秋枯れ肌に要注意! 夏の疲れを吹き飛ばす3つのスキンケア

夏が終わり秋がやってくると、徐々に空気が乾燥し始め、肌の調子が不安定になりやすい時期に。夏に比べて紫外線量は減りつつあるものの、夏の間の紫外線ダメージは肌に蓄積している可能性があります。夏に受けた紫外線ダメージをクリアにして、乾燥に負けない肌を作るためのスキンケアテクニックを学びましょう。

まずは肌に触れて状態をチェックしよう

秋枯れ肌といわれてもピンとこないかもしれませんが、肌を見て触るとそのサインが出ています。
以下の3つを感じたら要注意!

【秋枯れ肌のサイン1】肌の乾燥

肌表面だけでなく、紫外線ダメージやエアコンによる乾燥が原因で、肌の内部までダメージが広がってしまうのも秋枯れ肌の特徴です。この乾燥がさまざまなトラブルを引き起こします。

【秋枯れ肌のサイン2】くすみ&ゴワつき

肌の乾燥や日焼けなどにより、肌がくすんでいる状態も秋枯れ肌の証拠。また、乾燥が進むと肌のターンオーバーも上手くいかず、余分な角質がたまりやすくなり、肌は“ザラザラ”、“ゴワゴワ”といった質感に。

【秋枯れ肌のサイン3】化粧ノリが悪い

肌のハリや弾力がなくなると化粧ノリが悪くなります。実は、このハリや弾力不足もサインのうちのひとつです。放っておくとシワやたるみなど肌へのダメージも大きくなるので、早めのケアが大切です。

【対策1】乾燥には少しずつ“アイテムチェンジ”で

湿気や汗・皮脂などでベタつきがちな夏の肌用として使用していた、さっぱりタイプのスキンケアをそのまま使い続けると、肌の乾燥を進めてしまいます。ただし、一気に冬用のしっとりタイプに切り替えてしまうと、油っぽさを感じ過ぎてしまうこともあるので、まずは化粧水だけを保湿効果の高いしっとりタイプに変えてみましょう。

また、化粧水のほかにも、夜のケアに保湿クリームを足していくなど、気候や肌の調子に合わせて、スキンケアアイテムを少しずつ変えていくのがおすすめです。

【対策2】くすみ&ゴワつきは“洗顔”で角質を優しくオフ

肌のくすみやゴワつきの原因は、過剰な角質ケアやエアコンによる乾燥などによるもの。硬くゴワついた肌表面に過剰な角質ケアを行うと、かえって肌は乾燥してしまいます。適度に余分な角質を取り除くことができるフェイススクラブを使って、週1〜2回のケアでゆっくりと肌を柔らかくし、正常なターンオーバーを取り戻しましょう。洗顔後はしっかりと水分保湿することも大切です。

【対策3】化粧ノリは“体の内側からのケア”で肌のハリを復活させよう

ファンデーションやアイシャドウのノリが悪いのは、肌のハリが低下しているから。乾燥によって適切な肌の水分量を保持できないことや、肌の奥まで届いた紫外線が、肌のハリや弾力に必要なコラーゲンなどを破壊してしまうためです。十分な保湿はもちろんのこと、体の中から肌ケアを行うのもおすすめです。鶏皮や手羽先、牛スジなどは、コラーゲンをたっぷりと摂取できる食品です。しかし、カロリーは高めなので一度にたくさん食べるのはなく、少しずついただくようにしましょう。

肌のハリや弾力を高めるには、コラーゲン以外に、抗酸化力の高いビタミンAやビタミンC、ビタミンEを含む食材を積極的に摂取することが重要です。「ビタミンA」摂取にはにんじんやほうれん草などの緑黄色野菜から、「ビタミンC」はパプリカやかぼちゃ、「ビタミンE」はナッツ類がおすすめです。

たっぷり保湿と適正なケアで枯れた肌を戻そう

乾燥が進むこれからの季節に向けて、秋枯れ肌のケアはお早目に。乾燥やくすみ、化粧ノリなどは変化が見えやすいので、スキンケアや食生活による内外からのケアを毎日丁寧に行うことで、日々の効果が実感できるはずです。できることから実践して、ツヤとハリのある若々しい肌を取り戻しましょう。

※画像はイメージです。
※2020年10月現在の情報を掲載しています。

関連記事 RELATED

おすすめの記事 RECOMMEND