トレンドカラーを取り入れたサマーメイクに挑戦

日差しが強くなってきたら、メイクも夏仕様にチェンジ。メイクに取り入れたい今年のカラーはずばり“オレンジ”! 大人の女性に似合うトレンドカラーメイクのコツを恵比寿で美容室「MINT」を営むミサキさんとリナさんに伺いました。

トレンドカラーを取り入れるために気を付けることって?

トレンドカラーのオレンジ系をアイメイクやリップメイクに取り入れるには、全体がぼんやりとしないよう、顔にメリハリをつくることが大切です。ハイライトやチークをしっかり入れて艶っぽく血色感のあるベースをつくりましょう。ハイライトを入れるタイミングはベースメイクの途中。ファンデーションを塗った後、パウダー前に仕込むのがおすすめ。また、オレンジ系のメイクのチークは同系色でワントーンに、目元が濃い場合はベージュのチークを頬骨に沿って入れてみましょう。

アイシャドウは赤みのあるタイプが取り入れやすい

今年のトレンドカラーはマリーゴールドのように黄色を帯びたオレンジを中心に、テラコッタなどの赤茶系です。アイシャドウで取り入れるなら、王道のブラウンと相性が良い赤み系やパキッとしたオレンジがおすすめです。ベタっと塗ると古いメイクになってしまうので、薄めのベージュやゴールドを重ね塗りするなどグラデーションで軽やかな質感を重視しましょう。目元にカラーメイクを取り入れたら、アイライナーはない方が今っぽく仕上がります。薄めのカラーメイクに自然なラインを入れるなら、極細ライナーをチョイス。明るめの茶色のアイライナーが一押しです。

カラーマスカラ使いで今年っぽさがアップ

目元を印象的にするマスカラですが、今年は黒やブラウンよりもカラーマスカラにトライしてみましょう。オレンジやテラコッタを使うことで、抜け感のあるおしゃれ顔に仕上げることができます。長さや太さを強調するほど重ね付けをするのではなく、毛の流れを整える程度に軽く付けるのがポイントです。

グロッシーな質感のみずみずしいオレンジリップでトレンド感をプラス

使うだけでおしゃれに見えるトレンドカラー。リップメイクはアイメイクよりも取り入れやすいのでチャレンジしてみましょう。おすすめの色はグロッシーな質感のみずみずしいオレンジで、顔をパッと明るく見せることができます。透明感を出すならブラウン系レッドも◎。ブラウン系レッドを使う場合は口元に目線がいくのでアイメイクやチークは控えめにしてバランスを取ってください。
 
取材協力:MINT Hair Salon / Make-up

グリーンがあふれる「MINT」、モロッコをイメージした「MINT+」の2つのスペースを持つ美容室。ゲスト1人ひとりに合わせたスタイルを提案し、魅力を引き出してくれます。オンラインレッスンやYouTubeチャンネルなどでメイクやホームケアなどの情報も発信中。

YouTubeチャンネル(東野見咲

※お店紹介の画像はイメージです。
※2020年8月現在の情報を掲載しています。製品・サービス内容についての詳細は、各販売・提供会社へお問い合わせください。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND