、直接陽にあたる可能性も。今のうちにしっかりと保湿することが大切。美白系のボディローションやクリームを使うのがおすすめです。

肌のザラつきは角質除去としっかり保湿がマスト

象のようにカチカチになったかかと……とまではいかなくても、意外な部位がザラついている可能性は大。クリームを塗るタイミングではそのザラつきが分からないことも多いので乾いた肌でチェックを。ザラつきの解消には、角質除去がマストなので週に1〜2回程度スクラブをし、その後はたっぷりと保湿をしましょう。体も顔と同様に化粧水、クリームというしっかり保湿がおすすめです。

体の後ろのザラつきは洗い流し不足が原因かも!?

二の腕やお尻などのザラつきが気になる場合は、角質だけでなくボディソープなどが綺麗に落とし切れていないことが原因かもしれません。意識してシャワーを長めに当てるなどし、しっかりとすすぎきること。シャンプーの後も髪だけでなく体までしっかり流すようにしてみましょう。

砂糖とオイルやはちみつで簡単にスクラブを手作り

保湿しながら角質除去をするなら、塩よりも砂糖を使ったシュガースクラブがおすすめです。砂糖は塩よりも粒子が細かいため、肌への負担も少なくてすみます。家にあるはちみつ(安いものでOK)やココナッツオイルなどと砂糖を混ぜて好みの固さにしたら、濡れた体に優しくスクラブしましょう。黒ずみやザラつきが気になる場所は入念に。角質除去効果を高めたい場合は砂糖を多め、保湿効果を高めたい場合はオイルやはちみつを多めの分量にして作ってください。

黒ずみとザラつきを綺麗にするだけでほっそり見える効果も

ひじやひざの黒ずみは腕や脚が分断されて見えてしまいますが、黒ずみがなくなるだけで、腕や脚がすっきりと長く見えるという視覚効果があります。また、ザラつきをなくすことで肌には光が均一に当たり、滑らかで美しく見せることができます。早めのケアで綺麗な体を作りましょう。

※画像はイメージです。
※2020年8月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND