熱中症にならないために! この夏、気をつけるポイント

小さな子どもから大人まで、夏に気をつけたいのが熱中症です。特にマスクをしていると、のどの渇きに気付きづらいことがあります。重篤化してしまうこともある熱中症を防ぐために気をつけるべきポイントを紹介します。

熱中症はどんな時に起こるの?

人間の体は気温が上がった時、汗などで体温を外へ逃がすようになっています。体温調節を自然に行う人間の体ですが、「環境」「体調」「行動」によって体温調節バランスが崩れると、どんどん体に熱が溜まり熱中症になってしまうのです。この3つの要因には、以下のようなものがあります。

熱中症を起こしやすい「環境」

・気温が高い
・湿度が高い
・日差しが強い
・風が弱い
・締め切った屋内
・エアコンのない部屋

買い物に行ったり、洗濯物を干したり、キッチンにいたりする時など、日常的な行いにも注意が必要です。日差しだけでなく、地面から反射する熱にも気をつける必要があり、小さい子どもは大人よりも熱を感じている可能性もあります。

熱中症を起こしやすい「体調」

・脱水症状
・糖尿病や精神疾患などの持病
・二日酔い
・寝不足
・低栄養状態

普段よりも少し体調不良を感じていると、熱中症になりやすくなってしまいますので、体調管理は万全に行ってください。また、高齢者や乳幼児、肥満の方も熱中症のリスクが高くなると言われているので、注意が必要です。

熱中症を起こしやすい「行動」

・激しい運動
・慣れない運度
・長時間の屋外作業
・水分補給を行わない、できない状況

室内でも熱中症にかかる可能性はありますが、屋外の方がリスクは高まります。運動を日常にしている場合でも、温度や湿度が高い日はいつもよりも軽めの運動にすることをおすすめします。また、運動や作業の際は、いつも以上に水分をこまめに摂取することを心がけましょう。

熱中症対策にぴったりの“環境づくり”とは?

1.コットンやリネンのゆったりした洋服を選ぼう

夏の間はコットンやリネンなど、吸水性がよく乾きやすい洋服を選ぶようにしましょう。首元や腕まわりもゆったりと開いている洋服なら、熱を効率よく逃すことができます。日差しを避けるために日傘や帽子も活用するのも◎。暑さよりも楽しさを優先しがちな子どもと外で遊ぶ場合は保冷剤などを持ち歩き、脇や首を冷やして体温を下げてあげることも重要です。

2.我慢は厳禁。室内熱中症を防ぐためにもエアコンを活用

暑い時期や湿度の高い時はクーラーで室温調節をしてください。27〜28度程度に設定すれば、冷えを感じすぎることも少ないはずです。日中は遮熱カーテンを閉めるなどして室内の温度を上がりすぎないようにするほか、扇風機を使って空気を流すことで効率よく室内の温度を均一にできます。

3.羽織ものやストールで体温調節を

外出先や電車などでの急な温度変化に対応するために、薄手のカーディガンやストールを常備しておくのもおすすめです。特に首元は太い血管があるため、体温調節には大切な場所。寒いと感じたらストールを巻いたり、暑い時は首元を開けるなどして適宜調節しましょう。

熱中症対策に大切な体調&行動管理

1.とにかくこまめに水分補給を行う

のどの渇きを感じる前に水分をたくさん摂っても、一度に体が吸収できる量は限られています。日中はこまめに、少しずつ水分補給することが大切です。子どもは特にのどが乾いてから水分を欲しがりがち。10〜15分ごとに、ひと口からふた口分の水分を与えるようにしてください。睡眠中の熱中症を防ぐためにも枕元に水差しを用意して、目覚めた時にすぐ飲めるようにしておきましょう。

2.寝不足や二日酔いの時には無理をしない

睡眠不足や二日酔いの状態だと、体調を崩しやすくなります。睡眠不足による自律神経の乱れは体温調節機能の低下につながりますし、二日酔いは脱水症状を起こしやすくなることもあるので、極力のんびり過ごすのがおすすめです。

3.状況に合わせて飲む種類や温度を選ぶ

暑い時には氷がたっぷり入った冷たい飲み物に惹かれますが、普段から冷たい飲み物ばかりを飲んでいると胃腸の冷えによる夏バテなどの体調不良を起こしやすくなります。汗をかいたあとや帰宅直後など、熱がこもっている時以外は常温の飲み物にすることを心がけてください。

また、アルコールやカフェイン入りの飲み物は利尿作用があるので、水分が失われないように気をつけましょう。水分補給に欠かせないスポーツドリンクは糖分過多になりがちのため、薄めて飲むのがおすすめです。

こんな症状を感じたら熱中症の危険大

めまいや立ちくらみのほか、急に大量の汗をかき出したら、すでに熱中症になっている可能性があります。さらに症状が悪化すると頭痛や吐き気、倦怠感を感じ、自力で水分を摂ることが難しくなることもあるので要注意。普段より汗をかいたり、少しふらふらするなどの症状を感じたら、「日陰やクーラーの効いた場所で休む」、「首や脇を冷やす」、「冷たいスポーツドリンクや水分と塩分のあるものを摂取する」などの、素早い対応が大切です。症状が改善しない場合はすぐに医療機関を受診するようにしてください。

誰にでも起こる可能性があることを忘れずに

環境や体調によって、大人でも子どもでも熱中症にかかる可能性は誰にでもあるものです。外出するときは風通しの良い服を選び、水分を持参。家の中でも油断せずに常に注意を心がけましょう。また、マスクをしていると、マスク内の湿度によってのどの渇きが感じづらくなりますので、意識して水分を摂るようにしてください。


※画像はイメージです。
※2020年8月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND